企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ゲーミフィケーション ゲーミフィケーション

「ゲーミフィケーション」(Gamification)とは、遊びや競争など、人を楽しませて熱中させるゲームの要素を、ゲームが本来の目的ではないサービスやシステムに応用し、ユーザーのモチベーションやロイヤルティーの向上に資する取り組みを指します。2010年に米国で提唱。本来は顧客の活性化を図るマーケティング手法の一種ですが、最近ではビジネスへの利用にとどまらず、企業の人材開発や従業員向けサービス、さらには社会活動の手段としても使われ、大きな注目を集めています。
(2012/4/9掲載)

ゲーミフィケーションのケーススタディ

ゲームの手法やノウハウで人々を活性化
採用や人事評価にも“楽しめる”仕掛けを

ゲーミフィケーション」で使われる具体的な仕掛けとしては、ゲームをクリアしていくことでレベルが上がったり、アイテムを獲得できたり、ユーザー同士でスコアを競い合ったりするなどの要素が挙げられます。こうした仕掛けを商品やサービスに組み込むことでユーザーを楽しませ、それを積極的に利用するよう動機づけるのがゲーミフィケーションの大きな狙いです。成長著しいSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を中心に活用が進み、さらに幅広いビジネスを展開する事例も増えてきましたが、一方でこれを自社の人材戦略の切り札として取り入れる企業も現れています。

価格比較サイトの「ECナビ」などを運営するボヤージュグループ(東京・渋谷)は、2011年から新卒採用にゲーミフィケーションを導入。今年度の選考では、書類選考を通過したおよそ1,000人の大学生を対象に、社内のどこかに隠された秘宝を探しあてる“宝探し採用”が実施されました。初対面の学生同士が3、4人ずつチームを組み、協力してオフィスじゅうに散りばめられたキーワードを集めたり、パズルを解いたりしながら、制限時間内にゴール=宝のありかを目指すという趣向です。

実際に秘宝を見つけられたかどうかは、学生の選考基準として最重要ではありません。宝探しの過程で求められる仲間との共同作業に、学生がどう取り組んだか――同社の社員として欠かせないグループワークの能力や姿勢がチェックされるといいます。そうした資質は、面接や通りいっぺんのグループディスカッションでは掴みにくいもの。人事本部の後藤尚人本部長は、ゲーミフィケーション導入のねらいについて「無我夢中になることで普通の面接では分からない学生の本質を見たかった」と述べています(日本経済新聞2012年3月22日付)。学生側の関心も高く、新卒の大企業志向が続くなか、今年の同社への応募者数は前年比で2割以上増えました。

社員の働く意欲を高めるために、人事評価にゲーミフィケーションを取り入れた企業もあります。飲食店やエステサロンなどの割引サービスを紹介するサイトの運営を手がけるシンクスマイル(東京・渋谷)は、創業5年で会員数が20万人を突破した急成長企業。その原動力といわれるのが、社員同士がお互いの行動や長所に対してWeb上でバッジを贈り合い、そのバッジの獲得数が昇給や昇進に反映されるという同社独自の人事評価システム「CIMOS(シーモス)」(CINQSMILE MOTIVATION SYSTEM)です。

笑顔が素敵な人に贈る「スマイル」バッジや何かに挑戦した人に贈る「チャレンジ」バッジ、チームワークを強めた人に贈る「絆」バッジなど、全15種類のバッジは同社の行動指針をもとに設定されました。個々の獲得したバッジの個数と種類を同社の企業サイトにランキング形式で表示。自分以外の全メンバーによる評価を可視化することにより、社員に重要なフィードバックを与え、モチベーションアップを促しています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

面接
「面接」とは、企業における人材採用において、採用担当者と応募者が直接会ってお互いに質疑応答をしながら、マッチするかどうかを探る行為です。企業側から見た場合、面接は「応募者を選ぶ」行為であるとともに「応募者に自社の魅力を伝える」行為でもあります。そのような意識が不足していると、「面接」で良い人材を見つ...
ダイレクトリクルーティング
「ダイレクトリクルーティング」とは、採用において、企業が自ら能動的に活動し、採用する手法のことです。人材の募集活動を求人広告媒体や人材紹介会社など第三者にアウトソーシングして、求職者の応募をただ「待つ」のではなく、企業側が人材データベースやSNSなどさまざまなツールを活用して、求める人材を自ら探し、...
インフルエンサー採用
「インフルエンサー」とは、他者や一般社会に対し影響力を持つ人物のこと。近年では、インフルエンサーの持つ影響力を評価基準の一つに設定し、企業の採用シーンに取り入れる動きがあります。指標は、SNSのフォロワー数や投稿内容など企業によってさまざまですが、求める採用要件を満たすと判断された場合、求職者は選考...

関連する記事

「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載人事支援サービスの傾向と選び方
ダレのための解禁日なのか?
毎年学生と企業を悩ます新卒採用の「解禁日」。解禁日を厳守している企業は年々減少し、形骸化が進む今、「解禁日」は本当に必要なのでしょうか。「解禁日」に関する調査結果から、企業と学生の本音に迫ります。
2018/04/09掲載新卒・パート/アルバイト調査
人事マネジメント「解体新書」 第一回 「採用力」の時代
近年少子化の進展も相まって、企業にとって「採用」は経営の最重要課題となってきた。人事部には、まさに「採用力」が問われているわけである。空前の「採用難」を乗り切るために、どう対応していけばいいのか? 「新卒採用」にポイントを絞り、具体的な話を進めていく。
2007/03/05掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

採用時面接について
採用試験時の面接について、その手法を提供してくれる業者などはあるものでしょうか。
最終面接の面接官について
現在グループ採用を行っております。 説明会、1次選考を採用事務局で行って、2次面接と最終面接は選考企業でおこなっています。 しかし、選考企業の役員のスケジュールが合わず、最終選考を事務局のある企業の役員が実施することになりました。 この場合、法的に問題は無いのでしょうか?
【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

感染症対策の実施記録に手間なく体調管理 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート<br />
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

昨今の激変する経済環境に企業が対応していくためには、人事業務の「効率化...