キーパーソンが語る“人と組織”

「男性学」が読み解く「働く男のしんどさ」とは?
働き方の変革は、企業にとっての「リスクヘッジ」 [1/4ページ]

2014/8/25

田中俊之さん

武蔵大学社会学部 助教

「男性学」という学問をご存じでしょうか。ウーマン・リブならぬメンズ・リブの運動を受けて発生した、“男性が男性だからこそ抱える問題”を研究する最先端のジェンダー論です。「働き過ぎはその典型。日本では“男”であることと“働く”ということとの結びつきがあまりにも強すぎます」と警鐘を鳴らすのが、この分野の第一人者である武蔵大学の田中俊之助教。折しも企業社会では「女性活躍推進」が喧伝されていますが、女性が変わるためには、男性の生き方や働き方も変えなければなりません。しかしそれがなかなか難しい。なぜ男性は変われないのか。変わるには何が必要か。田中先生にじっくりとうかがいました。

Profile
たなか・としゆき/武蔵大学社会学部助教、博士(社会学)。専門は男性学・キャリア教育論。単著に『男性学の新展開』(青弓社)、共著に『大学生と語る性』(晃洋書房)、『ソシオロジカル・スタディーズ』(世界思想社)、『揺らぐ性・変わる医療』(明石書店)などがある。

“フルタイムで働いてこそイクメン”という不条理

―― 田中先生が研究していらっしゃる「男性学」は、どのようなきっかけで生まれた学問なのでしょうか。歴史的な背景や経緯からお聞かせください。

日本では1970年代に男女の不平等に対する異議申し立てとしてウーマン・リブ運動が起こり、その流れからまずwomen’s studiesという学問が「女性学」と訳されて紹介されました。これは要するに、“女性が女性であるがゆえに抱える問題”を扱う学問です。仕事との関連でいえば、なぜ女性は家事や育児の責任を全部押し付けられて、外で働きたくても働き続けることができないのか、という不平等がその典型ですね。

では逆に、男性はなぜ働きたくなくても働き続けないといけないのでしょう? そういう問題意識も当然出てきます。実際、60歳以上まで働き続けるのは大変なことです。しかし、男性は家庭を持つと、なぜか一家の大黒柱と言われて、家計の責任がすべて集中する。子どもの教育費も、家のローンも自分一人にかかっているかと思うと、いくら仕事がつらくても、辞めるという選択はありえません。そうして働き過ぎてしまうんです。なぜそうなのか。もっといえば、仕事に限らず、なぜ男性は強くなければならないのか。弱音を吐いてはいけないのか。こうした「男性が男性であるがゆえに抱える問題」を扱うのがMen’s studies、「男性学」です。女性学に影響されて、 90年代に生まれました。

―― かなり新しい学問領域なんですね。

まだまだマイナーです。実はウーマン・リブの男性版で、メンズ・リブというのも90年代にはありました。メディアにも取り上げられました。ちょうど80年代後半から90年代にかけては過労死の問題が出てきた時期でもあったので、男も仕事一辺倒の生き方を見直そうという主張が世間の耳目をひきやすく、議論が盛り上がりかけたんです。ところがバブル崩壊以降、景気悪化が進むと風向きが変わり、「非正規や無職も多いのに正社員で職があるだけいいだろう」といった空気が強まっていきました。働き方の見直しなんて、何たわごとを言っているんだと言われ、メンズ・リブもあっけなく終息してしまったんです。

田中俊之さん Photo

本来ならもっと早く、高度経済成長が止まり、オイルショックを機に低成長が続いた段階で気づくべきだったと思うんですけどね。男性一人がフルタイム労働に従事していれば、社会も家庭もうまく回るという「男性稼ぎ手モデル」は、もう限界なのでは、と。でも、そこへバブル景気が到来して、従来のモデルでまだまだ行けるという勘違いを生んでしまいました。

