イベントレポート

ASTD2014International Conference & Expo
~ASTDに見るグローバルの人材・組織開発の動向~ [ 1/3ページ ]
[ 取材・レポート ] 株式会社ヒューマンバリュー 主任研究員 川口 大輔
(2014/6/10掲載)

2014年5月4日~7日に、米国ワシントンD.C.にて、「ASTD2014 International Conference & Expo(ICE)」が開催されました。このコンファレンスでは、毎年世界各国から集まった先駆的企業やプラクティショナー、教育機関・行政体のリーダーたちが、現在直面している課題やこれからの人材・組織開発のあり方について、組織の枠を超えて多くの人と学び合います。本レポートでは、ASTD2014の様子・雰囲気、また現地でどのような議論が行われていたのかを紹介することを通して、グローバルの人材・組織開発の動向を探っていけたらと思います。

ASTD2014 International Conference & Expo の概要報告

■ASTDとは

ASTDは、American Society for Training and Developmentの略称で、企業や政府などの人材開発・組織開発の支援をミッションとし、米国ヴァージニア州アレクサンドリアに本部を置く会員制組織であり、1943年に設立されました。世界126カ国に41,000人の会員を持つ、人材開発&トレーニングに関する世界最大級の組織です。

■ASTD International Conference & Expo(ASTD国際会議)とは

ASTD International Conference & Expo(ASTD国際会議)は、ASTDが年に一度開催している人材開発や組織開発に関する世界で一番大きなイベントです。2014年は、ワシントンD.C.にて開催され、4日間で3つの基調講演と350以上のコンカレント・セッション、EXPOのブースも300以上出展されました。参加者は、米国だけではなく欧州、アジア、南米、中東など世界92ヶ国から約10,500人を数えました。

■ASTD2014 International Conference & Expo開催概要
日程 2014年5月4日(日)~7日(水)
場所 米国ワシントンD.C.  ウォルター E ワシントン・コンベンション・センター
セッション数 約400件
  • 基調講演:3件
  • コンカレント・セッション数:約350件
  • ワークショップ:10件
  • エキスポ展示者によるデモセッション:約60件
基調講演
  • アリアナ・ハフィントン(ハフィントン・ポストの創業者)
  • スタンリー・マクリスタル氏(元在アフガニスタン国際部隊の司令官、マクリスタル・グループの共同創設者)
  • ケヴィン・キャロル氏(ケヴィン・キャロル・カタリスト社の創設者)
コンテント・トラック
(9カテゴリー)
  • Career Development(キャリア開発) 組織と個人を含めたキャリア開発
  • Training Design & Delivery(トレーニング・デザインとデリバリー)
    学習効果を高める学びのデザインやファシリテーションについての基本から応用までのアプローチや実践事例など、幅広いテーマで構成される
  • Global Human Resource Development(グローバル人材開発)
    文化の多様性、グローバリゼーション、ローカライゼーションと、地域別のベストプラクティスに焦点を当てる
  • Human Capital(ヒューマン・キャピタル)
    コーチング、メンタリング、パフォーマンス改善、学習機能の管理、チェンジ・マネジメントとタレント・マネジメントが含まれる
  • Leadership Development(リーダーシップ開発)
    個人や組織、両方の開発アプローチをカバーしている
  • Learning Technologies(ラーニング・テクノロジー)
    新しいデバイスやアプリケーションの活用など、ラーニングを効果的にする様々なテクノロジーを扱っている
  • The Science of Learning(ラーニングの科学)
    昨年までの「デザイン&ファシリテーティング・ラーニング」から分科し、今年新設されたカテゴリー。ニューロサイエンスを踏まえた学習や人材育成の促進をテーマとして掲げている
  • Workforce Development for Non-Training Development(トレーニング・プロフェッショナルでない人向けのワークフォース・ディベロップメント)
    専門家以外の人に向けて、マネジメントや組織開発についてのヒントを得るためのプログラム
  • Learning Measurement & Analytics(ラーニングの測定と分析)
    ラーニングに関する様々な施策の対する効果測定や、より成果を高めるための分析について扱っている
インダストリー・トラック
(3カテゴリー)
  • Higher Education(高等教育)
    大学の学部、部長、および教育の指導者に向けたセッション
  • Government(行政)
    連邦、州、および地方など、政府のあらゆるレベルにおける、政府で働く人に向けた、政府関係者によるセッション
  • Sales Enablement(セールスの有効化)
    ソート・リーダーシップ(考え抜かれたリーダーシップ)、デザインと開発、販売スキルとコンピテンシーをカバーしている、販売トレーナー、コーチ、リーダー、役員を含むセールス・イネーブルメント専門家のためのプログラム
■ASTD2013 International Conference &Expo開催実績
  • 参加人数:10,500名以上
  • 海外からの参加:2,250名
  • 参加国数:92ヵ国
  • 参加者の多い国の状況:韓国…256名、カナダ…250名、中国…197名、日本…136名、ブラジル…105名
【参加人数】
2014年 10,500名
2013年 9,000名
2012年 9,000名
2011年 8,500名
2010年 8,000~9,000名
2009年 8,000名
2008年 10,000名
【海外の主な参加人数】
  2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
韓国 256名 387名 384名 451名 390名
カナダ 250名 235名 188名 214名 202名
日本 136名 172名 146名 119名 103名

