企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

銀行や中央省庁での仕事経験を糧に
人事BPOサービスで日本企業の生産性向上に貢献する

エイチアールワン株式会社 代表取締役社長

武谷 啓さん

武谷 啓さん(エイチアールワン株式会社 代表取締役社長)

企業向けにシェアードサービスセンター一括サービスや人事給与業務のフルアウトソーシングサービスを提供するエイチアールワン株式会社。日本の人事BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービス業界におけるリーディングカンパニーです。同社が目指しているのは、人事BPOサービスによる日本企業の生産性向上。その実現に向けて、豊富な経験と知識を基に新たな変革に挑む、同社代表取締役社長の武谷啓さんに、ビジネスパーソンとしてのキャリアや会社設立の経緯、事業の概要、今後の成長ビジョン、さらには日本の人事BPOサービス業界の課題などについてお話をうかがいました。

Profile

武谷 啓(たけや・けい)/1986年4月、一橋大学経済学部を卒業後、住友信託銀行に入社。福岡支店に配属。1990年4月、通商産業省へ出向。1992年4月、住友信託銀行 東京中央営業部に異動。1994年6月、住友信託銀行 人事部に異動。2002年5月、人事サービス・コンサルティング株式会社 代表取締役社長に就任。2009年10月、ヒューマンリンク株式会社から人事アウトソーシング事業を吸収分割し、エイチアールワン株式会社へ社名変更、代表取締役社長。

中央省庁への出向が人生の転機に

武谷さんは、どのような学生時代を過ごされていたのでしょうか。

中学・高校は、福岡県の高校に在学していました。勉強がそこそこできた小学校時代から、学級委員長など「長」が付く役職には就いたことがありませんでした。私の父親や祖父をはじめ、親戚のほとんどが医者という家系に生まれたので、親は長男である私を医者にしたかったと思うのですが、医学部には進まず、一橋大学の経済学部に入学しました。

学生時代の私は、大学院に進んで経済学部の先生になろうと思っていました。父親は医学部、母親は文学部の先生だったことも背景にあります。ただ、いざ入学してみると本当は勉強が好きではなかったことがわかりました。その代わりといっては何ですが、弓道部の活動には熱心に取り組み、4年間、ひたすら弓を引いていました。

1986年、住友信託銀行(以下、住信。現・三井住友信託銀行)にご入社されます。どのようなお仕事をされていたのでしょうか。

まずは、福岡支店からのスタートでした。正直言うとかなりショックでしたね。「東京で勝負しよう」という意気込みで住信に入社したのですから。その福岡支店では4年間、営業マンとして仕事をしていました。

福岡支店の次は、通商産業省(通産省、現・経済産業省)に2年間出向しました。出向を言い渡された直後は「銀行を辞めよう」と思いましたね。「役所は17時半になるとさっさと帰る人ばかり」というイメージだったし、「出向」と言われる年齢でもないのに「どうしてなんだ」と納得できませんでした。

しかし、実際に通産省で働いてみたら、とにかく仕事が面白く、印象が大きく変わりました。これが、私のキャリアにとって大きな経験になりましたね。この出向がなければ今のような仕事もしていなかったかもしれません。なぜなら、「我が国」とか「国益」のために仕事をする、という視点に触れたからです。

住信に戻ってからは東京中央営業部に2年在籍し、ちょうど30歳になったころに人事部に異動しました。最初に担当したのは、採用と研修業務でした。その際、提案したのが「秋採用」。「日本の採用を変えよう」と思い、いろいろな金融機関に秋採用など新しい採用のあり方を呼びかけたのですが、結局は住信だけで行いました。採用研修グループに4年ほど在籍したあと、企画グループへの部内異動を命じられ、そこでも4年間仕事をしました。今思えば、どこに行っても私は恵まれていましたね。今でも、座右の銘は「住めば都」と答えているくらいです。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

HR業界TOPインタビューのバックナンバー

仲暁子さん(ウォンテッドリー株式会社 代表取締役CEO):
時間を切り売りする人生はもったいない
Wantedlyで、シゴトでココロオドル世界へ
「共感」を軸とした会社と人の出会いを提案し、今や日本の採用市場に欠かせない存在となった、「Wantedly」。代表取締役CEOの仲暁子さんは「コロナ禍だからこそ...
2020/11/20掲載
筒井智之さん(株式会社ダイヤモンド・ヒューマンリソース 代表取締役社長):
「エンドユーザー」の意識・変化をつかむ
「情報提供」に取り組み続けた経験が今の自分をつくった
新卒採用メディアのスタンダード「ダイヤモンド就活ナビ」や「ダイヤモンドLIVEセミナー」。内定者フォローや新人研修をはじめとするダイヤモンド社の若手人材育成コン...
2020/10/21掲載
真田茂人さん(株式会社レアリゼ 代表取締役社長 / NPO法人日本サーバント・リーダーシップ協会 理事長):
人が変われば組織が変わり、組織が変化すれば社会がよくなる
心理学を学んだことで人・組織・社会の課題を解決できると確信した
従業員のためにさまざまな研修を実施しているのに、なかなか目に見える成果があらわれない。人材開発に関わる多くの人事パーソンにとって、切実な悩みではないでしょうか。...
2020/09/14掲載

関連する記事

藤波 達雄さん(レジェンダ・コーポレーション株式会社 代表取締役社長):
「イノベーションを生み出せる人と組織」が重要な時代
経営者の仕事は「良い会社をつくること」
我が国における人事アウトソーシングの草分けといえるのがレジェンダ・コーポレーション株式会社です。同社の創業は1996年。代表取締役社長の藤波達雄さんは、日立製作...
2019/03/22掲載HR業界TOPインタビュー
マイナンバー運用開始元年!クローズアップされにくいリスクに、企業はどう対応すればいいのか~行政の動向を見越した、企業の最適な選択とは?~
2015年10月から配布が始まったマイナンバー(個人番号)。これまでの「個人情報」の取り扱いと一線を画すのは、マイナンバーの取り扱いに厳重な規制と罰則が科せられ...
2015/10/30掲載注目の記事
サッポログループマネジメント株式会社:
人事部門が主導し、グループ横断で取り組む
「マイナンバー制度」対応プロジェクトとは
比較的早期からマイナンバー対応に取り組んできたサッポログループで、プロジェクトの中心となって動いてこられたサッポログループマネジメント株式会社人事グループリーダ...
2015/08/24掲載となりの人事部
サービス機能のオフショアリング 総務・人事・経理部門を海外委託する、メリット・課題・解決策とは?
労働力不足の中で、いかにサービスの品質を高められるか──?「総務・人事・経理部門を海外委託する、そのメリット、課題、解決策」を取り上げています。
2008/09/12掲載人事・労務関連コラム
【用語解説 人事キーワード】
バーチャルチーム

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「人事課題」への対応で求められるものとは?<br />
~バンダイナムコHDの人事戦略と、IT基盤の果たす役割~

「人事課題」への対応で求められるものとは?
~バンダイナムコHDの人事戦略と、IT基盤の果たす役割~

2005年にバンダイとナムコが経営統合を実現した後、バンダイナムコホー...