企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人材採用“ウラ”“オモテ”

採用に前のめりすぎる企業
「内定後は自社で説得したい」というケースも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「内定を出しても、辞退されてしまうかもしれない」。企業がそんな不安におびえるのは、新卒採用に限らない。売り手市場が続く中、中途採用でも優秀な人材の多くが複数の内定を獲得するため、入社承諾の確約をもらうまでは安心できない、という担当者も多いだろう。ところが、人材紹介を使った採用に慣れていない企業の場合、まれに「推薦してもらったのだから内定を出せば必ず採用できる」と考えていることがある。とりわけ企業側が採用を急いでいたり、人手不足で切羽詰まっていたりする場合は、問題が起こりやすい。

内定の翌週から研修開始

「ITエンジニアを急いで採用したいと思っています。複数名を採用したいので、ぜひ協力してください」

それがV社との出会いだった。話を聞いてみると、大手総合商社の社内ベンチャーとしてスタートした企業で、新しいネットサービスを開発・展開しているという。難易度の高いITエンジニアの募集ではあるが、総合商社の新規事業というところに興味を持つ候補者もいるだろうと思い、引き受けることにした。V社からはすぐに詳細な求人情報が送られてきた。

私はちょうど同じころに転職相談を受けていたIさんに、この求人を紹介することにした。

「ベンチャーではありますが、総合商社が100%出資した企業です。勤務条件や環境も日本の大手企業に準ずるようです。いかがでしょうか」

Iさんは、当初あまり乗り気ではなかった。

「今、興味があるのは外資系企業なんです。国内系はちょっと」

「もちろん、外資系企業もご紹介しますよ。ただ国内系には国内系の良さもあります。まずはいろいろと面接を受けてみて、それぞれの雰囲気や仕事内容を比較してみてはいかがですか。比較して決めた方が、転職後に後悔することも少ないと思いますよ」

この私の提案を、Iさんは受け入れてくれた。こうしたやり方自体は決して特別なものではない。何社か比べてみたい、転職の機会にいろんな企業を訪問してみたいという人は多いので、断る人は少ないのだ。

採用に前のめりすぎる企業(人材採用“ウラ”“オモテ” )

V社は急いでいるというだけあって、動きも迅速だった。Iさんの応募書類を提出すると、あっという間に面接日が決まり、あっという間に内定が出た。しかし、問題が起こったのは、この後だった。

「来週、全社員を集めた研修を予定しています。Iさんにも入社予定者として参加してほしいのですが」

これには驚いた。まだIさんからは入社するという返事はもらっていない。というよりも、何社か受けて比較したいと言っていたIさんが、すぐにV社に入社する意思を固めるとは思えなかった。

「実は、Iさんはいくつか併願されていて、まだ結果が出そろってないんです」

Iさんにも確認を取って、V社にそう伝えた。こういうときには隠し立てしないで正直に伝える方がいい。ところが、V社は私が考える以上に採用を急いでいたようだ。

「では、直接Iさんを説得してもいいですか。 どうしても採用したいので」

まずいことになったな、と私は思った。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

自社の魅力、しっかり語れますか?
人材紹介会社が「コンサルティング」に積極的でない理由
採用難の時代が続いている。とりわけ優秀な人材については「売り手市場」が完全に定着。そうした中で採用を成功させるには、企業が自社の魅力をアピールできることが極めて...
2020/02/10掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
トップ自らが面接するベンチャー企業
採用の意思決定は速いはずが……
経営はスピードが重要だといわれる。人材採用にも似たところがある。優秀な人材はいくつもの企業で奪い合いになるため、のんびりしていると他社に採られてしまうからだ。そ...
2020/01/07掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
「入社辞退されても大丈夫」という会社
はたしてその真意は…
人材紹介会社の紹介手数料は、多くの場合、入社して初めて費用が発生する「完全成功報酬制」である。したがって内定後に辞退されても、企業側には金銭的負担が一切ない。と...
2019/12/02掲載
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...