企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

となりの人事部人事制度掲載日:2017/06/16

Sansan株式会社:
全ての人事施策は「生産性向上」のために
~Sansanが進めるミッション・ドリブンな働き方改革とは~(前編)

Sansan株式会社 人事部 部長 大間 祐太さん

Sansan株式会社 人事部 部長 大間 祐太さん

「次は生産性向上」――先日、安倍晋三首相が、日本経済の持続的成長に向けて、働き方改革とともに、生産性向上のための改革にも一体的に着手する考えを明らかにしました。長時間労働の抑制など働き方改革を実現し、深刻な人手不足を克復するために、生産性向上は避けて通れません。個々の企業にも、既成概念にとらわれない、新たな取り組みが求められています。そこで注目されるのが、「ビジネスの出会いを資産に変え、働き方を革新する」をミッションに掲げ、「クラウド名刺管理サービス」事業を展開しているSansan株式会社。同社は、ユニークな人事制度を数多く設置・運用していることで知られますが、その制度はすべて「生産性向上」に資するものだといいます。人事面からのアプローチで、従業員の働き方や組織のあり方を変えることが生産性向上にどう寄与するのか――同社人事部長の大間祐太さんにじっくりとうかがいました。

Profile
大間 祐太さん
大間 祐太さん
Sansan株式会社 人事部 部長

おおま・ゆうた●新卒で人材系ベンチャー企業に入社し、採用コンサルティング事業の立ち上げを経験し、その後、独立。役員としてベンチャー企業の立ち上げに携わり、2010年2月にSansanへ転職。法人営業として入社し、同部署のマネジャーを務めた後、2015年1月より人事部にて副部長として採用全体を統括。その後、2016年6月より人事部 部長に就任。現在に至る。

世の中の働き方を変えるために、まず自らの働き方を変える

 まず大間さんご自身のご経歴からお聞かせください。

新卒で人材系ベンチャーに就職し、その後独立・起業を経て、2009年にSansanにジョインしたのですが、じつはそれ以前から、Sansanとは“縁”がありました。一社目の企業で、採用コンサルティング事業の立ち上げに携わったとき、自分で受注して担当したのが、Sansanの採用プロジェクトだったのです。当時のSansanは創業2年目で、初めてコストをかけて人材を採るという重要な局面。それなのに大失敗してしまいまして……。結局、一人も採用できませんでした。でも、それを機に「誰も採用できなかったんだから、大間さんに来てもらえないか?」などと、誘われるようになりました。

いずれ仲間と独立するつもりだったので、そのときは断ったのですが、「転職するならうちに来たほうがいいけど、独立するならがんばれ」と逆に励まされたり、起業してからも何かと応援してもらったり、ずっと縁が続いていました。独立して3年目、起業した会社を離れ、思い切ってSansanにお世話になろうと決めたのも、それが大きかったですね。

最初の5年間は営業で、人事に採用の責任者として移ったのは2015年から。当時の社員数は120名くらいでしたが、現在は300名とわずか2年で3倍近くに増えています。私が人事に異動したのは、採用を加速していきたいという、まさにそのタイミングでした。

採用コンサルティングの経験が買われたわけですか。

どうでしょう、前職でとして採用業務を任せてもらった際は大失敗させてしまいましたからね(笑)。ただ、結果は失敗でしたが、とにかく一生懸命、誠実に最大限の努力はしたつもりですし、Sansanに来てからもそのスタンスだけは貫いてきました。自分でいうのも何ですが、出会った当初からずっと気にかけてもらい、期待されているのはそういうところかなと。実際に働いてみて、より強くそう思うようになりました。というのも、Sansanはいい意味で、すごく“真面目な”会社なんです。

私のネームプレートの裏を見てください。当社の企業理念である「Sansanのカタチ」が記されています。たとえば、社員が追求すべき価値観として、「仕事に燃え、情熱と愛情を注ぐ」とか「逃げずにやり切る」とか「やるべきことをやる」とか、かなり真面目なことが謳われている。その理念・理想に、きちんと忠実であろうとするところがSansanという会社の特徴であり、一番の強みかもしれません。

なるほど。それは、人事施策についてもいえることでしょうか。

もちろんです。Sansanという企業は何のために存在しているのか。われわれは、あらゆる発想や問題解決の起点をそこに求めます。きわめて“ミッション・ドリブン”な会社だといえるでしょう。では、そのミッションは何かというと、「ビジネスの出会いを資産に変え、働き方を革新する」――。ただこの一点のためだけに、Sansanは存在していると、われわれはいつも確認し合っています。当社のプロダクトは名刺管理だけですが、「Sansanがあったから、世界のビジネスシーンは変わったよね」と言われるようになる。本気でそう思っているのです。

世界の働き方を変えようと思ったら、まず自分たちの働き方を変えていかなければなりません。ミッションの実現に資する働き方とは、どうあるべきか。最も重要なのは、事業成長を加速させる、つまり「生産性を上げる働き方」を追求し続けることでしょう。したがって、Sansanにおける人事施策はすべて、個人とチームの生産性を高め、事業成長を後押しするためのものでなければならないのです。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

となりの人事部のバックナンバー

株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載
キヤノン株式会社:
働き方改革から学び方改革へ
キヤノンが実践する人生100年時代に必要な「変身力」の育て方
人生100年時代に、ビジネス環境の目まぐるしい変化。今や一つのスキルだけで一生食べていける時代ではありません。技術の進歩に応じて、従業員も知識や経験を増やし続け...
2020/02/12掲載
株式会社LIFULL:
「日本一働きたい会社」から「世界最高のチーム」へ
経営理念に命を吹き込む、企業文化のつくり方
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL は、2017年3月、リンクアンドモチベーション社主催の「ベストモ...
2019/12/05掲載

関連する記事

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

東京都が運営するサテライトオフィスがOPEN

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


大和証券キャピタル・マーケッツのグローバル人材戦略

大和証券キャピタル・マーケッツのグローバル人材戦略

大和証券キャピタル・マーケッツ株式会社 経営企画部 人事課 次長 中川...