【ヨミ】ゴチョウ 互聴

「互聴(ごちょう)」とは、文字通り「互いに聴き合う」こと。どちらか一方が話し役・聞き役になるのではなく、上司が部下の話を傾聴すると同時に、部下も上司の話を傾聴する、互いに絶えず理解し合いながらコミュニケーションを行うことをいいます。あらゆる組織で人事評価面談やキャリア面談などが行われ、近年は1on1の導入が進むなど対話の機会が増えるにつれ、効果的に聴くことが求められています。

互聴のケーススタディ

「聴く」はスキル。
悩みを打ち明けたくなる上司像とは

テレワークが働き方の一つのスタイルとして定着しましたが、チーム内のコミュニケーションは従来のままでよいのでしょうか。ZoomやSlackなど、新しいツールを導入する企業も増えていますが、コミュニケーションの取り方は以前のままというケースもあるでしょう。

直接、顔を合わせる機会が減ったことで、職場の人間関係が希薄になったり、組織文化が醸成しにくくなったりするなど、濃いつながりが失われつつある現在。自由かつ自然発生的に集まった「インフォーマル・グループが存在している組織ほど生産性が高いという研究結果もあるように、職場の一体感を高めて組織を活性化させるには、メンバー同士が心を通わせることが必要です。

コミュニケーションには、主に三つの要素があります。情報共有、意思の共有(意思疎通)、そして気持ち・感情の共有(共感)です。互聴の重要性について唱える、臨床心理士でキャリアカウンセラーの宮城まり子氏は、上司が部下の心をつかむには、三つ目の「共感」が特に大切だとしています。「なおそうとするな、わかろうとせよ」という言葉を掲げ、事実の共有だけでなく、どんな気持ちか、これからどうしたいかを共有し合うことで、深い対話ができる素地ができると言います。

「聴く」力を身に付けるには、どうしたらいいのでしょうか。宮城氏は具体的な傾聴のコツについて、次のような聞き方を勧めます。面談の前に十分な準備を行うこと、何のための面談なのか目的を明確化すること、部下に温かい視線を向け、相槌を打ちながら聴くこと、要点をまとめて返すこと、効果的な質問をすること、部下自身に考えさせること、終了後に記録を残すことなど。

深い信頼関係が、組織を強くします。しかし、聴く力を育むことは簡単なことではなく、個人の心掛け一つでは不十分なことも。例えば、聴くスキルをマネジャーの評価項目の一つにするなどして、会社を挙げて互聴に取り組んでいくことが大切です。

・関連記事
「互聴」によるコミュニケーションが面談の質を向上させる

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード