企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ブレインストーミング ブレインストーミング

「ブレインストーミング」は、アイデア創出のための会議手法です。特定のテーマに対して会議の参加者が自由に意見を交わすことで、一人では思いつかなかいアイデアを生み出していきます。提唱したのは、「オズボーンのチェックリスト」でも知られる、アレックス・F・オズボーン氏。「ブレイン(頭脳)」と「ストーム(嵐)」からできた造語で、日本では「ブレスト」とも略されます。ブレインストーミングはむやみやたらに発言を重ねればいいものではなく、効果的に進めるためのルールがあります。きちんと手順を踏むことで良いアイデアが生まれる確率も高まります。

ブレインストーミングのケーススタディ

優れたアイデアを生むための
四つのルールと三つのポイント

ブレインストーミングの原則は次の四つです。

  • 批判をしない
  • 自由に発言する
  • 質より量
  • 連想と結合

批判的な雰囲気がある中では、批判されることを恐れて発言量が減り、奇抜で斬新な意見が出にくくなります。また、「連想と結合」は「他人のアイデアに便乗せよ」ということ。いくつかのアイデアがぶつかることで、新たな発想が生まれます。一人で考え込んでいても出てこないようなアイデアが生まれることが、ブレインストーミングの醍醐味。参加者が四つの原則を意識することで、アイデア出しは円滑に進みます。

この前提を踏まえ、ブレインストーミングの質をさらに向上させる三つのポイントがあります。一つ目は、目的を明確にすること。ゴールのない話し合いは方向性を見失い、時間を浪費するだけになってしまいます。売上アップや顧客満足、従業員のエンゲージメント向上など、あらかじめゴールを設定することで参加者も事前に準備をすることができます。

二つ目は、制限時間を設けること。さまざまなアイデアを出す時間と、それらをまとめてアクションに結びつける時間に分けて時間を設定すると効果的です。三つ目は、念入りにメンバーを選ぶこと。多様なアイデアを生みだすためには、年齢や性別、職種、部署など、多様なバックグラウンドを持ったメンバーがそろっていなければなりません。また、直属の上司がいると発言の自由さが失われてしまうため、できるだけ利害関係のない人を選ぶとよいでしょう。

ブレインストーミングの具体的な方法もたびたび議論されており、カードにアイデアを書き出す「KJ法」やアイデアを7×7の計49項目に分類する「セブンクロス法」などが考案されています。また、効果的にアイデア出しをするためのサービスも登場していますが、どの方法が適しているかは組織やグループの特性によって異なります。いくつかの方法を試しながら、自分たちの組織にフィットするものを見つけていきましょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

オズボーンのチェックリスト
「オズボーンのチェックリスト」とは、アイデア発想のためのヒント集です。ブレインストーミングという手法の考案者でもあるアレックス・F・オズボーン氏によって発明されました。アイデアが出ないときに、このフレームワークに沿って考えれば、自身の思考の癖から抜け出して発想を抽出できるため、思いも寄らないアイデア...
クリエイティブシンキング
クリエイティブシンキングとは「枠組みにとらわれることなく自由に考えること」を意味します。考える際に「ひらめき」や「イメージ」などを重視するもので、主に右脳を使用する思考法といわれます。ラテラルシンキングはクリエイティブシンキングの手法の一つで、ロジカルシンキングは対立する概念です。
組織の成功循環モデル
「組織の成功循環モデル」とは、マサチューセッツ工科大学のダニエル・キム教授が提唱している理論で、組織が成果を上げ続け、成功に向かう過程やしくみを明らかにしたものです。組織の成功循環モデルでは、成功や成果といった組織としての“結果の質”を高めるためには、一見遠回りに思えても、組織に所属するメンバー相互...

関連する記事

【特別企画】 新たな学びの場つくりのユニット 『アトリエMALLプロジェクト』を密着取材 <第三回>
『アトリエMALLプロジェクト』は、一般社団法人経営学習研究所(MALL)が募った企画に13名のビジネスパーソンが集って立ちあげた新たな学びの場づくりのユニットです。オープン・コラボレーションの進め方や、ワークショップ型イベントの企画・運営方法を体験的に学びな...
2014/11/20掲載イベントレポート
1. コミュニケーション研修とは
組織を機能させ、活性化していくには、コミュニケーションの量と質を向上させていかなければならない。その際、それにふさわしい方法やスキルが必要となる。コミュニケーション研修とは、このような組織内でのビジネスや仕事上におけるコミュニケーション能力の向上を目的とした研...
2012/11/29掲載よくわかる講座
人事マネジメント「解体新書」第38回 学習する組織“ラーニング・オーガニゼーション”を実現する方法(前編) ~自ら学ぶ風土を作り、持続的成長を実現していくために
企業を取り巻く経営環境の急激な変化は、ビジネスサイクルを短縮化し、知識・技術の更新スピードを速めるなど、組織に対して絶え間ない「変革」を求めている。この変革を実現するには、組織として継続的に学習を続け、改善を繰り返していくことが必要だ。これが近年、「学習する組...
2010/06/28掲載人事マネジメント解体新書

関連するキーワード

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大和証券キャピタル・マーケッツのグローバル人材戦略

大和証券キャピタル・マーケッツのグローバル人材戦略

大和証券キャピタル・マーケッツ株式会社 経営企画部 人事課 次長 中川...