無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
人事辞典 掲載日:2020/03/18

【ヨミ】センスメイキング センスメイキング

「センスメイキング」とは、直訳すると「意味づけ」で、数字、感情、行動、写真やビデオなど、さまざまなデータを集めて統合する力のことをいいます。マインドフルネスを組織研究の分野に持ち込んだことでも知られる、組織理論家のカール・ワイク氏が提唱しました。企業は今、先行きが不透明な時代を生き延びなければいけません。そんなとき、一つの物事をどう見るかという自社のスタンスを決める(意味づけする)ことで、周囲を巻き込んでいく力がセンスメイキングです。

センスメイキングのケーススタディ

意味づけを行うことで、ストーリーを生み、
ストーリーが生まれることで、説得力が増し前進する

日に日に進化するAIなどのテクノロジーを、「私たちの職を奪う存在」と見るか、それとも「私たちの生活をより豊かにする存在」と見るか。そこに正しい答えはありません。未知の物事にどのようなインパクトがあり、善悪どちらの影響を及ぼすかは誰にもわからないからです。そこで、経営層やリーダーが率先してセンスメイキングを行い、先に行動を起こせば、納得できるストーリーが生まれます。また、ストーリーが生まれることでさらに前進する、というループが出来上がるのです。

「センスメイキング」は、単なる「理解」とは異なります。カール・ワイク氏は、センスメイキングには少なくとも次の七つの要素を含んでいると述べています。

  1. アイデンティティ
    自身や自身が所属する組織が何かというアイデンティティに基づいている
  2. 振り返り
    センスメイキングは現在進行形ではなく、過去を振り返ることで可能になる
  3. イナクト
    イナクトとは「制定」。行動と環境は相互規定的な関係にある
  4. 社会性
    主体と客体が切り離せない相対主義の中に生きている
  5. 進行中
    センスメイクには始まりもなく終わりもない。意味づけを修正していく循環プロセスの中にある
  6. 抽出された手掛かり
    認識されたものは常に全体の一部でしかない
  7. 説得性・納得性
    正確さよりももっともらしさのほうが自身や他者を納得させられる

センスメイキングは、物事の転換点となるような「予想外の事態」に直面したときに、組織に大きな影響を与えます。客観的には起こりえなかったことが、起こってしまう力がセンスメイキングにはあるのです。

この力をビジネスで活用すると、組織のステークホルダーがセンスメイキングを高めることによって、客観的に見れば起こりえないことを起こすだけの巨大な力が生まれると言えます。イノベーションを生み出すセンスメイキングは、今後の企業に求められる戦略の一つとなるでしょう。

 

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード