企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

Report

女性活躍推進の重要性が叫ばれる現在も、
変わらず求められるのは「トップやマネジメント層の理解」と
「女性社員の意識改革」
~「女性管理職3割以上」時代に向けて実態を調査~
2014/10/1

『日本の人事部』では、全国のビジネスパーソン(経営者、管理職、人事担当者など)に対して「女性管理職」に関するWEBアンケートを実施し、その結果をまとめました。(調査期間:2014年7月28日~8月4日、回答社数:217社)
昨今、女性管理職の登用を推進する企業が増えています。企業の現状はどうなっているのかを知るために、「女性管理職に期待していること」「活躍している女性管理職のタイプ」「女性管理職を増やすための取組み」の三項目について聞きました。

「次世代の管理職のロールモデル」として期待される、女性管理職。
女性ならではの視点・感性を活かした商品開発や組織変革にも期待

「女性管理職に期待していること」という質問に対する回答で最も多かったのは、「次世代の管理職のロールモデルとして、従業員の仕事への意欲の向上」(45.5%)。あとに続く女性社員の「ロールモデル」として、意欲を与える存在であることが期待されているとわかりました。続いて、「経営や組織の“あり方”の変革」(25.8%)、「多様な視点・感性を活かした商品やサービスの開発」(22.7%)も、多くの投票を集めました。これからの時代、企業が成長・変革していくには多様性が重要だと言われますが、女性ならではの価値観や能力は企業が成長していく上でプラスになると、多くの方々が期待していることがわかりました。

■図表1 女性管理職に期待すること
図表1 女性管理職に期待すること

実際に活躍している女性管理職の半数は「プレイングマネジャー型」

「活躍している女性管理職のタイプ」について聞いたところ、5割の方が「プレイングマネジャー型」と回答。管理職は男女関係なく、プレーヤー業務に従事しなければならないという現状を再確認する結果となりました。

■図表2 活躍する女性管理職のタイプ
図表2 活躍する女性管理職のタイプ
■図表3 ミドルマネージャーの実態(人事白書2014より)
図表3 ミドルマネージャーの実態(人事白書2014より)

※『人事白書 2014』 http://jinjibu.jp/research/

女性管理職の登用を促進するには、トップやマネジメント層の理解と女性社員の意識改革が重要

「女性管理職を増やすための取組み」について聞いたところ、「管理監督者・マネジメント層の理解」(25.6%)、「経営層によるコミットメント」(18.6%)、「女性社員の意識改革」(17.4%)、「仕事と生活の調和(ワークライフバランス)・両立支援」(17.4%)という結果になりました。トップやマネジメント層がその重要性を社内に向けて発信することや、女性社員自身の意識変革が上位を占めたことで、いまだに「女性管理職」を登用することの重要性について理解が進んでいないことがわかります。一方で「管理職候補の育成にはたいへん時間がかかるもの。短時間で女性管理職をつくろうとすることに疑問を感じる」など、現在の急速に「女性管理職」を増やしていこうとする風潮に、疑問を呈する声も聞かれました。

■図表4 女性管理職登用を促進させるために取り組むこと
図表4 女性管理職登用を促進させるために取り組むこと

アンケートの回答結果はこちら→  http://jinjibu.jp/special/enq.php?fid=NJ-2014a

【調査概要】
調査対象  :全国のビジネスパーソン(経営者、管理職、人事担当者 など)
調査期間  :2014年7月28日~8月4日
調査方法  :WEBアンケートによる回収
有効回答社数:のべ217社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

編集部注目レポートのバックナンバー

酒場学習論【第4回】八戸の洋酒喫茶「プリンス」とエンゲージメント、リファラル採用
いかにも入りにくい外見の酒場に意を決して入り、そこが本当に“酔い”酒場だったとき、酒呑みとして最高の幸福感に包まれます。この店もそうでした。初めて訪れた街、八戸...
2020/01/22掲載
職場のモヤモヤ解決図鑑
【第1回】「1on1」をやってね、と言われたけど、話すことが見つからない…
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/01/08掲載
タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第2回】
そもそも「キャリア自律」は、必要なのでしょうか?
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2019/12/27掲載

関連する記事

勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

電車が遅延?間に合わない時はWeb会議で 残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...