企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】テレワークマネージャー テレワークマネージャー

「テレワークマネージャー」とは、総務省が主導する「テレワークマネージャー相談事業」において、テレワークの導入を検討している企業・団体などに、アドバイスや情報提供を行う専門家のこと。テレワークの導入コンサルティング実績を持つ人材を総務省がテレワークマネージャーとして認定したもので、支援を必要とする企業や団体と無料でマッチングする仕組みです。

テレワークマネージャーのケーススタディ

テレワーク導入に向けた課題を
テレワークマネージャーが無料でコンサルティング

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によって、ビジネスシーンにも「ニューノーマル」が浸透し始めています。カルビー株式会社は2020年7月、テレワークを原則とした勤務体制を無期限で延長、業務に支障がなければ単身赴任も解除するなどを柱とした新しい働き方「Calbee New Workstyle」を開始しました。

ヤフー株式会社も、2020年10月からテレワークの回数制限などを撤廃した新しい働き方へ移行すると発表しています。東京都の調査によると、都内企業(従業員30人以上)のテレワーク導入率は、2020年4月時点での62.7%、テレワークを実施した社員は約半数の49.1%でした。どちらも新型コロナウイルス感染症対策の一環で数値が上昇しており、テレワークを働き方の基本の一つとする動きが、今後も活発になっていくことが予想されます。

しかし、企業や団体によっては、テレワーク導入に向けた知見を持つ人材が社内にいない場合も少なくありません。また、導入にあたっては、セキュリティー、勤怠労務管理、人事評価、インナーコミュニケーションなど、乗り越えなければならないさまざまな課題があります。

こうした課題を支援する役割として、登場したのがテレワークマネージャーです。ITコーディネーターや社会保険労務士などを中心に、テレワーク導入のコンサルティング実績を持つ人材が派遣され、テレワークに適したICT機器やシステム、勤怠労務管理などを無料で相談することができます(コンサルティング費用は無料、通信料は利用者負担)。

新型コロナウイルス感染症対策のため、2020年7月時点でWeb会議および電話による支援が行われており、当面は支援回数や1回あたりの支援時間の上限なく実施されています。また、現地派遣も8月3日から再開する予定となっています。

・参考

総務省令和2年度 テレワークマネージャー相談事業

東京都によるテレワークの導入に関する緊急調査結果

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

まだらテレワーク
「まだらテレワーク」とは、職場でテレワーカーと出社者が混在している状態をいいます。2020年5月に新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言が解除された後、職場によってはテレワークを続ける人と職場に戻る人とが混在するようになりました。個人の価値観を尊重しての戦略的な「まだら」であればまだしも、会社からの...
ふるさとテレワーク
「ふるさとテレワーク」とは、都市部に拠点を置く企業が、地方に人材や仕事を移して行うテレワークのことで、地方の移転先や委託先で都市部にいるのと変わらない働き方を実現する取り組みをいいます。地方に整備したサテライトオフィスやテレワークセンター、個人宅などで働くことを前提として、都市部の人材を地方へ長期派...
テレワーク
働き方改革が推進されるなか、時間と場所にとらわれない多様な働き方を実現する「テレワーク」の導入を検討する企業が増えています。新たな労働力の確保や優れた人材を獲得しやすいなどの理由から、その活用方法にも注目が集まっています。

関連する記事

9月のテレワーク関連ニュース記事まとめ
新型コロナウイルス感染症の影響で、多くの企業がテレワークを導入し、定着の動きを見せています。ここでは、『日本の人事部』で2020年9月に掲載した、テレワークに関するニュースをまとめてご紹介します。
2020/10/15掲載編集部注目レポート
【解説】働き方改革で導入が進む?「テレワーク」ガイドラインの変更点と実務対応
2017年度、厚生労働省が開催した「柔軟な働き方に関する検討会」で取り上げられた「テレワークガイドライン」(正式には「情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な導入及び実施のためのガイドライン(案)」)についてご説明します。
2018/07/11掲載人事・労務関連コラム
「働き方改革」推進に向けての実務(4)テレワーク
注目が高まっている「テレワーク」がもたらす様々なメリットについて、具体的な実務と留意点をまとめた。
2017/03/31掲載よくわかる講座

関連するQ&A

テレワーク時の執務環境の確認について
現在テレワーク制度が無いものの、一時的にテレワークを実施しており、正式な規程を作成中でございます。勤務場所につきましては、サテライトオフィス契約が無い為、自宅・自宅に準ずる場所を原則とする予定です。 そこで、安全衛生の観点から以下の項目を記載しようとしております。 「会社は、テレワーク勤務者の安全衛...
テレワーク(在宅勤務等)について
いつもお世話になっております。 弊社においてテレワーク制度の導入プロジェクトが発足しました。 在宅勤務に限らず、サテライトオフィス勤務、フリーアドレス等様々な制度を検討しようと思っております。 導入目的の順位としては①多様な働き方による生産性向上②ワークライフバランスです。 そこで今回、現場の...
テレワーク時勤務時間の規則について
テレワークを導入することになり、始業・就業時間を変更することになりました。 現状、休憩時間を除き1日8時間 始業10時 就業19時で固定ですが、 テレワーク時は5時から22時の間で1日8時間勤務。コアタイムなし。深夜勤務・休日勤務は基本禁止し、所属長の許可制にする予定です。 その場合、就業規則をどの...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事トレンド ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...