企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ブラサガリシャイン ぶら下がり社員

「ぶら下がり社員」とは、いわゆる問題社員の類型の一つで、仕事や組織へのコミットが弱く、指示された用件や与えられた仕事はこなす反面、求められる以上の役割はけっして果たそうとしないタイプの社員を指します。目的意識や成長への意欲に欠け、現状維持に安住したがる傾向が強いため、会社や上司には従順ですが、自らが管理職になって責任を負うことは嫌がります。社内で昇進を目指すつもりはなく、だからといって転職するつもりもありません。仕事やキャリアに無気力なまま、会社にべったりと依存しているのでマネジメントしづらいというのが、ぶら下がり社員の特徴です。
(2015/9/29掲載)

ぶら下がり社員のケーススタディ

“辞めない。でも、頑張らない”問題社員
自分・組織・未来へのあきらめが意欲を奪う

与えられた仕事はきちんとこなし、遅刻やサボリもなく、必要なら残業さえいとわない。上司の言うことは素直に受け入れ、逆らったりしない。現在、職場に急増しているといわれる「ぶら下がり社員」は、いい加減ではなく、むしろ一見、まじめで従順な社員です。問題は、つねに受け身で言われない限り動かないこと、そして自分から仕事のハードルを上げようとしないこと。いつも7割程度の力しか使わず、リスクをとってのチャレンジや新しい提案などは全くしません。ぶら下がり社員は、他の社員に比べ成績が著しく劣るローパフォーマーや重大なミスを頻発するお荷物社員のように、会社に対して直接的な損害を及ぼすわけではないものの、人材の活用や生産性向上といった経営視点からすれば、けっして看過できる問題ではないでしょう。

ぶら下がり社員は、本来なら会社の中堅として活躍を期待されるはずの、30歳前後の社員に多いといわれます。この年代は、子どもの頃にバブル崩壊による企業社会の窮状を目の当たりにして育ち、2000年代初頭の大学卒業時には就職氷河期に直面。入社後は強引な成果主義の導入によって人間関係が希薄化した職場の中で過ごすこととなりました。そしてリーマン・ショックで、異業種へ移るのなら30才までとされる転職の機会まで奪われてしまったのです。当時、世間では「大卒者の3割が3年以内に辞める」と言われ始めていましたが、この年代の多くは、結果的に辞めませんでした。

「辞めません。でも、頑張りません」――ぶら下がり社員の心理を端的に表現した言葉で話題を呼んだ『「新・ぶら下がり社員」症候群』の著者である、株式会社シェイク代表の吉田実氏によると、ぶら下がり社員化する原因には、(1)自分に対するあきらめ(自分にはどうせ無理、いまのままで十分)、(2)組織に対するあきらめ(うちの会社や部署は変わらない、頑張っても給料は上がらない)、(3)未来に対するあきらめ(時代が悪い、夢なんて持てない)の、三つのあきらめが介在し、こうしたあきらめが過剰なまでに保守的な思考を生み、若者のチャレンジ精神を蝕んでいると指摘しています。

最近では企業が仕事と育児の両立支援に取り組んだ結果、その“副作用”として、せっかく職場復帰を果たしたワーキングマザーがぶら下がり社員化してしまうといった問題も起こっています。子育て中の女性は、責任やリスクを伴わない代わりにやりがいも乏しい仕事を回されがち。それが企業や上司の配慮であっても、復職した本人にとっては意欲を削がれ、上述のあきらめに支配されるきっかけになりかねません。そうした過剰な配慮に甘んじているうちに自身の成長も見込めなくなり、ぶら下がり社員になってしまうというわけです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ボスマネジメント
「ボスマネジメント」とは、ボスをマネジメントすること、つまり組織における一般的なマネジメントの概念とは逆に、部下が仕事の目的を達成するために上司を動かす、という考え方を表す言葉です。部下が上司に対し能動的かつ戦略的に働き掛けることで、自らが仕事を進めやすいように上司をうまくコントロールしたり、相手か...
キャリアデザイン
「キャリアデザイン」とは、自分の職業人生を自らの手で主体的に構想・設計=デザインすることです。自分の経験やスキル、性格、ライフスタイルなどを考慮した上で、実際の労働市場の状況なども勘案しながら、仕事を通じて実現したい将来像やそれに近づくプロセスを明確にすることが、キャリアデザインの要諦です。
インポスター症候群
「インポスター症候群」(シンドローム)とは、何かを達成しても成功を自分の力によるものだとは考えられず、ただ運がよかっただけだと思い込んでしまう、自己評価が異常に低い心理状態のことです。インポスターとは詐欺師の意で、「詐欺師症候群」とも呼ばれます。仕事や社会で経験、実績を重ねてきたにもかかわらず、自分...

関連する記事

【生活型、付合い型、独りよがり型、抱え込み型…etc 】 “タイプ別”残業時間削減のテクニックとその進め方
残業を削減するには、まずは社員の働き方を検証、見直し、恒常型残業を削減することから始めなければなりません。本記事では、日本能率協会総合研究所の広田 薫氏が「残業削減に向けた基本的な考え方」や「残業の九つのタイプ-その傾向と対策」など、具体的な事例を挙げながら、...
2013/11/18掲載人事・労務関連コラム
ビジネスパーソン800人調査「仕事力」があると思う企業、有名人は――?
ビジネスパーソンが「仕事力がある」と思う企業のトップはトヨタ自動車。次いで2位ユニクロ、3位パナソニック、4位ソニー、5位ソフトバンクという結果となりました。
2010/12/13掲載人事・労務実態調査
転職と人脈
「外資系企業」という言葉から受ける印象の一つに「人間関係がさっぱりしている」というものがある。つきあい残業がないとか、仕事帰りに飲みに行ったりしない、といったイメージだ。しかし、実際には各部署のマネジャーが採用権限を持っているなど、上司と部下の関係が非常に密な...
2015/06/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

請負で仕事をしてもらっている一人親方を短期雇用する
一人親方で、普段当社の仕事を、請負で仕事をしてもらったり 1日¥25000で仕事をしてもらったりしています、 この人は,他社のからも請け負って仕事をしています。 この人と、週2日、20時間の労務契約を結んで、社会保険に入れることはできるでしょうか、又その時に請負で仕事を頼めるでしょうか、よろしくお願...
入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
朝の残業について
朝の始業前に、遅刻防止の為に早く出社していますが、その時間は仕事をしています。 本人は、遅刻をしない為に、早く来ているので残業は付けないと言っています。 夜の残業を世の中では、騒いでいますが、朝残業はどうなのでしょうか。 1時間以内なので、スキル評価をしてあげれば、問題ないのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


採用の進化を担う リクルートのRPO<br />
経営戦略に貢献する採用活動を実現

採用の進化を担う リクルートのRPO
経営戦略に貢献する採用活動を実現

リクルートキャリアでは、2011年から新しい価値――「採用の最適化」を...