無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】チームビルディング チームビルディング

同じ一つのゴールを目指し、複数のメンバーが個々の能力を最大限に発揮しつつ一丸となって進んでいく――そうした効果的な組織づくりや、チームをまとめる手法を「チームビルディング」といいます。コーチングやファシリテーションなどとともに、リーダーに求められるマネジメント能力の一つとして注目を集めています。
(2009/5/25掲載)

チームビルディングのケーススタディ

人の集まりを「チーム」に変えるのがリーダーの役割
ゴールを示して思いを一つに

ただ人が集まっているだけではグループ、あるいは単なる集団であり、「チーム」とはいえません。またメンバー一人ひとりは優秀な人材でも、組織としてのまとまりに欠けると、個々のポテンシャルは存分に発揮されません。

個人も組織も結果を出すことが求められる時代に、組織をどうまとめていくか。規模の大小にかかわらず、あらゆる職場で、チームを率いるリーダーが直面している問題でしょう。

チームと、単なる集団やグループとの最大の違い――それは「目標」や「ビジョン」の有無です。参加したメンバー全員の間で、ある共通のゴールが設定され、それを達成しようという思いが共有されたとき、その集まりははじめてチームとなります。結束し、機能し、組織力を発揮し始めるのです。したがってメンバー全員にはっきりとゴールを示し、モチベーションが高まるようサポートすることこそがリーダーの役割、チームビルディングの要諦だといえるでしょう。

新しくメンバーを集めてプロジェクトを立ち上げる場合、チームビルディングのプロセスには、「タックマンモデル」と呼ばれる次のような4つの発展段階があります。

第1段階お互いのことをよく知らず、不安と緊張の関係にある第2段階お互いに自由に意見を言い合い、情報を共有できるようになる。そのために意見の衝突やぎくしゃくした関係も生まれる第3段階お互いの考え方の違いも認め合い、関係が安定してくるが、個々のモチベーションは下がる第4段階メンバーが思いを一つにして、共通のゴールに向かって進んでいけるようになる

チームビルディングの研修プログラムを開発提供しているチームビルディングジャパン代表取締役の河村甚氏によると、日本企業の組織づくりには上記の第2段階を避けて通り過ぎ、無理やり第3段階に進もうとするパターンが目立つといいます。表面上は仲良く、お互いの考えを何となく理解したうえで業務を進めているから、仕事はこなせるけれど、たいした結果は出ていない……そういうチームにこそ、メンバーにゴールへの思いを共有させるリーダーの役割が欠かせないと、指摘しています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード