無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

HRペディア 最終更新日:2023/01/31

ビジネスにおけるミッションの考え方

ミッションを作ることによるメリットを得るためには、まず優れたミッションを作る必要があります。また、ミッションを浸透させるための「ミッション・ステートメント」を作成することが効果的です。

ミッションを考える上での条件

ドラッカーは、著書『Managing the Nonprofit Organization(邦題:非営利組織の経営)』の中で、優れたミッションの条件として三つの要素を提示しています。

ドラッカーによる優れたミッションの3要素

  1. 社会のニーズ
    機会は何か、ニーズは何か
  2. 自社の強み
    それはわれわれ向きの機会か。われわれは卓越しているか、強みに合っているか
  3. 組織への浸透
    心底価値を感じているか

営利組織であっても必要な要素は変わりません。ドラッカーは「これら三つの要素を折り込まなければ、目標は達成されず、いかなる成果も得られないことになる」と述べています。

社会のニーズ

機会は何か、ニーズは何か

組織として取り組みたいことがあっても、社会から望まれていなければそもそも事業として成立しません。人々が苦しんでいることや不便に感じていることを解消するといった観点が必要です。そうして発見したニーズに対して、自社が提供できる価値をミッションとして掲げる必要があります。

ニーズのイメージ

自社の強み

それはわれわれ向きの機会か。われわれは卓越しているか、強みに合っているか

社会にはさまざまな課題があり、解決方法も多岐にわたります。重要なのは、発見したニーズに対して自社が持っている強みや特性を生かしてアプローチすることです。ニーズと強みが合致し、社会に対してよりよい結果をもたらすことができると自信を持てるものこそ、会社が掲げるミッションにふさわしいと言えます。

強みにあっているのイメージ

組織への浸透

心底価値を感じているか

多くのミッションは「社会課題の解決」を目指すものであり、そう簡単に実現できるものではありません。事業のすべてが成功するとは限らず、ときには撤退を余儀なくされることもあります。そのようなときには、「会社が掲げたミッションの達成を信じられるか」が従業員を動かす大きなモチベーションとなります。ミッションを達成することで社会はどう変わるのか、個人にどのような影響を与えられるのかを従業員に理解させ、浸透を図ることが重要です。また、自社が掲げるミッションに本当に価値があるのか、定期的に検証を行うことも求められます。

従業員に浸透のイメージ

ミッションステートメントとは

ミッションに掲げた抽象的なメッセージを具体化し、実際の行動に向けた指針・方針として具体的に明文化したものが「ミッションステートメント(Mission statement)」です。不確定要素がある中でも、一貫した判断軸の下に意思決定することができるようになります。企業によっては「社是」や「社訓」と呼ばれるケースもあります。

ミッションステートメントは、ミッションを常に従業員に意識させ、実現に導くために重要な役割を果たします。もともとは従業員向けにつくられるものでしたが、他社との差別化や株主へのアピールなど、社外へのPRツールとしても活用されるようになっています。

ミッションステートメントの作成方法

元・立教大学 経営学部教授の並木伸晃さんによると、ミッションステートメントには多くの場合、下記にあげる九つのトピックが含まれています。

ミッションステートメントに含まれる9つのトピック

  1. ビジネス・ゴール
  2. 国際化
  3. ビジネス・定義
  4. 製品定義
  5. 市場定義
  6. 技術
  7. 独自技術
  8. 新製品
  9. ファイナンス・ゴール

これらを盛り込むことを前提に、具体的な作成方法について紹介していきます。

チームの編成

ミッションステートメントはすべての従業員に納得感を持ってもらう必要があります。人数の少ない創業段階では創業者の思いを明文化することもありますが、経営陣だけでなく、多様な人を巻き込んで作成チームをつくる方がよいでしょう。さまざまな意見を取り入れることで、従業員はもちろん、ステークホルダーも納得できるものができあがります

トピックの明確化

九つのトピックに関連する事項について、従業員らから意見を募ります。その中には、「その企業が大事にしている価値観」や「その企業らしさ」が含まれているはずです。それらを拾い上げ、メンバーの共通認識の擦り合わせを図ります。

言葉の認識に食い違いがあると、曖昧なミッションかできあがってしまうため、丁寧な擦り合わせを心がける必要があります。企業に根付くDNAを意識しながら社会の課題や自分たちの価値について取りまとめ、日々遂行するべき使命を明確にしていきます。

文章化

出てきた意見やキーワードをつなぎ合わせ、ブラッシュアップしていきます。ここで重要な視点は、ミッションステートメントが社内だけでなく、社会に広く公開するものであること。自社のパブリックイメージに直結することから、単に内容を理解してもらえればいいのではなく、多くの人から納得や共感を得る必要があります。受け手の目線に立ったときにも、ポジティブな印象を持ってもらえる表現を追求しなければなりません。

文章化イメージ

「ミッション」について深く知る記事一覧

企画・編集:『日本の人事部』編集部

HRペディア「人事辞典」

HRペディア「人事辞典」

? このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します
フォロー

無料会員登録

フォローすると、対象ジャンルの新着記事が掲載された際に通知します。
利用には『日本の人事部』への会員登録が必要です。

メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

用語の基本的な意味、具体的な業務に関する解説や事例などが豊富に掲載されています。掲載用語数は1,100以上、毎月新しい用語を掲載。基礎知識の習得に、課題解決のヒントに、すべてのビジネスパーソンをサポートする人事辞典です。

この記事を既読にする

無料会員登録

「既読機能」のご利用には『日本の人事部』会員への登録が必要です。
メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

関連する記事

「ビジネスにおけるミッションの考え方」に関する書式・テンプレート