―― 男性学をめぐる状況は、景気に左右されやすいということですか。

それは否めません。男性の働き方を抜本的に見直そうという男性学の提案は正直なところ、普及しづらいんです。景気が良くなればそんな必要はないといわれ、不景気になるとそんなことをしている場合ではないと言われるんですから。僕たちの提起している問題は本来、経済成長とは別個の話なのに、それがからむと、問題が問題として社会からまともに認識されなくなってしまう。男性学がマイナーな学問に留まっているのは、決して生まれて日が浅いからだけではないんです。

―― とはいえ、「イクメン」や「ワークライフバランス」といった言葉はずいぶん浸透してきました。男性の意識にも変化が見られるのでは。

もちろん男性の仕事や家庭に対する価値観は、若い世代を中心に、この数十年間で急激に変化し多様化しました。仕事中心の人生を送るつもりはなく、あえて非正規や主夫を選ぶ男性も現れています。問題は、それが社会に認められ、受け入れられるかどうか。男性学の関心もそこにあります。「イクメン」という言葉の使われ方をみると、すごくわかりやすくて、世間で言うイクメンは外で働いていることが大前提でしょう。フルタイムの仕事に従事し、かつ育児もこなす男性こそが“本物の”イクメンであって、仕事を辞めて育児に専念する主夫は許されない。「奥さんがかわいそう」と後ろ指をさされることはあっても、褒められることはありません。

日本の社会で男性が働いていないというと、それだけで大問題ですよね。ニートが注目されたのも、“働いていない男性があんなにいるのか”という点に話題性があったから。要するに日本では、“男性である”ことと、“働く”ということとの結びつきが強すぎるんです。それでいて給料はもう、昔のようにどんどん上がるわけではない。男性一人の稼ぎで家計を支えるのはかなり難しくなっています。そうした矛盾の中で、男性として生きることにしんどさを感じている人は少なくないでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

  • 1

2件中 12件を表示

1. *****さん 通信 東京都
男性学、初めて知りました。
確かに、この学問の考え方を広めようとするとまず既存の識者や経済論者に止められることになってしまいますねf(--;)
広めるむずかしさ、しかしながら、確実に社会に横たわっているこの問題を意識することが出来ました。
いいコラムだと思います。ありがとうございました。
2. コウイチサンさん 住宅・インテリア 静岡県
既成概念に囚われて自分自身の考えに基づく行動ができないのは、勇気がないからだと思います。社会において生きるということはどういうことかをもっと考えていかなくてはいけないと思う。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

井上智洋さん:
AIが雇用を変え、働き方を変え、社会を変える
“全人口の1割しか働かない未来”の幸福論とは(後編)
「いまから30年後には、全人口の1割ほどしか働いていない社会になる」――AIの最先端に精通する駒澤大学准教授の井上智洋先生が描く未来図は衝撃的です。人手不足が深...
2017/07/14掲載
井上智洋さん:
AIが雇用を変え、働き方を変え、社会を変える
“全人口の1割しか働かない未来”の幸福論とは(前編)
21世紀は「人工知能(Artificial Intelligence,AI)の世紀」になると言われています。「2030年頃には、人間並みにさまざまな知的課題をこ...
2017/07/07掲載
奥田浩美さん:
「共感」「共創」の時代
社員が戦略的・創造的な働き方をするために人事は何をすべきか(後編)
自分の仕事を通して、社会に何かを創造したい――。その想いを叶えるために、さまざまなプロジェクトを動かしている奥田浩美さん。起業家支援にも携わる奥田さんですが「全...
2017/06/26掲載
2019年度 新卒採用特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること

注目コンテンツ


2019年度 新卒採用特集

激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


変わる、就職・採用!大量に集めて大量に落とすモデルの限界

変わる、就職・採用!大量に集めて大量に落とすモデルの限界

「厳選企業と優秀学生をつなぐスカウト型のエージェントサービス」IROO...