企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】インフォーマル グループ インフォーマル・グループ

「インフォーマル・グループ」とは、組織や役職といった枠組みにとらわれず、好意的感情や関心などによって自然発生的に結びついた集団のことをいいます。一方、共通の目標を持ち、それぞれの役割や責任が明確化された公式な集団は「フォーマル・グループ」といいます。最近では経営学やリーダーシップ論にも応用され、組織において生産性やエンゲージメントの向上のためにインフォーマル・グループを有効活用しようという動きもあります。

インフォーマル・グループのケーススタディ

テレワークによる雑談の減少は
インフォーマル・グループにも影響を与えるか

生産性の向上にもっとも寄与する労働条件は何でしょうか。「ホーソン効果」と呼ばれる、アメリカのある企業で1924年から1932年にかけて行われた実験的研究で明らかになったのは、物理的な労働環境ではなく、仕事を他者から見られている意識や作業から生まれる仲間との連帯意識。職場の人間関係、上司や同僚への感情が生産性に強く影響することがわかりました。

新型コロナウイルス感染症の影響で世界的にテレワークの導入が進む中、インフォーマル・グループの重要性が高まっています。テレワークにより、働き方は大きく変化しました。初めて導入して「思っていたよりも仕事が成立する」と感じた人も多いでしょう。無期限でテレワークを継続することを決めた企業も現れ始めています。

一方、テレワークを働き方の基本にするかどうかに慎重な企業もあります。出社が減ったことで社員同士の雑談や交流の機会も減るなど、コミュニケーション不足になっていることが問題の一つ。そういう状況が続くことで、会社に対する帰属意識が低くなり、社員が仕事へのやる気を見いだせなってしまうことを懸念しているのです。この問題を解決する上で重要なのが、インフォーマル・グループといえます。

例えば、オンライン上で何気ないコミュニケーションをうながすために、Zoomなどのビデオ会議システムを使った雑談の時間を設けている企業もあります。同僚とのオンライン飲み会を開催した人も多いでしょう。しかし、決められた時間に決められたメンバーが集うやり方は、体裁的には会議に近く、自然発生的な雑談や偶然のアイデアは生まれにくいかもしれません。テレワークを取り入れた働き方が当たり前になるなかで、コミュニケーションやインフォーマル・グループの活性化は、組織にとっても今後も注視すべきテーマといえるでしょう。

・関連キーワード
ホーソン効果

 

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

まだらテレワーク
「まだらテレワーク」とは、職場でテレワーカーと出社者が混在している状態をいいます。2020年5月に新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言が解除された後、職場によってはテレワークを続ける人と職場に戻る人とが混在するようになりました。個人の価値観を尊重しての戦略的な「まだら」であればまだしも、会社からの...
テレワークマネージャー
「テレワークマネージャー」とは、総務省が主導する「テレワークマネージャー相談事業」において、テレワークの導入を検討している企業・団体などに、アドバイスや情報提供を行う専門家のこと。テレワークの導入コンサルティング実績を持つ人材を総務省がテレワークマネージャーとして認定したもので、支援を必要とする企業...
ふるさとテレワーク
「ふるさとテレワーク」とは、都市部に拠点を置く企業が、地方に人材や仕事を移して行うテレワークのことで、地方の移転先や委託先で都市部にいるのと変わらない働き方を実現する取り組みをいいます。地方に整備したサテライトオフィスやテレワークセンター、個人宅などで働くことを前提として、都市部の人材を地方へ長期派...

関連する記事

テレワーク経験の有無による、管理職のテレワークに関する意識比較調査(アデコ)
テレワーク経験の有無による意識の差を調査するため、2019年までにテレワーク経験がある管理職(テレワーク経験ありの管理職)300人と緊急事態宣言後に初めてテレワークを経験した管理職(テレワーク経験なしの管理職)300人を対象にアンケートを実施しました。
2020/12/14掲載HR調査・研究 厳選記事
9月のテレワーク関連ニュース記事まとめ
新型コロナウイルス感染症の影響で、多くの企業がテレワークを導入し、定着の動きを見せています。ここでは、『日本の人事部』で2020年9月に掲載した、テレワークに関するニュースをまとめてご紹介します。
2020/10/15掲載編集部注目レポート
「働き方改革」推進に向けての実務(4)テレワーク
注目が高まっている「テレワーク」がもたらす様々なメリットについて、具体的な実務と留意点をまとめた。
2017/03/31掲載よくわかる講座

関連するQ&A

テレワーク時の執務環境の確認について
現在テレワーク制度が無いものの、一時的にテレワークを実施しており、正式な規程を作成中でございます。勤務場所につきましては、サテライトオフィス契約が無い為、自宅・自宅に準ずる場所を原則とする予定です。 そこで、安全衛生の観点から以下の項目を記載しようとしております。 「会社は、テレワーク勤務者の安全衛...
テレワーク(在宅勤務等)について
いつもお世話になっております。 弊社においてテレワーク制度の導入プロジェクトが発足しました。 在宅勤務に限らず、サテライトオフィス勤務、フリーアドレス等様々な制度を検討しようと思っております。 導入目的の順位としては①多様な働き方による生産性向上②ワークライフバランスです。 そこで今回、現場の...
テレワーク時勤務時間の規則について
テレワークを導入することになり、始業・就業時間を変更することになりました。 現状、休憩時間を除き1日8時間 始業10時 就業19時で固定ですが、 テレワーク時は5時から22時の間で1日8時間勤務。コアタイムなし。深夜勤務・休日勤務は基本禁止し、所属長の許可制にする予定です。 その場合、就業規則をどの...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

会社の法律Q&A タレントパレット 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...