企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ゴチョウ 互聴

「互聴(ごちょう)」とは、文字通り「互いに聴き合う」こと。どちらか一方が話し役・聞き役になるのではなく、上司が部下の話を傾聴すると同時に、部下も上司の話を傾聴する、互いに絶えず理解し合いながらコミュニケーションを行うことをいいます。あらゆる組織で人事評価面談やキャリア面談などが行われ、近年は1on1の導入が進むなど対話の機会が増えるにつれ、効果的に聴くことが求められています。

互聴のケーススタディ

「聴く」はスキル。
悩みを打ち明けたくなる上司像とは

テレワークが働き方の一つのスタイルとして定着しましたが、チーム内のコミュニケーションは従来のままでよいのでしょうか。ZoomやSlackなど、新しいツールを導入する企業も増えていますが、コミュニケーションの取り方は以前のままというケースもあるでしょう。

直接、顔を合わせる機会が減ったことで、職場の人間関係が希薄になったり、組織文化が醸成しにくくなったりするなど、濃いつながりが失われつつある現在。自由かつ自然発生的に集まった「インフォーマル・グループが存在している組織ほど生産性が高いという研究結果もあるように、職場の一体感を高めて組織を活性化させるには、メンバー同士が心を通わせることが必要です。

コミュニケーションには、主に三つの要素があります。情報共有、意思の共有(意思疎通)、そして気持ち・感情の共有(共感)です。互聴の重要性について唱える、臨床心理士でキャリアカウンセラーの宮城まり子氏は、上司が部下の心をつかむには、三つ目の「共感」が特に大切だとしています。「なおそうとするな、わかろうとせよ」という言葉を掲げ、事実の共有だけでなく、どんな気持ちか、これからどうしたいかを共有し合うことで、深い対話ができる素地ができると言います。

「聴く」力を身に付けるには、どうしたらいいのでしょうか。宮城氏は具体的な傾聴のコツについて、次のような聞き方を勧めます。面談の前に十分な準備を行うこと、何のための面談なのか目的を明確化すること、部下に温かい視線を向け、相槌を打ちながら聴くこと、要点をまとめて返すこと、効果的な質問をすること、部下自身に考えさせること、終了後に記録を残すことなど。

深い信頼関係が、組織を強くします。しかし、聴く力を育むことは簡単なことではなく、個人の心掛け一つでは不十分なことも。例えば、聴くスキルをマネジャーの評価項目の一つにするなどして、会社を挙げて互聴に取り組んでいくことが大切です。

・関連記事
「互聴」によるコミュニケーションが面談の質を向上させる

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

傾聴
耳を傾けて聴くと書く「傾聴」(けいちょう)。心理学などの分野では以前からよく聞かれる言葉でしたが、近年はビジネスの場でも重要視されるようになり、傾聴の技術を身に着けたいというビジネスパーソンが増えています。 (2012/1/16掲載)
1on1
「1on1」ミーティングとは、定期的に上司と部下が1対1で話し合うことを言います。米国シリコンバレーでも“1on1 meeting”は文化として根付いており、人材育成の手法として世界的に注目を集めています。その特長は、上司が部下の成長のために時間をつかう、ということ。日本ではヤフーが取り入れたことで...
インフォーマル・グループ
「インフォーマル・グループ」とは、組織や役職といった枠組みにとらわれず、好意的感情や関心などによって自然発生的に結びついた集団のことをいいます。一方、共通の目標を持ち、それぞれの役割や責任が明確化された公式な集団は「フォーマル・グループ」といいます。最近では経営学やリーダーシップ論にも応用され、組織...

関連する記事

1. コミュニケーション研修とは
組織を機能させ、活性化していくには、コミュニケーションの量と質を向上させていかなければならない。その際、それにふさわしい方法やスキルが必要となる。コミュニケーション研修とは、このような組織内でのビジネスや仕事上におけるコミュニケーション能力の向上を目的とした研...
2012/11/29掲載よくわかる講座
~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~
近年、企業を取り巻くさまざまな環境変化により、組織内における上司と部下の関係性、何よりもコミュニケーションのあり方が大きく変わってきた。問題は、そのことに対して上司があまり“自覚的”でない点である。その結果、“想定外”のコミュニケーションギャップが発生し、マネ...
2007/08/29掲載注目の記事
2. コミュニケーションをめぐる近年の傾向
企業におけるコミュニケーションの現状と課題について、アンケート結果をもとに考察する。およそ3社に2社が、組織内コミュニケーションに課題を抱えている。その背景にある対面コミュニケーションの機会の減少についても触れる。
2012/11/29掲載よくわかる講座

関連するQ&A

面談を拒否する部下に関して
部下が上司との面談を拒んでいます。 これまで その上司が 何回か部下との面談を行おうとしてきましたが 取引先との打ち合わせが急に入ったり 業務が忙しくて時間がとれない、また突然の休み等で 何かと面談を先延ばしにされております。 面談の内容としては 本人の評価に関係することであり どのような話をさ...
目標管理制度 目標設定面談
労働組合の役員をしています。今年度より目標管理制度に移行し、目標管理面談を行っておりますが、面談者・被面談者ともに不慣れな為、まとはずれな目標を立ててしまっていると聞きます。組合側として会社側に面談者のセミナー等での教育をお願いしているのですが、組合員である被面談者に対して有効な策がありません。被面...
人事考課について
当社は現在人事考課を行っておりますが、今現在使用しているものが古く、新しく作り変えようと考えております。今は、上司が部下を評価するだけではなく、部下が上司を評価する考課システムもあるようですが、どういったものがあるのか教えていただければ幸いです。また、このような考課制度を実施するにあたってなにか注意...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事トレンド ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


信頼できる法律・書式Webデータベースで効率アップ<br />
総務法務・人事労務・経理税務の「どうすればいい?」を解消

信頼できる法律・書式Webデータベースで効率アップ
総務法務・人事労務・経理税務の「どうすればいい?」を解消

「法律ではどうなっている?」「届出・申請はどう書けばいい?」「最新の通...