企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『ビジネスガイド』提携

違反タイプ別に解説!
近時の最低賃金法違反にまつわる指導・トラブル事例と実務のポイント (1/4ページ)

特定社会保険労務士 角森 洋子

2015/3/26

1 最低賃金監督と違反によるリスク

(1)最低賃金監督の実態

最低賃金には、地域別最低賃金および特定最低賃金の2種類があり、地域別最低賃金および特定最低賃金の両方が同時に適用される場合には、使用者は高いほうの最低賃金額以上の賃金を支払わなければなりません。

毎年の「地方労働行政の重点施策」には、必ず「最低賃金の履行確保上問題があると考えられる地域、業種等を重点とした監督指導等を行う」として、最低賃金の履行確保が監督指導の重点とされていない年はありません。表は、2010年から2012年までの定期監督における最低賃金法4条違反業種別件数(100件以上の業種)ですが、毎年の違反件数は3,000件前後となっています。

労働者の申告により臨検監督が行われることもありますが、2012年には最低賃金を主要事項とした申告は3,009件あり、そのうち実際に最低賃金法違反のあったものは1,459件となっています。

■最低賃金法4条違反業種別件数
産 業201020112012
食料品製造業 234 360 296
衣服・その他の繊維製品製造業 205 175 120
電気機械器具製造業 96 113 81
その他の製造業 133 203 153
道路旅客運送業 214 179 122
卸売業 103 108 88
小売業 382 555 433
社会福祉施設 211 245 232
旅館業 115 117 90
飲食店 138 214 157
総数 2,778 3,393 2,744
(資料出所:平成22、23、24年労働基準監督年報)

(2)最低賃金法違反が発覚した場合のリスク

ア 是正勧告と遡及払い
最低賃金法4条違反が定期監督で発覚した場合には、少なくとも3カ月遡及して最低賃金との差額を労働者に支払うように指導が行われています。申告監督で発覚した場合は、最大2年間遡及して支払わなければならないということも考えられます。

photo

イ 司法処分
「法違反を繰り返す」「あえて最低賃金額を支払わない」あるいは、「『是正した』と虚偽の報告をする」などの悪質な場合に、司法処分(送検)されます。罰則は2つあり、[1]地域別最低賃金額以上の賃金額を支払わない場合には50万円以下の罰金(最低賃金法40条)、[2]特定最低賃金が適用される場合で特定最低賃金額以上の賃金を支払わない場合には30万円以下の罰金(労働基準法120条)が、それぞれ定められています。

賃金をまったく支払っていない等の場合には、労働基準法24条違反と最低賃金法4条違反に該当しますが、両者は法条競合関係ということになり、特別法に当たる最低賃金法4条違反の1罪のみが成立することとなります。

実際には、賃金の一部が支払い済みのケースもありますので、次のように区分されます(愛知県労働局ホームページより)。

[1] 賃金の全額が未払いの場合(まったく支払われていない場合)
および
[2] 一部支払われた賃金があり、その支払済み額が地域別最低賃金額に満たない場合
➡最低賃金法4条違反
[3] 一部支払われた賃金があり、その支払済み額が地域別最低賃金額以上である場合
➡労働基準法24条違反
違反事例
名古屋西労働基準監督署は、最低賃金法違反の疑いで婦人服製造業「八木五縫製」と同社の男性専務(54)を書類送検した。容疑は、知的障害のある女性社員8人の2・3月分の賃金から「教材費」名目にて月1万5,000円を天引きし、愛知県の最低賃金額に相当する約131万円を支払わなかった疑い。専務は調べに対し「教材費は不良品の生産で被った損害額だった」と供述している。労基署によると、専務は実際の損害額を計算していなかったという。
(2014年9月26日MNS産経ニュース参照)


次のページ
減額特例許可制度
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事・労務関連コラムのバックナンバー

悪質クレームに対応する従業員ケアの必要性と対策
年々増加する不当クレーム・悪質クレーマーから従業員を守るにはどうしたらいいのでしょうか。ここでは、クレーム対応の考え方や、体制整備の進め方について解説します。
2020/01/17掲載
五輪、災害対策で需要急増!ボランティア休暇制度 導入の手順と留意点
多発する災害や五輪でのボランティア需要などから、ボランティア休暇制度の導入を検討する企業の増加が見込まれます。今回は、ボランティア休暇制度を導入する場合の手順と...
2019/11/22掲載
外国人労働者が関係する労組トラブル対応最前線
相次ぐ外国人技能実習生の失踪などから、長時間労働や過重労働をめぐって紛争につながるケースが多発しています。外国人労働者が関係する労使トラブルの最新事例と、具体的...
2019/09/05掲載

関連する記事

最低賃金の改定で平均時給は上がる?
~平成27年度 地域別最低賃金改定による パート・アルバイトの募集時平均時給への影響について~
平成27年度の改定も大幅な引き上げとなった地域別最低賃金。特に小売、飲食業などパート・アルバイトを多く雇用する業態では、最低賃金額に合わせて1円単位で時給額を調...
2016/10/27掲載新卒・パート/アルバイト調査
アルバイト・パート採用の「法的留意点」
法律上の労使関係でいえば、アルバイト・パートと正社員は全く変わらない。トラブルを事前に防ぐ適正・かつきめ細やかな人事労務管理のポイントとは?
2016/07/29掲載よくわかる講座
パートの時給、3割は最低賃金?
最近、募集時の時給がやけに中途半端な求人広告が目につくと思ったことはありませんか? 実はこの時給額、それぞれ869円→東京都、868円→神奈川県、819円→大阪...
2014/12/10掲載新卒・パート/アルバイト調査
先送りされてきた雇用の問題とは?「労働ビッグバン時代」における人事・賃金の課題
「雇用ルール改革6法」の動向等を踏まえながら、これからの雇用や賃金の問題について、まとめています。
2008/03/03掲載人事・労務関連コラム
【用語解説 人事キーワード】
ギグ・エコノミー
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

職員の皆さまに、資産形成の研修を

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...