企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

日本進出直後の海外企業のコア人材採用
クロージングの山場で決裁者がまさかの海外休暇へ――。

日本には多くの海外企業が進出しており、人材紹介を利用して中途採用を行っている企業も多い。日本進出からまだ日が浅い企業の場合、少ないスタッフであらゆる業務を回していることがほとんどで、専任の人事がいないために拠点のトップが採用担当を兼任するケースも珍しくない。そういう場合、人材紹介会社も万全のサポートを行うようにしているが、時には予想を超えた事態が発生することもある。

重要な「ナンバー2」の募集

「決して簡単なポジションではありませんが、具体的にキャンディデイト(候補者)はいるのですか」

とある求人サイトに小さく出ていた募集情報を見て電話を入れてみたところ、相手は興味を持ってくれたようだった。C社は欧州を本拠地とする大企業だが、日本拠点はまだできたばかり。実は、私はそういう会社を探していたのだった。

「はい。アメリカの大学院で機械工学を学んだ人で、現在はX社(日本の大手企業)でセールスエンジニアをされています。ちょうどその方が、御社のような会社を探しているんです」

「そうですか。その人のレジュメを見せてもらうことはできますか」

人材採用“ウラ”“オモテ”

翌日、私はさっそくC社の東京オフィスを訪問した。海の見える高層ビルの一室だ。対応してくれたのは、イギリス人の日本拠点代表者・B氏。もっとも、オフィス内にはB氏のほかに女性スタッフが一名しかいない。

候補者Aさんが英文で用意してくれた職務経歴書を見せると、B氏は流ちょうな日本語で言った。

「この人は良いですね。会えますか」

「もちろんです。Aさんには御社のことを伝えてあります。ぜひお会いする機会をいただきたい、と言っていました」

C社が探しているのは日本での技術部門の責任者、いわば日本拠点のナンバー2となる人材だ。B氏自身がエンジニアではないので、海外拠点と連携しながら技術的な対応ができる人を求めているという。そのため、ネイティブレベルの英語力は必須となる。これは、世界を舞台に働いてみたいというAさんの希望にぴったりの求人だった。海外出張が多いことも、Aさんにとってはポジティブな要素となるだろう。

後日行われたB氏とAさんの面接は、順調に進んだ。ここまでは、「日本進出直後の海外企業」を紹介する案件としては非常にいい流れだった。

しかし、終盤にきて問題が発生する。優秀なAさんにオファーを出していた企業がもう1社あったのだ。こちらもアメリカを本拠地とする世界的な有名企業で、どうやらC社を上回る高給を提示しているようだ。私はそのことをB氏に伝えた。

「仕事内容そのものは、海外出張の多い御社の方に興味があるそうです。年収を合わせれば、十分獲得できると思います」

「わかりました。少し調整させてください」


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

キャリアアドバイザーが「推したくなる」会社
それは情報が豊富な会社かもしれない
人材不足の時代における採用活動は、よく「マーケティング」に例えられる。売り手市場では、自社をブランディングし、優秀な人材に好印象を持ってもらうことから始める必要...
2020/07/06掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
新型コロナウイルス感染拡大によって働き方が大きく変化
転職したばかりの人はどうなっているのか?
新型コロナウイルスの感染拡大により、社会全体でさまざまな予定や行事が変更を余儀なくされている。その中でもいちばん大きな影響を受けているのは「新入生」や「新入社員...
2020/06/08掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に
新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員...
2020/05/08掲載

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”
人材流動化は「絵に描いた餅」?
人材紹介会社経由のキャリアチェンジにあるハードル
時代にそぐわなくなった古い産業から、次代を担う新しい産業へと人材を移動させるべき、という議論はかなり昔からある。人手不足が常態化する中で、新しいビジネスを盛り上...
2020/04/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーに転職経験は必要か
ちょっと変わったポイントが気になる人たち
人材紹介を進めるにあたって大切な「転職相談」。求職者の希望や条件をすりあせわるだけでなく、転職の心配事や疑問の解消にもあたる場だ。ただ、「それを聞いてどうされる...
2020/03/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
自社の魅力、しっかり語れますか?
人材紹介会社が「コンサルティング」に積極的でない理由
採用難の時代が続いている。とりわけ優秀な人材については「売り手市場」が完全に定着。そうした中で採用を成功させるには、企業が自社の魅力をアピールできることが極めて...
2020/02/10掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
トップ自らが面接するベンチャー企業
採用の意思決定は速いはずが……
経営はスピードが重要だといわれる。人材採用にも似たところがある。優秀な人材はいくつもの企業で奪い合いになるため、のんびりしていると他社に採られてしまうからだ。そ...
2020/01/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
「入社辞退されても大丈夫」という会社
はたしてその真意は…
人材紹介会社の紹介手数料は、多くの場合、入社して初めて費用が発生する「完全成功報酬制」である。したがって内定後に辞退されても、企業側には金銭的負担が一切ない。と...
2019/12/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
【用語解説 人事キーワード】
ハローワーク特区
求職者支援制度

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


優秀な人材の流出を未然に防ぐ ~リテンション・マネジメントの最新技術とは~

優秀な人材の流出を未然に防ぐ ~リテンション・マネジメントの最新技術とは~

「日本は雇用の流動性が低い」とよく言われます。「流動性が低いことは問題...