無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

HRペディア 掲載日:2021/07/15

【ヨミ】コーポレートガバナンス コード コーポレートガバナンス・コード

「コーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)」とは、企業が株主をはじめ、顧客や従業員、地域社会などさまざまなステークホルダーとの望ましい関係性や、企業を監視する取締役会などの組織のあるべき姿について記述した文章のこと。透明性があり、公正かつ迅速な意思決定を行うための仕組みとして機能しています。日本企業のガバナンスの底上げを目的に、2015年に金融庁と東京証券取引所が共同で策定し、2021年6月に改訂されました。

コーポレートガバナンス・コードのケーススタディ

2022年の市場区分見直しに向け
さらなるガバナンス強化のためコード改訂

コーポレートガバナンス・コードが策定された背景には、2014年に安倍内閣が閣議決定した『日本再興戦略 改訂2014』の主要施策の一つとして、コーポレートガバナンスの強化が示されたことがあります。それを受けて、日本企業がグローバル競争に打ち勝てるよう、金融庁と東証とが共同でガイドラインの原案をまとめました。

コーポレートガバナンス・コードには、法的な強制力や罰則はありませんが、イギリスが採用している「従うか、説明せよ(comply or explain)」という原則に基づいています。従わない場合には理由を説明する責任が発生する、という考え方です。

2021年6月には、金融庁と東証はコーポレートガバナンス・コードの一部改正を行いました。改訂の主なポイントは次のとおりです。

1. 取締役会の機能発揮
・プライム市場(2022年に新設される上場基準が最も厳しい市場)の上場企業は、独立社外取締役を3分の1以上選任すること
・経営戦略に照らして取締役会が備えるべきスキル(知識・経験・能力)と、各取締役のスキルとの対応関係の公表 など

2. 企業の中核人材における多様性(ダイバーシティ)の確保
・管理職における多様性の確保(女性・外国人・中途採用者の登用)に関する測定可能な目標を設定すること など

3. サステナビリティを巡る課題への取組み
・プライム市場上場企業は、サステナビリティについて基本的な方針を策定し、自社の取り組みを開示すること など

東京証券取引所は、2022年4月4日に市場区分をプライム市場、スタンダード市場、グロース市場の三つに見直します。今回のコーポレートガバナンス・コードの改訂は、とくにプライム市場の上場企業に対して一層高いガバナンスを目指すことを促す内容となっていますが、他の先進国と比べて見劣りしていた多様性やサステナビリティへの取り組みも追記された形となっています。企業には、コンプライアンスを遵守する「守りのガバナンス」のみならず、企業の持続的成長を意識した「攻めのガバナンス」が一層求められています。

・参考
改訂コーポレートガバナンス・コードの公表(日本取引所グループ)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「コーポレートガバナンス・コード」に関する記事

「コーポレートガバナンス・コード」に関する人事のQ&A

「コーポレートガバナンス・コード」に関する書式・テンプレート