企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

5割以上の人事部門は経営戦略の意思決定に関与できていない

経営戦略の意思決定に関与している人事部門は45.9%
業績の良し悪しが関与に影響を与える

人事部門が経営戦略の意思決定に関与しているかどうかを聞いたところ、「当てはまる」(11.1%)、「どちらかというと当てはまる」(34.8%)は合わせて45.9%。一方、「当てはまらない」(23.9%)、「どちらかというと当てはまらない」(28.2%)は合わせて52.1%となっている。経営戦略の意思決定について、人事部門の関与は必ずしも十分ではないことがわかる。

■人事部門が経営戦略の意思決定に関与している(全体)

人事部門が経営戦略の意思決定に関与している(全体)

業績別に見ると、市況よりも良い企業では「当てはまる」(12.5%)、「どちらかというと当てはまる」(35.9%)が合わせて48.4%を占めている。一方、市況よりも悪い企業は35.2%にとどまっており、業績の良し悪しが人事部門による経営戦略への意思決定の関与に影響を与えている様子がうかがえる。

■人事部門が経営戦略の意思決定に関与している(業績別)

人事部門が経営戦略の意思決定に関与している(業績別)

経営戦略を実現するために必要な人材を、人事部門が採用、配置、育成できていない企業は7割弱

経営戦略を実現するために必要な人材を、人事部門が採用、配置、育成できているかどうかを聞きいたところ、「当てはまる」は5.2%と少なく、「どちらかというと当てはまる」(27.0%)を合わせても32.2%にとどまった。一方、「当てはまらない」(29.9%)、「どちらかというと当てはまらない」(36.3%)は合わせて66.2%と、約3社に2社を占めている。人事部門にとって、経営戦略を実現するために必要な人材を処遇・育成することは重要な課題だが、対応できているとは言えない結果となっている。

■経営戦略を実現するために必要な人材を、人事部門が採用、配置、育成できている(全体)

経営戦略を実現するために必要な人材を、人事部門が採用、配置、育成できている(全体)

業績別に見ると、市況よりも良い企業では「当てはまる」(9.4%)、「どちらかというと当てはまる」(32.8%)が合わせて42.2%であるのに対し、市況よりも悪い企業ではその割合は21.6%で、約半分となっている。一方、市況よりも悪い企業では「当てはまらない」(44.6%)、「どちらかというと当てはまらない」(32.4%)が合わせて77.0%と、8割近くに及んでいる。業績の良し悪しが、経営戦略実現に向けての人材活用に影響を与えていることがわかる。

■経営戦略を実現するために必要な人材を、人事部門が採用、配置、育成できている(業績別)

経営戦略を実現するために必要な人材を、人事部門が採用、配置、育成できている(業績別)
【調査概要】
実施時期2019年3月19日~4月9日
調査対象『日本の人事部』正会員
調査方法Webサイト『日本の人事部』にて回答受付
回答数5,022社、5,273人(のべ)
質問数146問
質問項目1.戦略人事/2.採用/3.育成/4.評価・賃金/5.ダイバーシティ/6.働き方/7.HRテクノロジー/8.組織活性化

出典:『日本の人事部 人事白書2019』

「日本の人事部 人事白書」

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事白書 調査レポートのバックナンバー

内定辞退者数は「変わらない」が過半数
フォローに前向きな企業が7割
新卒採用における直近3年での内定辞退者数の増減ぶりを聞いたところ、「変わらない」(52.4%)が過半数を超えました。企業はどのようなフォローをしているのか調査し...
2020/10/13掲載
いま注目される「健康経営」。実践している企業は3割にとどまる
『日本の人事部 人事白書2020』から、「新しい人事課題」の調査結果の一部をご紹介します。
2020/09/29掲載
HRテクノロジー導入は人事部門主導が50%
人材の育成・配置には課題も
HRテクノロジー導入企業に導入背景を聞いたところ、最も多かったのが「人事部門が主導で進めた」が50.0%でした。ただし、人材の育成・配置までの対応に至っていない...
2020/09/15掲載

関連する記事

経営戦略実現に貢献する人事ができているのは、わずか4社に1社
『日本の人事部 人事白書2020』から、戦略人事の調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第3回】
あなたのキャリアを、なぜ戦略的に考えないの?
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2020/01/30掲載編集部注目レポート
エイベックス株式会社:
ベンチャーに負けない、スピードとイノベーションを。
創業30年、エイベックスが目指す構造改革とは?
今年で創業30年を迎えるエイベックスは、「第三創業期」として、大きな改革に乗り出しています。ベンチャーに負けないスピードとイノベーションを目指し、さまざまな改革...
2018/08/30掲載となりの人事部
武田薬品工業株式会社:
人事はビジネスに貢献する戦略的パートナー
タケダのHR改革に学ぶグローバルマインドセットとは(後編)
武田薬品工業では現在、社内取締役の4割、経営会議メンバーの7割に外国人を登用しています。彼らが経営トップや各部門のヘッドに就き、組織のマジョリティーを占めるよう...
2017/04/24掲載となりの人事部

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。