無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

編集部注目レポート掲載日:2018/01/10

強さと優しさが増収増益の原動力
ランドセルの協和が実践する「人を大切にする経営」とは

株式会社協和 専務取締役

若松秀夫さん

取引先の上司に労働環境改善を訴える

「仕入れ先と対等な立場で、公正に取引する」ために、どんなことを行っているのでしょうか。

すべての仕入先に対して、かならず現金決済をしています。 手形を使って取引をしている会社も多いようですが、仕入れ先にも社員の生活があるので 必要な配慮だと考えています。

経営理念の中にある通り、仕入先は当社の事業を支えてくれる協力者です。公正かつ対等な条件で取引することを常とし、どちらが上か下かといった考えはありません。無理な価格での取引も行いません。

取引先の社員を救済的に雇用したことがあるそうですね。

数年前、取引先の社員がサービス残業で苦しんでいました。彼の上司に私は労働環境の改善を訴えましたが、「労働時間が短くなれば利益が出なくなる」といって、取り合ってくれません。残業に苦しむ彼に、「なんのために、誰のために働くのか。このままでは人間らしさを失ってしまうよ」と言うと、彼から弊社への転職の希望があり、採用することにしたのです。情けをかけたわけではありません。力のある人だからこそ、適正な労働環境で働くことで初めて本来の能力を開花させられる、と考えたのです。その後も数名、同じようなケースで採用したことがあります。

社員の方々は、会社の方針をどのように感じていらっしゃるのでしょうか。

私は朝礼などで繰り返し、会社の方針と私の考えを伝えています。そして、「なんのために働くのか、どう生きたいのか」を社員が自分で考えるよう、呼びかけています。

また、私は社員全員とほぼ毎日メールをやり取りしています。一日でおよそ400通になりますが、これによって、従業員の個性や置かれている立場、どのように働きたいのか、といったことを理解できるようになりました。

このように理念への共感を徹底していますので、社員同士でも「強くて優しい」対応をしてくれる人が多いですね。例えば、営業部長が介護で2ヵ月休んだときは、チームのメンバーが快く仕事の穴埋めをしてくれました。

経営の不安を払拭する方法はただ一つ

人を大切にする経営でやっていけるのか、と疑問を持つ方も多いと思います。

いつだって経営には不安がつきものです。しかし、何のために働き、生きるのか、それを考えれば、自ずとやるべきことがわかり、不安を克服できます。それに、会社のために一所懸命働いてくれる社員以上に、会社の力になる財産はありません。お金をいくら溜め込んでも、景気のよい話で「優秀」な人を集めても、不安はなくならないし、良い結果にはなりません。結局、会社は何のためにあるのか、自分の信念を持つこと。それに尽きます。

若松さんの優れた判断力と決断力は、「会社とは何か」本質を見極めようとする姿勢によって養われていると敬服しました。貴重なお話をありがとうございました。

株式会社協和専務取締役 若松秀夫さん Photo
小酒部さやか(株式会社natural rights 代表取締役)

取材:小酒部さやか(株式会社natural rights 代表取締役)

2014年7月自身の経験からマタハラ問題に取り組むためNPO法人マタハラNetを設立し、マタハラ防止の義務化を牽引。2015年3月女性の地位向上への貢献をたたえるアメリカ国務省「国際勇気ある女性賞」を日本人で初受賞し、ミシェル・オバマ大統領夫人と対談。2015年6月「ACCJウィメン・イン・ビジネス・サミット」にて安倍首相・ケネディ大使とともに登壇。2016年1月筑摩書房より『マタハラ問題』、11月花伝社より『ずっと働ける会社~マタハラなんて起きない先進企業はここがちがう!~』を出版。現在、株式会社natural rights代表取締役。仕事と生活の両立がnatural rights(自然な権利)となるよう講演・企業研修などの活動を行っており、Yahooニュースにも情報を配信している。

ライター:水野宏信

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

編集部注目レポートのバックナンバー

関連する記事