企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 
人事サービス人事労務・管理2020/03/02

新型コロナウイルスの影響でフレックスタイム制・リモートワークを導入した企業をアンケート!通常通りの勤務は約82%!

新型コロナウイルスの拡大により、各種イベントの中止など、企業は対応に追われています。リモートワークやフレックスタイム制を導入している企業も増えており、実施を検討している企業や担当者の方も多いでしょう。

そこでこの度、転職サイト比較Plus(https://tenshoku-plus.com/では、22歳~59歳のサラリーマンの方を対象に、今回の新型コロナウイルスがきっかけで、リモートワーク・フレックスタイム制は導入されたのか、アンケートを実施しました。

 

<アンケートについて>

【アンケート内容】新型コロナウイルスによるリモートワーク・フレックスタイム制の実施状況
【調査期間】2020年02月28日~03月2日
【調査対象】22歳~59歳の会社員男女1183人(内訳 男性718人 女性465人)

<調査結果の概要>

  • 新型コロナウイルス拡大後も通常通り勤務が82.2%
  • 今回を機に新しく制度が導入されたのが7.8%


会社員の男女1183人に、新型コロナウイルスによって、勤務体制に影響があるか質問したところ、約82%の人が通常通り勤務していると回答しました。

ITやWEB業界ではリモートワークやフレックスタイム制を導入しやすいですが、製造業や接客業など、人が必要な企業では、通常通り勤務している割合は多いようです。

しかし今回がきっかけで、フレックスタイム制が導入されたのが4.6%、リモートワークが導入されたのが3.2%と、影響は少なくないことが分かります。

また以前からいずれかの制度を導入している企業が6.6%と、柔軟な働き方が広がりつつあることが分かります。

 

会社名:東晶貿易株式会社
代表者:代表取締役 大泉 弘晶
所在地:東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー43F
TEL:03-5775-5597
ホームページ:https://www.tosho-trading.co.jp/

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(東晶貿易株式会社/ 3月2日発表・同社プレスリリースより転載)


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
人事労務・管理(人事サービス)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEが選ばれる理由 従業員の自律的なキャリア開発を支援する

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


管理職1年生日記 (第1回)

管理職1年生日記 (第1回)

主人公は、首都圏に本社がある食品メーカーC社営業部第2課に勤務するA氏...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。<全講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会