【ヨミ】チャンクダウン チャンクアップ チャンクダウン、チャンクアップ

「チャンクダウン」と「チャンクアップ」は、マネジメントやコーチングなどで使われるコミュニケーション手法の一つです。「チャンク(Chunk)」は大きな塊のことを意味し、「チャンクダウン」は物事を具体的に、課題を細分化していくときに使われます。反対に「チャンクアップ」は議論をより抽象化するときに使われ、議論の目的や意味を問うことで、全体の方向性を確認します。チームでの会議、1on1など、ビジネスのさまざまなシーンで活用することができます。

チャンクダウン、チャンクアップのケーススタディ

チャンクダウンとは「HOW」の問い
チャンクアップとは「WHY」の問い

仕事には多くの人が関わるため、認識の齟齬があると、アウトプットがイメージと違うものになってしまったり、納期が遅れてしまったりすることがあります。プロジェクトメンバーが共通認識を持ち、全体の方向性を統一するためにも、会議中にどのような言葉を交わすかはとても重要です。

そんなとき、チャンクダウンとチャンクアップの質問をうまく取り入れることで、目的から手法まで全体像を見渡せるようになります。チャンクダウンは物事を具体化し、事実の確認、HOW(どのように)の共有のために使われます。チャンクアップは、物事を抽象的に捉え、目的の共有、WHY(なぜ)の確認のために用います。

それぞれ例を挙げると、次のような質問項目が考えられるでしょう。

<チャンクダウン>
・課題を解決するために、どんな行動が必要ですか
・いつまでに、誰が、何をしますか
・最も優先的に取り組むべき課題はどれですか

<チャンクアップ>
・どうして、それに取り組む必要があるのですか
・そこから得られるものは何ですか
・どのような姿になっていることが理想ですか

「チームビルディング」をテーマに具体例を挙げてみます。チームビルディングを行うことについてチャンクダウンすると、どのようにチームの結束力を高めるかという方法を考えることになるでしょう。そこからゲーム、アクティビティ、イベント、ワークショップといった手法の選択から、メンバー構成、実施時期、開催場所、予算などを決めていきます。

次にチームビルディングをチャンクアップすると、考えなければならないのは「なぜそれが必要なのか」。メンバー間の心理的距離が近づくことで退職率を下げることが目的なのか、それとも生産性向上や売上アップを見込んでいるのかが挙げられるでしょう。

物事を明確にするためには「問い」が必要です。さまざまな角度の問いがあればあるほど、物事の輪郭はハッキリします。メンバー間が共通認識を持たなければいけないときこそ、チャンクダウン・チャンクアップの質問を活用し、現状を整理しましょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード