企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
社会 教育・オピニオン
掲載日:2011/06/07

男女平等月間実態調査(連合調べ)
~男女とも、働き続けるために必要と思う支援・環境は? など(世論調査)~

連合日本労働組合総連合会)(所在地:東京都千代田区、会長:古賀 伸明)は、女性が働き続けられる環境づくりに取り組んでいます。女性が働き続けられるためには、職場や社会での様々な支援が必要です。しかし、現実には、女性労働者の多くが働き続けたくても働き続けることができない状況にあります。このような状況を改善するためには何が必要か、6月の「男女平等月間」に合わせ、本調査を実施しました。

本調査は、モバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)により、2011年4月28日~5月9日の12日間において実施し、1000名(調査対象者:学校卒業後に働いた経験がある18歳~59歳の男女)の有効サンプルを集計しました。


男女とも、働き続けるために必要と思う支援・環境は?
1位「必要とされている、期待されているなど、仕事にやりがいが感じられる」64.4%
女性30代では「子育てと仕事の両立支援制度を利用しやすい雰囲気」が3割強と高め


仕事をやめたきっかけ
1位 「職場の人間関係」27.3%
女性では「結婚」が3割強で1位


産休・育休で不利益な取り扱い受ける約1割、男女雇用機会均等法・育児介護休業法に抵触


「セクシュアル・ハラスメントを受けたことがある」女性16.8%、男性3.6%と女性が高め
「パワー・ハラスメントを受けたことがある」女性18.8%、男性24.4%と男性が高め
セクハラ・パワハラの相談「誰にも相談しなかった」セクハラ30.4%、パワハラ36.6%


パート労働者で雇い入れ通知書を「もらった」は49.9%
ほぼ半数の場合で事業主にパート労働法違反の可能性


「採用の際、本籍地、家族に関することを聞いてはいけない」ことを知っている、わずか34.0%
労働基準法の周知不足が浮き彫り


パートと正社員、「定期昇給」「ボーナス」「退職金」などで格差


◆ 本リリース・調査結果の詳細はこちらをご覧下さい(PDF)。


連合(日本労働組合総連合会) http://www.jtuc-rengo.or.jp /5月31日発表・同会プレスリリースより転載

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
教育・オピニオン(社会)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会