企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】アクションラーニング アクションラーニング

アクションラーニングとは、現実に起きている課題を題材に、グループディスカッションを通じて解決策を考え、そのプランの実施とリフレクション(内省)により、個人やグループ・組織が学習するプロセスをいいます。
(2007/12/17掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクションラーニングのケーススタディ

複雑化する経営課題に対し、チームで解決策を捻出
仮説・実行・検証のサイクルで実践的能力を養う

アクションラーニングの思想は、1900年代初頭、アメリカにおいて教育思想の主流であった、「学問中心主義」に対し、哲学者ジョン・デューイが、社会や生活との関連を重視した教育が行われるべきと唱えたことに端を発します。

個人の力だけでは解決困難な問題が発生した場合、チームとしてのアプローチが重要になります。組織が成果を上げるには、個人の学習だけではなく、チーム・組織としての学習活動を重ねることが必要です。現在、アクションラーニングは、ビジネスの現場においても、多面的な経営課題に対処していくために、効果的な方法論として受け入れられています。

アクションラーニングのプロセスは、以下の4つのステージを踏んで進められ、ケースによっては、これらのプロセスが繰り返されます。
■ ステージ1: 問題の理解と問題の再定義
■ ステージ2: 目標の設定と標準化
■ ステージ3: 行動計画の作成と検証
■ ステージ4: 実行とリフレクション

アクションラーニングを進めるには、以下の6つの構成要素が必要になります。
6つの構成要素
(1)問題(重要かつ緊急度が高く、グループに責任をもたせることができる問題)
(2)グループ(職種や経歴など多様なバックグランドを持つ、4〜8人のメンバー)
(3)質問とリフレクションのプロセス(「何を知っているか」ではなく、「何を知らないか」)
(4)問題解決のための行動(解決策を実行し、そこからリフレクションを得る)
(5)学習へのコミットメント(プロセスや失敗から学ぶことを忘れない)
(6)アクションラーニングコーチ(必要に応じ、メンバーに問いかけをするコーチ)

また、メンバーの暴走を抑制し、かつ、セッションが望ましくない方向へと進んだ際にタイミングを逸せずに軌道修正するなど、効果的、効率的にアクションラーニングを進めるためには、以下の二つの「基本ルール」が必要になります。
■ ルール1: 意見は質問に対する回答のみ
■ ルール2: アクションラーニングコーチはいつでも介入できる

近年、業務改革や人材育成の手法の一つとして注目を集め、大企業ではリーダーシップ養成のプログラムとしても活用されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

質問会議
「質問会議」とは、参加者らが意見を言い合うのではなく、問題に関する質問とその応答のみでやりとりを進め、問題の解決策を探っていく会議術のことです。実際の問題解決を通じて個人や組織の学習する力を養成する「アクションラーニング」の研究から生まれた、対話型コミュニケーションにもとづく手法で、ボトムアップ型...
組織再社会化
組織研究において、組織に新しく参入した個人がその成員となるために、組織の価値観や規範を受け入れ、職務遂行に必要な技能を獲得し、組織の人間関係に適応していく過程を組織社会化といいます。これに対し「組織再社会化」とは、すでにある組織の一員として組織社会化され仕事を行ってきた人が、転職などの組織間移動に...
トランザクティブ・メモリー
「トランザクティブ・メモリー」(Transactive memory)とは、1980年代半ばに米ハーバード大学の社会心理学者、ダニエル・ウェグナ―が唱えた組織学習に関する概念で、日本語では「交換記憶」あるいは「対人交流的記憶」「越境する記憶」などと訳されます。組織学習の一つの側面である組織の記憶力(...

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第91回 「アクションラーニング」で戦略実行力を高める【前編】
近年、組織変革を進めるための手法として、戦略実行力を高める「アクションラーニング」が注目を集めている。アクションラーニングによって組織変革を進め、実効性を高めていくにはどのような設計・運用を行えばいいのか。「前編」はこのポイントに絞って解説していく。
2016/03/18掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第92回 「アクションラーニング」で戦略実行力を高める【後編】
アクションラーニングに関する考え方と実務的な対応について見てきたが、アクションラーニングが企業経営のさまざまな場面・目的に対応できることをお分かりいただけたことと思う。後編では、「学習の場」「経営幹部(リーダー)育成」「業績向上」など、アクションラーニングにお...
2016/03/24掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第38回 学習する組織“ラーニング・オーガニゼーション”を実現する方法(前編) ~自ら学ぶ風土を作り、持続的成長を実現していくために
企業を取り巻く経営環境の急激な変化は、ビジネスサイクルを短縮化し、知識・技術の更新スピードを速めるなど、組織に対して絶え間ない「変革」を求めている。この変革を実現するには、組織として継続的に学習を続け、改善を繰り返していくことが必要だ。これが近年、「学習する組...
2010/06/28掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

個人情報
いつも大変お世話になっております。 個人情報についてお伺いしたいのですが、 グループ会社の組織図、各社員の会社のメールアドレスを グループ会社内で開示することは問題があるのでしょうか。 組織図・メールとも業務に必要という観点で考えると、 すべての社員を知る必要はありません。 よろしくお願い致し...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

研修費ゼロの人材育成 3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?<br />
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」という言葉が、盛んに使われるようになった。それは近...