企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】リチーミング リチーミング

「リチーミング」(reteaming)とは、1990年代前半にフィンランドの精神科医ベン・ファーマン氏と社会心理学者タパニ・アホラ氏によって考案された問題解決およびチーム再構築のためのプログラムのこと。問題の原因や責任の追及にばかり傾く問題志向から、前向きな解決志向へ組織の意識改革を進めることにより、人材の再活性化やチームワークの強化を促します。当初は問題を抱える子どもたちを対象にした「キッズスキル」として開発が進められましたが、次第に大人にも有効であることがわかり、現在ではヨーロッパを中心に世界19ヵ国(2012年1月現在)で企業研修などに活用されています。
(2010/12/20掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リチーミングのケーススタディ

フィンランド経済を救った企業再生プログラム
問題志向から解決志向へ、組織の意識を変える

リチーミングが生まれた90年代前半のフィンランドといえば、失業率が2ケタという大不況のさなか。それが90年代後半から急速に好転し、2001年には世界経済フォーラムの国際競争力ランキングで1位と評価されるまでに躍進しました。その劇的な経済復興を支えたのが当時、通信機器メーカーのノキアやフィンランド航空など有力企業がこぞって人材再活性化のために採用した「リチーミング」です。同国企業では、リチーミングのことを知らない人材開発担当者はいないとまでいわれています。

開発者のファーマン医師はその著書で、リチーミングとは「よりよい方向に変わりたいと願うグループとそのメンバーが、12のステップに基づいてゴールをセッティングし、そのゴールを達成するためのモチベーションをアップさせながら協力体制を構築していく方法」と述べています。プログラムの根幹をなす12のステップは、以下の通りです。

  1. 理想像を描く
  2. ゴールを決める(理想像に近づくために具体的なゴールを設定)
  3. サポーターを得る
  4. ゴール達成のメリットを探る
  5. すでにできていることを見つける(ゴール達成のためにすでに努力していること)
  6. 今後どんな成長が見られるかを想像する
  7. 想定される困難な部分を見つけ事前に心の準備をする
  8. 自信をつける
  9. 第一歩としてやることを周囲に公言する
  10. 成長の記録をつける
  11. 想定される失敗の準備をする
  12. 成功を祝いサポーターに感謝する

リチーミングコーチを養成する国内唯一の認定機関であるEAP総研(本社:東京・千代田区)の佐俣友佳子氏によると、リチーミングのプログラムは「自分では気づいていなくても、人は問題を解決する実行可能な方法をすでに持っている」という考え方に基づいているとのこと。心理学では、こうした発想を「解決志向アプローチ」といいます。

たとえば(5)のステップでは、具体的なゴールやそれを達成する利点を確認した後、ゴール達成に向けて自分たちがすでに何か取り組んでいること、努力していることを洗い出します。なぜなら、そこにこそ、グループ全員が描く理想像に近づくための具体的な問題解決の糸口が隠されているからです。

しかし私たちは問題に直面すると、まず原因や責任の所在を追及しようとします。そうした「問題志向アプローチ」では、当事者に「自分が責められるのでは」という不安を与え、かえって原因究明を難しくしたり、原因究明そのものが「問題を解決できない理由探し」に転化したりして、チーム全体のモチベーション低下を招いてしまう可能性が高いのです。一方、「解決志向アプローチ」では、「解決について知るほうが、問題の原因を探ることよりも有用である」というスタンスを貫くので、当事者も前向きに取り組むことができます。その結果、当事者だからこそ分かる有効な解決策など重要な意見が集まりやすくなります。リチーミングのプログラムではお互いの可能性を信じ、全員の存在を肯定する――チームで問題を解決する、そのプロセス自体に、チーム再構築のメカニズムが組み込まれているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

見える化
「見える化」とは、企業活動の現状、進捗状況、実績などをつねに見えるようにしておくこと。問題が発生してもすぐに解決できる環境を実現すると同時に、ビジネスの現場をそもそも問題が発生しにくい環境に変えるための、組織内の体質改善や業務改革の取り組み全般を指します。
質問会議
「質問会議」とは、参加者らが意見を言い合うのではなく、問題に関する質問とその応答のみでやりとりを進め、問題の解決策を探っていく会議術のことです。実際の問題解決を通じて個人や組織の学習する力を養成する「アクションラーニング」の研究から生まれた、対話型コミュニケーションにもとづく手法で、ボトムアップ型...
コーピング
コーピング(coping)とは、「問題に対処する、切り抜ける」という意味のcopeに由来するメンタルヘルス用語。特定のストレスフルな状況や問題に対して何らかの対処行動をとり、ストレスを適切にコントロールすること、あるいはその手法を指して「ストレス・コーピング」といいます。

関連する記事

「人口減少」と「団塊の世代の大量定年」は、企業の人事戦略にどのような影響を与えるか?
国立社会保障・人口問題研究所の2002年1月の推計では、日本の総人口は「2006年をピークに減少していく」と見込まれています。しかし昨年8月に発表された厚生労働省の「人口動態推計」(2005年上半期)では、統計開始以来、初めて減少を示し、もうすでに日本の人口が...
2006/03/13掲載人事・労務実態調査
9割近くの企業が「戦略人事」の重要性を認識しているが、実際に「戦略人事」として機能できている企業は約3割
9割近くが「戦略人事」の重要性を認識。市況よりも良い企業では、「当てはまる」が68.9%に。「戦略人事」を実践できている企業は31.6%にとどまる。戦略人事が機能していない理由は「人事部門のリソースの問題」が54.6%と過半数。
2018/07/12掲載人事白書 調査レポート
株式会社ワークスアプリケーションズ:優秀な人材が集まる「問題解決能力発掘インターンシップ」とは
ワークスアプリケーションズでは6年前から「問題解決能力発掘インターンシップ」を導入。難しい課題に取り組むことで参加者自身も気づかなかった能力を見極め、「優秀な人材」の発掘・採用に成果をあげている。
2008/06/09掲載となりの人事部

関連するキーワード

注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...