無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】アライ アライ(ally)

「アライ」とは、英語で「同盟、支援」を意味する「ally」が語源で、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)の当事者ではない人が、LGBTに代表される性的マイノリティを理解し支援するという考え方、あるいはそうした立場を明確にしている人々を指す言葉です。世界中の人々が訪れることになる2020年の東京オリンピックを控え、「ダイバーシティ&インクルージョン社会の実現が急務」との機運が高まり、多くの企業がアライの活動に取り組み始めています。

アライの調査と取り組み

電通ダイバーシティ・ラボが2019年1月に発表した調査結果で、2018年現在、LGBTに該当する人は日本において8.9%であるとされています。例えるなら、血液型がAB型、あるいは左利きである割合とほぼ同じとなりますので、あらゆるコミュニティに存在しているといえるでしょう。

しかし、性的マイノリティかどうかは外見からは判別がつきにくいこと、当事者の大半は自己防衛のためにやむを得ず多数派を装っていることが原因で、多くの人が「自分の周囲に性的マイノリティはいない」と誤認しがちです。実際には、すぐ身近にいる職場の同僚が、いわれなき差別に苦しんでいるかもしれません。

近年では、多くの企業が、LGBTを理解し支援する活動「アライ」への取り組みを始めています。ここで、野村證券株式会社およびギャップジャパン株式会社の取り組み事例を見てみましょう。

野村證券のアライへの取り組み

野村證券は、リーマン・ブラザーズの欧州とアジアのビジネスを継承したのをきっかけに、2009年から「ダイバーシティ(組織に多様な価値観・人材が存在する状態)&インクルージョン(多様性を受容し、強みを生かしている状態)」の取り組みを始めており、その一環としてアライの活動も始まりました。当事者ではなく、アライが中心となる活動であるために、アライの「A」を加えて「LGBTA」と表記。LGBTに関するイベントへの参加・協賛、社員には当事者への理解を促すパンフレットや虹色の卓上コーン、バナー、ステッカーなどを作成・配布しています。当事者の社員から「社内で相談できる相手が見つかってよかった」との声も寄せられています。

ギャップジャパンのアライへの取り組み

ギャップの米国本社は、1969年の創業以来、ダイバーシティ&インクルージョンの取り組みを行っています。ギャップジャパンにおいても、2018年には全従業員向けのアライトレーニングを開発し、研修を行っています。研修後にLGBT支援者となる「アライ宣言」をした従業員には、アライであることを対外的に表示できるピンバッジやスタンド、ステッカーなどのグッズを配布しています。

アライが注目される理由

アライが注目されているのは、2020年に東京オリンピックが開催されるからです。北米に端を発するアライの活動は、芸能人やスポーツ選手など多くの著名人の共感を得て、世界中に広がっています。しかし日本においては、性的マイノリティへの取り組みが、欧米と比べて大きく立ち遅れているのが現状です。

近年はメディアに登場する当事者が増え、認知度は高まりつつあります。しかし就労の現場では、いまだに理解が進んでいません。当事者が働きづらさを感じたり、セクハラを受けたりするケースは少なくないといわれます。そもそも当事者は、就職活動の段階から、履歴書の性別欄の記述、あるいはリクルートスーツの着用により傷つけられているといわれています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード