企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】センスメイキング センスメイキング

「センスメイキング」とは、直訳すると「意味づけ」で、数字、感情、行動、写真やビデオなど、さまざまなデータを集めて統合する力のことをいいます。マインドフルネスを組織研究の分野に持ち込んだことでも知られる、組織理論家のカール・ワイク氏が提唱しました。企業は今、先行きが不透明な時代を生き延びなければいけません。そんなとき、一つの物事をどう見るかという自社のスタンスを決める(意味づけする)ことで、周囲を巻き込んでいく力がセンスメイキングです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

センスメイキングのケーススタディ

意味づけを行うことで、ストーリーを生み、
ストーリーが生まれることで、説得力が増し前進する

日に日に進化するAIなどのテクノロジーを、「私たちの職を奪う存在」と見るか、それとも「私たちの生活をより豊かにする存在」と見るか。そこに正しい答えはありません。未知の物事にどのようなインパクトがあり、善悪どちらの影響を及ぼすかは誰にもわからないからです。そこで、経営層やリーダーが率先してセンスメイキングを行い、先に行動を起こせば、納得できるストーリーが生まれます。また、ストーリーが生まれることでさらに前進する、というループが出来上がるのです。

「センスメイキング」は、単なる「理解」とは異なります。カール・ワイク氏は、センスメイキングには少なくとも次の七つの要素を含んでいると述べています。

  1. アイデンティティ
    自身や自身が所属する組織が何かというアイデンティティに基づいている
  2. 振り返り
    センスメイキングは現在進行形ではなく、過去を振り返ることで可能になる
  3. イナクト
    イナクトとは「制定」。行動と環境は相互規定的な関係にある
  4. 社会性
    主体と客体が切り離せない相対主義の中に生きている
  5. 進行中
    センスメイクには始まりもなく終わりもない。意味づけを修正していく循環プロセスの中にある
  6. 抽出された手掛かり
    認識されたものは常に全体の一部でしかない
  7. 説得性・納得性
    正確さよりももっともらしさのほうが自身や他者を納得させられる

センスメイキングは、物事の転換点となるような「予想外の事態」に直面したときに、組織に大きな影響を与えます。客観的には起こりえなかったことが、起こってしまう力がセンスメイキングにはあるのです。

この力をビジネスで活用すると、組織のステークホルダーがセンスメイキングを高めることによって、客観的に見れば起こりえないことを起こすだけの巨大な力が生まれると言えます。イノベーションを生み出すセンスメイキングは、今後の企業に求められる戦略の一つとなるでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

組織市民行動
「組織市民行動」とは、企業や団体の従業員が自分の職務の範囲外の仕事をする「役割外行動」の一種で、英語ではOCB(Organizational Citizenship Behavior)と呼ばれます。 この概念を提唱した米・インディアナ大学のデニス・オーガン教授らによると、組織市民行動は「従業員の行動...
組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...
組織の成功循環モデル
「組織の成功循環モデル」とは、マサチューセッツ工科大学のダニエル・キム教授が提唱している理論で、組織が成果を上げ続け、成功に向かう過程やしくみを明らかにしたものです。組織の成功循環モデルでは、成功や成果といった組織としての“結果の質”を高めるためには、一見遠回りに思えても、組織に所属するメンバー相互...

関連する記事

田中研之輔さん: 見えにくいけれど大切なものを見えるようにする社会学的視点 組織を変えたい人事のための「組織エスノグラフィー」入門(後編)
「組織エスノグラフィー」――インタビューの前編では、この聞き慣れない言葉が人事の領域にどう関わってくるのか、法政大学キャリアデザイン学部准教授の田中研之輔先生に解説していただきました。後編は、組織エスノグラフィーの実践編。企業内で実際に組織エスノグラフィーを行...
2017/05/22掲載キーパーソンが語る“人と組織”
人事マネジメント「解体新書」第38回 学習する組織“ラーニング・オーガニゼーション”を実現する方法(前編) ~自ら学ぶ風土を作り、持続的成長を実現していくために
企業を取り巻く経営環境の急激な変化は、ビジネスサイクルを短縮化し、知識・技術の更新スピードを速めるなど、組織に対して絶え間ない「変革」を求めている。この変革を実現するには、組織として継続的に学習を続け、改善を繰り返していくことが必要だ。これが近年、「学習する組...
2010/06/28掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第42回 ベンチャー企業に学ぶ人材戦略(前編:解説) ~組織を“ベンチャー化”することで、人は成長していく
バブル崩壊後、日本を牽引してきた大企業が成長戦略を描き切れなくなっている。一方、成長著しいベンチャー企業は元気だ。何より、働く人のモチベーションと行動力が段違いだ。いったい、この違いを生むものは何なのか?
2010/10/25掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

これからの組織のあり方
マネジメント 組織論の質問です。 自律型組織、ティール型組織などへの志向が一つのメインストリームとしてあると思いますが、一方で従来型の軍隊式組織、官僚型組織もその有効性は完全には否定出来ないと思います。 自律型、軍隊型それぞれの組織が有効に機能するのは、それぞれ一定の条件下によると思いますが、この点...
時間有休について(改正後)
いつもお世話様です。 さて、来年4月に労働基準法が改正され、時間有休に関して、年5日まで取得ができるようになるということですが、5日という意味は、 5回という意味でしょうか?それとも、 当社は、1日7.5時間ですので、7.5時間×5日分=37.5時間までという意味でしょうか? 教えてください。 よろ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...