企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『労政時報』提携

本誌特別調査
2017年度労働時間総合調査(労務行政研究所)
所定・総実労働時間、休日・休暇、時間外労働等の最新実態と長時間労働削減への取り組み状況

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX[表示/非表示]
労政時報第3938号「2017年度労働時間総合調査」

当研究所が毎年実施している「労働時間・休日・休暇等に関する実態調査」の2017年度調査結果がまとまった。今回は定例の(1)所定労働時間、(2)所定休日日数、(3)年間総実労働時間、(4)年次有給休暇の取得状況、(5)時間外労働の実態に加え、以下の内容についても調べている。

・時間外労働時間の算出・確認方法
・出退勤時間の管理方法
・時間外労働の算定における端数時間の取り扱い
・長時間労働削減に向けた取り組み状況

ポイント

(1)2017年度年間所定労働時間、休日日数:1908時間59分、119.7日[図表1]

(2)年間総実労働時間(2016年度):全産業平均で2057.6時間。「2000~2050時間未満」「2050~2100時間未満」が各14.6%と最も多いものの、分布にはバラつきが見られる。産業別では、非製造業のほうが製造業よりも長時間の傾向にある[図表7~8](省略)

(3)年次有給休暇の取得(最近1年間):全従業員平均の取得日数は9.6日、取得率は52.5%[図表11]

(4)時間外労働の実態(2016年度):全社または本社における1人1ヵ月当たり平均で18.9時間。12年度以降、4年連続で増加[図表15、20]

(5)一般社員の出退勤管理の方法:「自己申告」のみで管理している場合が32.1%と最多、次いで「タイムカード・ICカード」のみが29.5%と続く[図表23]

(6)1日当たり、1ヵ月当たりの残業時間の端数取り扱い:1日当たりでは、46.8%が端数処理の原則を決めており、取り扱い単位では「15分」が最多。1ヵ月当たりでは「端数処理は行わない」が69.5%で主流[図表26~28]

(7)長時間労働削減に向けた取り組み:93.2%が何らかの取り組みを実施。最も実施率が高かったのは「管理職層に対する意識啓発への取り組み」で76.9%[図表30~31]

1 2017年度の所定労働時間・休日日数の実態

所定労働時間・休日日数の水準[図表1、5~6]
年間所定労働時間は1908時間59分、年間休日は119.7日

2017年度の1日当たり所定労働時間(始業時刻から終業時刻までの時間から、休憩時間を除いたもの)は平均7時間47分、休日日数は年間119.7日である。年間の所定労働時間は1908時間59分で、同一企業における前16年度の水準(1909時間37分)から約40分短くなった。

ちなみに、年間所定労働時間を基にして単純計算すると、1ヵ月当たり(12分の1)は159時間5分、1週当たり(52分の1)は36時間43分となる。

規模別では、1日当たりの所定労働時間は1000人以上が7時間46分、300~999人7時間49分、300人未満7時間47分と、規模による差は見られなかった。年間所定休日日数は1000人以上が120.6日で最も多く、次いで300~999人119.3日、300人未満119.0日の順となっている。年間所定労働時間は300~999人が最も長く1920時間26分、次いで300人未満1912時間15分、1000人以上1899時間9分である。

業種別の状況は後掲[図表5](省略)を、所定労働時間と所定休日日数の推移は[図表6](省略)を参照いただきたい。

また、後掲2(省略)では、年間所定労働時間に時間外労働の実績、年次有給休暇の取得分を加味した年間総実労働時間(16年度)を試算している。併せて参照いただきたい。

【図表1】1日、週間、月間および年間所定労働時間と年間所定休日日数(本社)

【図表1】1日、週間、月間および年間所定労働時間と年間所定休日日数(本社)

年間所定労働時間の分布状況[図表2]
1850~1950時間未満の間に47.5%

全産業・規模計では「1900~1950時間未満」が23.9%で最も多く、「1850~1900時間未満」が23.5%で続く。よって、“1850~1950時間未満” の範囲に47.5%と約半数が分布している。

この範囲に収まる企業の割合を規模別に見ると、1000人以上では58.3%と過半数を占める。一方、300~999人は42.4%、300人未満は38.6%と4割前後にとどまり、規模により分布にバラつきが見られる。同様に産業別で見ると、製造業は62.4%、非製造業は33.1%と29.3ポイントも差がある。

ちなみに、年間所定労働時間が2000時間以上の企業の割合は、全産業・規模計で10.5%。前16年度(9.6%)から増加した。

【図表2】年間所定労働時間の分布

【図表2】年間所定労働時間の分布

1日の所定労働時間の分布状況[図表3]
「8時間」が48.3%で最も多い

「8時間」が48.3%で最も多く、以下「7時間45分」18.1%、「7時間30分」14.7%と続く。「7時間45分」から「8時間」の間に全体の約7割が集中しており、この範囲で1日の所定労働時間を設定している企業が多いことが分かる。

【図表3】1日の所定労働時間の分布

【図表3】1日の所定労働時間の分布

年間所定休日日数の分布状況[図表4]
「120~124日」が53.4%を占める。全体の71.8%が120日以上の設定

「120~124日」が53.4%で最も多く、次いで「125日以上」の18.5%。これらを含め、年間120日以上の休日を設定している企業が、全体の71.8%と約7割を占める。

規模別に見ると、年間休日120日以上の企業の割合は、1000人以上77.1%、300~999人64.4%、300人未満71.1%であり、1000人以上では8割近くを占める。また産業別では、製造業は78.6%、非製造業は65.3%と13.3ポイントの差が見られる。

※『2 2016年度年間総実労働時間(試算)』は省略

【図表4】契約更新の上限設定状況

RSJ18-0416-0104.png

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事・労務実態調査のバックナンバー

本誌特別調査
2017年役員報酬・賞与等の最新実態(労務行政研究所)
社長の年収は4441万円。社外取締役の年間報酬の平均額は643万円
企業役員の年間報酬や、その他処遇はどのようになっているのだろうか?社外取締役の選任状況は?最新の調査結果から、年間報酬に関して役位別の水準と社外取締役について紹...
2018/06/13掲載
本誌特別調査
2017年度労働時間総合調査(労務行政研究所)
所定・総実労働時間、休日・休暇、時間外労働等の最新実態と長時間労働削減への取り組み状況
「働き方改革」で、長時間労働削減など労働時間の見直しが叫ばれる中、労働時間の実態はどうなっているのだろうか?238社の調査結果から、有給休暇、時間外労働など、各...
2018/04/16掲載
改正労働契約法に伴う無期転換への対応アンケート(労務行政研究所) 
無期転換ルールはフルタイム型で63.2%、短時間勤務型で59.1%が策定済み
無期転換の申し込みが本格化する平成30年4月1日まであとわずか。無期転換の対象となる有期契約労働者を雇用する企業は、どのように対応していくのだろうか。299社の...
2018/02/05掲載
管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

20代優秀層の採用ならキャリトレ

注目コンテンツ


管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~
new

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...