無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

HRペディア 最終更新日:2023/01/31

ミッションの浸透方法

『人事白書2021』によると、ミッション、ビジョンを「明確化できている」企業の24.3%が、「従業員に浸透していない」と回答しています。実に4社に1社がミッションの浸透状況に課題を感じており、社内全体に行き渡らせるのは簡単ではないことがわかります。ミッションを浸透させるために、どのような方法が考えられるでしょうか。

経営陣・管理職が繰り返し発信し続ける

トップからミッションの重要性を発信することは極めて重要です。トップが心からミッションの価値を信じ、従業員に伝えることではじめて、従業員もその思いを共有することができます。従業員がミッションを身近に感じられるよう、朝礼などの社内イベント、社内報、メール、社内ポータルサイトなどを通じて、一度きりの発信ではなく、継続的に発信していかなければなりません

社内で価値観の共有を進めてくれるキーパーソンの選定もポイントです。現場に影響力のある管理職の中から、特にミッションへの共感が強く社内の課題に敏感な人を選び、旗振り役にすることで、浸透の速度と速めることができます。

行動規範を策定し、認識を揃える

ミッションを実際の日常業務に落とし込むことで、従業員により深い理解を促すことができます。企業によって行動規範やバリュー、クレドなど呼び方は異なりますが、従業員一人ひとりが意識しなくても規範に沿った行動が取れるようになった段階ではじめて、「ミッションが浸透している」と言うことができます。

ミッションを評価項目に反映し、実現者を称える

ミッションに沿った行動をしている従業員に高い評価を与えるなど、ミッションにひもづいた評価制度を策定するのが効果的です。どのくらい行動に移せているかを定量的に評価することで、従業員自身に「達成するためにはどうすればいいか」を考えさせ、自律的に行動させることができます。まずはトップや管理職から実践することで、従業員にも浸透させやすくなります。

評価する際には、上司からの一方的な査定で終わるのではなく、部下自身に自己評価を行わせたり、上司からのフィードバックを行ったりするとよいでしょう。客観的な振り返りや自分の課題を知ることが可能になり、新たな目標につなげやすくなります。ただし、急に新しい評価制度を導入すると、ミッション策定に関わってこなかった従業員を中心に反発が出る恐れがあります。ミッションや行動規範を自分ごと化させるための研修やワークショップの実施、高い評価を得た従業員の表彰制度などで全従業員の意欲を高める必要があります。

定期的な浸透度調査を実施し、人事施策に盛り込む

ミッションの発信から従業員までの評価を一通り終えたら、従業員にアンケートを実施し、社内での浸透度を調査します。浸透していなければ、取り組みがまだ不十分だと言えます。発信や研修、評価制度などの施策を再考する必要もあるでしょう。一度の調査で浸透が確認でき、狙い通りの結果が得られているとしても、人材の入れ替わりや会社のステージの変化によって調査結果は変わるため、定期的な実施が求められます。

ミッションの浸透方法まとめ
ミッションの浸透方法まとめ

「ミッション」について深く知る記事一覧

企画・編集:『日本の人事部』編集部

HRペディア「人事辞典」

HRペディア「人事辞典」

? このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します
フォロー

無料会員登録

フォローすると、対象ジャンルの新着記事が掲載された際に通知します。
利用には『日本の人事部』への会員登録が必要です。

メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

用語の基本的な意味、具体的な業務に関する解説や事例などが豊富に掲載されています。掲載用語数は1,100以上、毎月新しい用語を掲載。基礎知識の習得に、課題解決のヒントに、すべてのビジネスパーソンをサポートする人事辞典です。

この記事を既読にする

無料会員登録

「既読機能」のご利用には『日本の人事部』会員への登録が必要です。
メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

関連する記事

「ミッションの浸透方法」に関する書式・テンプレート