世界中の人材・組織開発の実践家・研究者たちがワシントンD.C.に集う

今年のASTDは、5年ぶりのワシントンD.C.のコンベンション・センターでの開催でした。ワシントンD.C.は米国の首都として政治・金融・文化の中心となる街として日本人にも人気があり、ASTD本部があるアレクサンドリアにも隣接しています。コンファレンスの参加者の中にも、セッションの合間にホワイトハウスやスミソニアン博物館等を訪れる方も多かったようです。

ワシントンD.C. photoワシントンD.C. photoワシントンD.C. photoワシントンD.C. photo

今年は、ここ数年で最高の10,500名(前年から1,500名増加)の人々が参加したこともあり、例年以上に活気にあふれたコンファレンスとなりました。コンファレンスは日曜日から水曜日までの4日間の開催です。毎日のセッションは朝8時くらいから夕方5時くらいまで行われ、基調講演に加えて、毎日3つ程度のコンカレント・セッションに参加します。ひとつの時間帯に20以上のセッションが同時並行で行われるので、どれに出ようか迷いながら、参加するのもASTDの醍醐味です。今年は特にニューロサイエンス(神経科学)を取り扱ったセッションの人気が高く、中には満席で部屋に入れないものもありました。

セッションの風景
セッションの風景
(多くのセッションはグループワークを取り入れ
インタラクティブに行われる)
インターナショナル・オリエンテーションの様子
インターナショナル・オリエンテーション
(海外からの初参加の人向けの説明会)

以前はセッションのハンドアウトを紙で配布していましたが、今はASTDのサイトから誰でも気軽にダウンロードできるので、スライドを眺めているだけでも世界の潮流に触れることができます。専用のアプリもあり、iPad等を持ち歩きながら参加する人も増えています。セッションの合間には、EXPOに参加したり、ASTDのブックストアを訪れたりします。今年のEXPOには、300以上のブースが出展し、にぎわっていました。

大勢の人でにぎわうEXPOの様子
大勢の人でにぎわうEXPO
ブックストアの様子
ブックストア
(基調講演者のサインイベントも行われる。
アリアナ・ハフィントン氏のサイン会には長蛇の列が…)

また、政府関係者が集まるガバメント・パビリオン、海外からの参加者が集うグローバル・ビレッジといったスペースがあり、世界各国から来た参加者がコーヒーやスナックを片手に会話したり、写真を撮影したりして、交流の輪を広げていました。特にグローバル・ビレッジは、例年以上に広いスペースが設置されていて、海外からの参加者の増加が肌身で感じられました。

グローバル・ビレッジの様子
グローバル・ビレッジ(世界各国からの参加者が集う)
グローバル・ビレッジの様子
グローバル・ビレッジ(世界各国からの参加者が集う)
ASTDからATD(Association for Talent Development)へ

そして今年は、会期中の5月6日(火)にCEOのトニー・ビンガム氏より、ASTDが名称をATD(Association for Talent Development)へと変更するとのビッグニュースの発表がありました。ASTDの委員会では、数年前から名称の変更について検討を重ねていたようですが、自分たちの貢献領域が「トレーニング」を超えて、人々のタレントや能力を最大限に高めるという観点からより幅広い分野へと広がってきたこと、またASTDのコミュニティがアメリカ一国ではなくグローバルに広がってきているといった背景から、「Association for Talent Development」という名称になったようです。トニー・ビンガム氏は、冒頭の挨拶の中で、「Change」というキーワードを投げかけていましたが、これは人材・組織開発に携わる私たち自身がが、ミッションや目的を今一度見直し、変革していこうとの意志の込められたものだったように思います。 名称変更のアナウンスがあった翌日には、コンファレンスの飾りつけがすべて「ATD」に変えられているといった力の入れようでした。名称変更については、よりグローバルなコミュニティへの成長への期待から、参加者にも好意的に受け止められていたようです。

トニー・ビンガムCEO photo
ATDへの名称の変更を発表するトニー・ビンガムCEO
会場photo
発表翌日には会場の装飾もすべてATDに


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イベントレポートのバックナンバー

『健康経営会議2016』
2016年9月5日(月)経団連会館において、健康経営会議実行委員会の主催による「健康経営会議2016」が開催された。健康経営とは、従業員の健康を経営課題の一つと...
2016/11/01掲載
ATD International Conference & Expo 2016 参加報告
~ATD2016に見るグローバルの人材開発の動向~
2016年5月22日~25日に、米国コロラド州デンバーにて、“ATD ATD 2016 International Conference & Expo(ICE)...
2016/07/06掲載
『パフォーマンス・マネジメント革新フォーラム』開催レポート
2016年3月18日(金)お茶の水のソラシティカンファレンスセンターにおいて、株式会社ヒューマンバリューは、『パフォーマンス・マネジメント革新フォーラム』を開催...
2016/04/13掲載
誰もがイキイキ働き、成果を上げる企業になるために!従業員のヘルスケア特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
TECH::CAMPのエンジニア人材紹介 ANAの研修サービス
<アンケートのお願い>副業・兼業に関するアンケート

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


従業員のヘルスケア特集

本特集では、従業員の心と身体の健康管理に役立つ多彩なプログラムをご紹介。これを機に、自社のヘルスケアの取り組みについて見直してみませんか。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」<br />
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

グローバル化やIT化が加速するなか、ビジネスを取り巻く環境が今大きく変...


尻込み、指示待ち、評論家……<br />
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

尻込み、指示待ち、評論家……
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

ゆっくりと進行する危機や環境の変化に対応する難しさを戒めた、いわゆる「...