無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

“社員を“幸せ”にする企業経営のあり方とは

法政大学大学院政策創造研究科 教授

坂本 光司さん

社員を幸せにするために、人事部が取り組むべきこと

人材教育の重要性と社員の幸せとの関連について、どのようにお考えですか。

人間には、成長したいという欲求があります。その欲求を満たすためには、個人の努力が必要ですが、会社として支援することも重要です。社員を幸せにすることが会社の目的だからです。人は成長していなければ、幸せと感じることができません。個人でやるべき問題は別ですが、会社としても個人が成長できる環境を準備するべきです。

具体的には、社員教育に関してもっと費用や時間を取るべきでしょう。というのも、会社の教育訓練費用、教育訓練時間と会社の業績を調べてみると、正の相関関係があるからです。考えてみれば、これは当たり前のことです。人を教育することは、人を伸ばすということであり、能力やスキルだけでなく、人をより魅力的にすることです。これは良い商品を作るだけでなく、お客様に対して良いサービスを提供し、良い関係を構築していくことにもつながります。それが結果として、会社の業績を高めることになるのです。

社員を幸せにするために、効果的な福利厚生施策はありますか。

社員とその家族の永遠の幸せを実現するという考えにおいて、福利厚生は非常に大事な要素だと思います。本人と家族に何かあった時に保障がされている、支援の仕組みがあるというのは、とても重要なことです。本人だけでなく、家族に対しても大きな支えとなります。

坂本 光司さん Photo

特に、法定外福利厚生に対する気配りがポイントとなります。一例を挙げるなら、「メモリアルデー」。社員の誕生日にはランチを用意するなどして、職場の皆で祝ってあげます。また、その日は残業をさせないで、定時に帰ってもらいます。その際、バースデイケーキを持たせてあげるといいでしょう。さらに、社員の家族の誕生日にも、メッセージカード付きのお祝いの品を贈ってあげることです。こうしたちょっとした工夫と心配りで、会社が社員とその家族を大切にしていることを理解してもらえます。

また、社員食堂にも力を入れるといいでしょう。日本企業は生産設備にはお金をかけますが、社員食堂にはあまりお金をかけないケースが多い。しかし、忘れてならないのは、社員食堂は会社内の「憩いの場」であるということです。午前中の疲れを癒して午後の仕事に向けての鋭気を養う場であり、社員同士のコミュニケーションの場です。だからこそ、社員がくつろげるように、できるだけ良い環境を用意したいものです。会社が社員を大切にしているという想いは、モチベーションにつながります。これらのようなことからも、福利厚生には大きな意味があると思います。

社員を幸せにしていく上で、人事部門はどのようなことを心がけ、実践していけばいいのでしょうか。

人事部は組織の要となる部門です。私は、人事部の動きによって、組織としての成績が決まると思っています。なぜなら組織にとって、人ほど大切なものはないからです。

人事部は社員を管理するのではなく、伸ばしていくこと、個性を発揮させることを考えるべきです。あるいは、困っている時に助けること、そして、何よりも社員を幸せにすることを念頭に置かなければなりません。その点で、部下と直接的に対峙するライン長とは立場が異なります。

人事部により、社員は活かされもしますが、活かされなくなることもあります。だからこそ、一人ひとりの社員が幸せだと感じられるような人事施策を行ってほしいと思います。そのためにも、1年に1度は「社員満足度調査」を実施するべきです。場合によっては、嫌な結果が出てくるかもしれません。しかし、そうした「事実」をつかんでおくことが重要なのです。できれば記名にして、どんどん意見を言ってもらうことです。もし私が人事担当ならば、厳しい意見を書いた人には、詳しい説明を聞きに行きます。そして、それを組織や制度の改善・改革へと活用していくことを考えます。もし実行に移されれば、社員は大きな感動を覚えるでしょう。また、自分の意見を聞いてくれたことで、人事部に対する信頼も高まるでしょう。人事の皆さんには、社員の幸せのためにも、このような取り組みをぜひ行ってほしいと思います。

本日はお忙しい中、貴重なお話をうかがうことができました。ありがとうございました。

八木 洋介さん Photo

(取材は2012年12月21日、東京・新宿区の法政大学新見附校舎にて)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他4
オススメ4
最新順 人気順 古い順

*****さんがその他でオススメしました

2013/02/05

人をそだてることの重要性を再認識しました。

*********さんがその他でオススメしました

東京都 その他業種 2013/01/29

先生のお考えに賛成です。但しある規模以上の企業では中々難しいと思います。しかし、この基本的な考えを企業として確実に持てば、不可能はないと思います。

*****さんがその他でオススメしました

東京都 その他金融 2013/01/29

中小企業だから実践できることだという批判は、自分の未熟さを弁明しているにすぎない。大手企業だからこそ、社員第一主義が業績に大きなプラスのインパクトを与えることができる。

*****さんがその他でオススメしました

東京都 通信 2013/01/29

難しいことだが必要なことだと思う。

4件中1~4件を表示
  • 1

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

関連する記事