企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事マネジメント「解体新書」

多様な働き方が求められる時代、注目される“限定正社員”
~その可能性と雇用管理のあり方について考える~【前編】 (1/3ページ)

2014/8/18
政府と経済界の中で、正社員・非正社員の中間的な雇用区分と位置付けられる「限定正社員」を導入しようとする動きが活発化している。多様な働き方が求められる現代にあって、職種や勤務地、労働時間を限定し、期間の定めを設けず雇用しようとする新たな雇用モデルは、これまでの正社員を中心とした人材マネジメントにどのような変化をもたらすのだろうか。その可能性と雇用管理のあり方を紹介する。
「限定正社員」とは何なのか?
◆雇用期間に定めがないが、「職種」「勤務地」「労働時間」などに限定がある

2013年の新語・流行語大賞の候補にもなった「限定正社員」は、正社員と非正社員の中間的な雇用形態として位置付けられており、「多様な正社員」「ジョブ型正社員」などとも呼ばれている。実は、正社員や非正社員という言葉は法律で明確に定義されているわけではなく、労働法の専門家はこの言葉を使っていない。しかし、ビジネス社会では広く浸透しており、当たり前のように使われている。一般的にその違いは「雇用契約上の雇用期間の定めの有無」によるとされる。

正社員は「担当する職種(職務)が変わる」「勤務地が変わる(転勤する)」「所定労働時間を超えて働く(残業を行う)」などの可能性がある、会社からの拘束が強い雇用形態である。一方、「限定正社員」は「雇用契約上の雇用期間に定めがない」という点では正社員と同じだが、「職種」や「勤務地」「労働時間」などが限定される点が正社員と大きく異なる。総じて給与は正社員と比べて低いが、原則的に定年まで働き続けることができ、パートタイム労働者やアルバイトなどの非正社員と比べると、雇用条件は安定している。これまでとは異なる、新しいタイプの正社員と言える。

■図表1:雇用区分にみる「限定正社員」の特徴
図表1:雇用区分にみる「限定正社員」の特徴
出所:「『多様な形態による正社員』に関する研究会報告書」(厚生労働省・2012年)などより作成
◆「限定正社員」が注目される背景

2012年の「労働力調査」(総務省)によると、雇用者におけるパートタイム労働者・アルバイトなどの非正社員の割合は35.2%で、三人に一人の割合を占めている。これは比較可能な2002年以降では、最も高い水準である。もちろん、非正社員という働き方を自ら望んで選択した人もいるわけだが、「就職氷河期」や育児・介護などさまざまな事情を持つ人たちを中心に、本当は正社員になりたいのになれなかった「不本意非正社員」は少なくないと考えられる。総務省でも、その数は300万人を超え、正社員の2割近くに達していると予測している。

そして、少子高齢化の進展だ。2010年以降、労働力人口の減少が進む中、持続的な経済成長を図るには、雇用面からの下支えが必要不可欠。そのためには正社員だけではなく、多様な人材が労働市場に参加できる仕組みの構築が急務であり、各企業はそのための制度・施策を整備する必要がある。

このような背景から、育児や介護をはじめとする個人的な事情への配慮が相応になされ、職種・勤務地・労働時間など人材活用面で柔軟性を持ち、雇用期間に定めがない安定的な働き方としての「限定正社員」に注目が集まっているのである。

既に存在する「限定正社員」

ところで、「限定正社員」という言葉は目新しいものだが、実は「コース別人事管理」「複線型人事管理」などとして、一部の企業では既に導入されている雇用形態でもある。実際、厚生労働省が実施した「『多様な形態による正社員』に関する研究会報告書」(2012年)をみると、51.9%と過半数の企業が「限定正社員」を導入していると回答している。

そして、2013年に施行された改正労働契約法により、同じ職場で5年を超えて働く契約社員やパートタイム労働者が希望すれば、無期雇用に切り替えることが企業に義務付けられることになった(「無期転換ルール」の導入)。その無期雇用の“受け皿”として、「限定正社員」が活用される可能性は大いにあると思われる。

■図表2:企業における「限定正社員」の導入状況(%)
図表2:企業における「限定正社員」の導入状況
出所:「『多様な形態による正社員』に関する研究会報告書」(厚生労働省・2012年)より


この記事は会員限定です。会員登録(無料)をすると続きを読むことができます。
登録10秒!メールアドレスだけで簡単にご登録ができます
会員の方はこちら
次のページ
「限定正社員」をどのように活用するのか
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次のページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事マネジメント解体新書のバックナンバー

人事マネジメント「解体新書」第118回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは【後編】
「公的資料」を使って「働き方改革関連法」を徹底理解する
近年、労働に関する「法改正」が進展する中、人事担当者の「法律」(労働関連法令)への正しい理解と適切な対応は、需要なスキルとなっている。「後編」では「働き方改革関...
2019/11/21掲載
人事マネジメント「解体新書」第117回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは【前編】
厚生労働省などの「公的資料」をいかに読み抜くか
近年、「働き方改革関連法」の施行や「パワハラ防止法」の成立に代表されるように、人事部の業務に関連する「法改正」の動きが一段と活発化している。そのため、人事の仕事...
2019/11/13掲載
人事マネジメント「解体新書」第116回
「パワー・ハラスメント防止」を義務付ける関連法が成立、
企業は「パワハラ防止法」にどう対応していけばいいのか?【後編】
職場での「パワー・ハラスメント(パワハラ)」の防止を義務付ける関連法が2019年5月29日、参院本会議で可決・成立した。大企業には2020年4月から、中小企業は...
2019/10/22掲載

関連する記事

勤務時間限定正社員/勤務地限定正社員/職務限定正社員
タイプ別 限定正社員の制度設計
無期契約ではあるが、残業義務がない、所定労働時間が短い、転勤に応じる義務がないなど、限定した条件で働く「限定正社員」。労働力不足が叫ばれる中、多様な働き方の受け...
2018/03/16掲載人事・労務関連コラム
「働き方改革」推進に向けての実務(3)労働生産性の向上
「量」から「質」へと評価軸を転換し、高い生産性を実現するための課題と取り組み例を紹介する。
2017/03/31掲載よくわかる講座
ワーク・ライフ・バランスを実現するために求められる「働き方改革」
ワーク・ライフ・バランスの実現に不可欠な「働き方改革」で日本はどう変わる?これまでの雇用政策を刷新する政府の取り組みについて。
2017/03/31掲載よくわかる講座
限定正社員って何?
少子高齢化や景気の回復傾向などの影響で労働力の確保が難しくなる中、従業員の定着や採用力の向上を目指し、正社員と非正規社員の中間的な働き方が模索されています。職務...
2016/05/20掲載新卒・パート/アルバイト調査
安藤至大さん:
これから日本の「働き方」「雇用」はどのように変化し、
人事はどう対応していけばいいのか(後編)
働き方の多様化が進む中、どのような雇用形態・働き方が求められるようになるのか。また、「年功序列型賃金」「新卒一括採用」などはどうなっていくのか。労働経済学を専門...
2015/08/17掲載キーパーソンが語る“人と組織”
【用語解説 人事キーワード】
週休三日制
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング タレントパレット

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...