企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ダブルケア ダブルケア

「ダブルケア」とは、子育てと親などの介護や世話を同時に行う必要がある状況を指す言葉で、深刻な社会問題に発展する可能性があると言われています。晩婚化・晩産化の影響で、結婚後、比較的早くから親の介護に携わり、それが子育てに忙しい時期と重なって、「ダブルケア」問題に直面する人が増えています。とくに共働きの世帯では、ワーキングマザーに過大な負担がかかりやすく、女性活躍推進の観点からも、職場や地域での支援が急務となっています。
(2016/1/12掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダブルケアのケーススタディ

子育てと介護の同時負担、働く女性にズシリ
晩婚化の影響で母親のおよそ4割が当事者に

日本の女性が初めて子どもを産む年齢(第一子出産年齢)は、加速的に“高齢化”しています。厚生労働省の人口動態統計によると、上昇の一途をたどる第一子出産年齢の全国平均は2011年から30歳代に入り、13年に30.4歳に達しました。1975年の25.7歳から比べると、この40年間で約5歳上昇しています。しかも80年代までは、第一子出産年齢が1歳上昇するのに10年以上かかっていましたが、最近は上昇の進行が速まり、ここ10年をみると、実に5年に1歳のペースで上がっています。

かつては多くの女性が20代半ばで第一子を出産。親や義理の親の介護が必要になる頃には、子育ては一段落していました。ところが晩婚化が進み、最初の子どもを産む年齢が遅くなっている分、子育てに手のかかる時期に親の介護が重なる「ダブルケア」の状況が起こりやすくなっているのです。

家族構造の変化やライフサイクルの問題に詳しく、「ダブルケア」という言葉の考案者でもある横浜国立大学の相馬直子准教授と英・ブリストル大学の山下順子講師が、全国の母親約1900名を対象に調査を行ったところ、「今後ダブルケアを抱える可能性がある」と答えた人まで含めると、6歳以下の子どもをもつ母親のおよそ4割が当事者になると見込まれており、その平均年齢は41歳でした。

晩婚化・晩産化・高齢化に加え、夫婦の兄弟の数は減少し続け、親戚のネットワークも希薄になっています。そうした家族構造の変化の中で、ダブルケアの負担を抱える世帯はますます増加していくと予想されていますが、現状では共働き夫婦であっても、その負担は依然として女性に偏りがちでしょう。日本では2000年代以降、介護保険制度、育児支援制度ともそれぞれの支援領域で拡充されてはきたものの、介護・子育ての縦割り行政のはざまで、ダブルケアに悩む人々、とりわけ女性たちが孤立や困難に陥っていると、相馬准教授らは指摘しています。育児と介護の悩みを同時に相談できる場や情報、支援制度などが少ないことから、精神的、体力的、経済的に追いつめられていく人も出てきているのです。

こうした問題点の指摘は、企業における女性活躍推進のあり方にも大きな示唆を与えてくれるのではないでしょうか。育児だけ、介護だけにとどまらない、包括的な視点からの両立支援の取り組みや制度設計が求められます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ワーキングケアラー
「ワーキングケアラー」とは、働きながら家族や親族などの介護を行っている勤労者を指す言葉です。総務省が2013年に公表した最新の「就業構造基本調査」によると、全国のワーキングケアラーの数は、介護をしている人全体(約560万人)の過半数に相当する約290万人に上ります。うち男性が130万人、女性が160...
マザーズハローワーク
子育てしながら求職する女性に対し、再就職支援を行うハローワークです。2006年4月1日から、全国12都市(札幌・仙台・千葉・東京・横浜・名古屋・京都・広島・福岡・小倉・神戸・大阪)でオープンしました。
介護離職
家族などの介護を理由に、働き盛りの社員が会社を辞めることを「介護離職」と言います。団塊世代の高齢化などで親の介護に直面する子世代のビジネスパーソンが急増する中、介護離職を企業の深刻な経営リスクと捉え、支援制度の整備や職場環境の改善に乗り出す動きが広がっています。 (2012/1/16掲載)

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第97回 仕事と介護の「両立支援」を考える 手遅れになる前に、企業はどんな対策を講じておくべきなのか(前編)
企業の中核を担う40代、50代を中心に、介護を理由とした離職が増えている。介護は「いつ始まり、いつまで続くのか」が分からない。手遅れになる前に、企業としての基本方針を示し、何らかの対策を講じておくことが、組織経営(人事マネジメント)の観点からも極めて重要だ。「...
2016/09/01掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第98回 仕事と介護の「両立支援」を考える 手遅れになる前に、企業はどんな対策を講じておくべきなのか(後編)
高齢化社会が到来する中、多くの企業では仕事と介護の両立が大きな課題として顕在化してきている。介護への対応は、運用の仕方や、従業員の意識啓発など、ハード面とソフト面の両方が必要となる。「後編」では、独自の工夫を凝らしている先進企業2社の事例を紹介する。
2016/09/08掲載人事マネジメント解体新書
丸紅株式会社 仕事と介護の両立にマネジメントスキルを活かす 総合商社ならではの“先進的”介護支援とは
ワーク・ライフバランス推進の一環として介護支援に取り組む丸紅株式会社では、子育てに比べて表面化しにくい介護の問題を組織内で共有。介護が必要になる以前から社員に広く内外の支援策を伝え、両立に向けた啓発や個別相談に取り組んでいます。先進的施策を推進されている、同社...
2013/08/09掲載となりの人事部

関連するQ&A

介護休職で介護保険給付金を請求する場合
親の介護で休職する際 介護保険給付金が請求できると思いますが、介護認定でのしばりはありますか
介護短時間勤務制度について
いつもお世話になっております。 平成29年1月1日からの育児介護休業法の改正で介護短時間勤務が義務付けられていますが、育児短時間勤務と同様に1日あたりの勤務時間を6時間とする制度が必要なのでしょうか。
育児・介護休業について
いつも利用させていただいております。 さて、育児・介護休業の対象者および非対象者を教えていただきたく思います。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事制度 ]
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web LINE採用コネクト

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HRカンファレンス2016秋で大好評だった、『HR Techで人事が変...