企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

キーパーソンが語る“人と組織”

24年間リストラなし。お客様満足より社員満足
会社に大切にされている実感があってこそ、社員は力を出せる(前編)

近藤 宣之さん
(株式会社日本レーザー 代表取締役社長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
近藤宣之さん 株式会社日本レーザー 代表取締役社長
新宿・西早稲田にあるレーザー専門商社の草分け的存在、株式会社日本レーザーは、かつてバブル崩壊の影響で債務超過となり、危機的状況に陥っていました。そんな会社を立て直したのが、1994年から代表取締役社長を務める近藤宣之さんです。社長就任から2年で累積赤字を一掃、現在まで24年連続黒字決算を成し遂げています。そんな近藤さんの経営理念は「社員を大切にする」こと。第1回「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」中小企業庁長官賞や、経済産業省「ダイバーシティ経営企業100選」など数々の賞を受賞しています。自身の著書『ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み』でも明かされた、その経営手腕に迫ります。
Profile

こんどう・のぶゆき●1994年日本電子株式会社子会社の株式会社日本レーザー社長に就任。人を大切にしながら利益を上げる改革で、就任1年目から黒字化させ、現在まで24年連続黒字、10年以上離職率ほぼゼロに導く。2007年ファンドを入れずに役員・正社員・嘱託社員が株主となる日本初の「MEBO」を実施。親会社から完全独立。現役社長でありながら、日本経営合理化協会、松下幸之助経営塾、ダイヤモンド経営塾、慶應義塾大学大学院ビジネス・スクールなど年50回講演。東京商工会議所1号議員。第1回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の「中小企業庁長官賞」、東京商工会議所の第10回「勇気ある経営大賞」、第3回「ホワイト企業大賞」など受賞多数。

「社員は宝」だからこそ献身的に働いてもらえる

―― ご自身の著書でも紹介されていますが、貴社では本当に「ありえないくらい」社員を大切にしていらっしゃいますね。

日本レーザーでは、会社の利益は成果賞与など社員の報酬として還元される仕組みができています。また、病気や年齢、出産や介護などの事情があっても、社員に働きたいという意思がある限り、働き続けてもらうことを第一に考えています。他の会社の皆さんは、「うらやましいけど、うちの会社ではなかなかそこまでできませんね」とおっしゃいます。けれども、それは社長の覚悟の問題なんです。私は親会社の日本電子に在職していたとき、労働組合でずっとベアや福利厚生などの交渉を行っていました。しかし、「ギリギリで経営しているから、社員にもなんとかこらえてほしい」「今は好調だけど、その分財務体質強化に回したいから、社員への還元はまだ難しい」……経営者の立場で考えると、いつまで経っても社員の待遇は良くなりません。

組織には、2:6:2の法則があるとよく言われます。わが社では、「1:会社を引っ張るリーダー層」が20%、「2:会社を支える層」が60%、「3:気づきを与えてくれる層」が20%いると考えています。3の層は、病気や家族の介護、育児など何らかの理由で、会社への貢献度が他の社員よりも下がってしまっている人たち、あるいは会社の求めるような能力を満たせず、思うように成果の上がらない人たちです。一般的な経営者なら、この3の層を切ってしまえば、人材が底上げされてもっと会社は利益を出せるようになる、と考えるかもしれません。しかし、たとえ3の層を切っても、結局は他の層からシフトしてくるので、2:6:2の割合は変わらないのです。今や国民の二人に一人はがん患者となり、三人に一人はがんで亡くなる、自分は健康でも、突然奥さんが要介護にならないとも限らない。もし自分がそうなった時、会社から切られてしまうと感じていたら、とてもモチベーション高く働きつづけることはできませんよね。

私が社員に求めているのは「Dedication(献身)」と「Contribution(貢献)」です。新入社員にも「君たちは我々の宝だから、身も心も捧げてほしい」と話しています。古めかしい考え方だと思われるかもしれません。しかし、これほど経済環境の変化が激しく、不確かな世の中において、我々のような中小企業が生き残っていくためには、社員一人ひとりがその意識を持って、仕事に取り組んでもらう必要があるのです。

―― 今の時代、社員はそこまで献身的になれるものなのでしょうか。

だからこそ、人を大切にするのです。企業の存在意義は、人を雇用し、成長させること。社員は仕事を通じて成長し、自己効力感を得ることで、会社こそが自己実現の場になります。働くことで喜びが得られるのです。そして、社員の成長が会社の成長にもつながっていきます。社員が成長しているのに、利益を出せていない企業があるとすれば、それは全て社長の責任です。組織のあらゆる問題は社長の問題です。時にはトップダウンで改革をやりぬく覚悟が必要なのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

石坂典子さん:
外部との交流が仕事の意義を見出し自信へとつながる
石坂産業を地域で愛される会社にした“考える”マネジメントとは
建築系廃材の処理を行う石坂産業は、徹底した分別と独自の技術で95%以上のリサイクル率を実現するなど、同業他社との差別化を図り、高い競争力を実現していることで知ら...
2018/09/05掲載
指揮者のいないオーケストラに聞く
一人ひとりがリーダーシップを発揮する「自律型組織」のつくり方
「ティール組織」「ホラクラシー」など、自律的な組織のあり方が注目されています。一見、まったく新しいもののように思えるこの概念を、40数年前に実現していた組織が、...
2018/08/30掲載
山本 寛さん:
優秀な若手をひきつける「リテンション・マネジメント」
人が辞めない組織をつくりあげる極意とは
少子化に伴う労働人口の減少が進行する中、優秀な人材に長く組織で活躍してもらうための施策である「リテンション・マネジメント」が注目を集めています。特に企業の将来を...
2018/07/18掲載

関連する記事

海外低価格製品に対抗する驚異の戦略
日本のものづくりは新時代へ
日本のものづくりは、海外の低価格製品との競争により苦境に立たされています。そんな中、希望の星と熱い注目を集めているのが、自動車用・医療用金属パイプの加工を行う武...
2018/02/22掲載編集部注目レポート
強さと優しさが増収増益の原動力
ランドセルの協和が実践する「人を大切にする経営」とは
背負いやすいランドセル「ふわりぃ」で知られる株式会社協和は、ランドセルの国内生産シェア2位で、少子化にもかかわらず10年連続で増収増益を続けています。また、社員...
2018/01/10掲載編集部注目レポート
近藤宣之さん:
24年間リストラなし。お客様満足より社員満足
会社に大切にされている実感があってこそ、社員は力を出せる(後編)
「社長は社員にとってのサーバント(召使)であれ」という、日本レーザー 代表取締役社長 近藤宣之さん。なぜ人を大切にすることが会社の利益につながるのか。経営者とし...
2017/09/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”
坂本 光司さん:“社員を“幸せ”にする企業経営のあり方とは
ベストセラー『日本でいちばん大切にしたい会社』の著者である、法政大学大学院・坂本光司教授は、企業経営とは「社員とその家族」「社外社員とその家族」「現在顧客と未来...
2013/01/28掲載キーパーソンが語る“人と組織”
注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

インディードの採用ノウハウを無料公開 高尾の森わくわくビレッジ
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...