企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】コンテクスト コンテクスト

「コンテクスト」(Context)は文脈、脈絡、状況と訳され、コミュニケーションの基盤となる文化の共有度合いといった意味で使われます。また、「ハイコンテクスト文化」とはコンテクストの共有性が高く、一つひとつ言葉で説明しなくても察し合うことでわかる文化のことで、日本は世界でもハイコンテクストな国として知られています。その逆は「ローコンテクスト文化」で、明確な言葉での説明が求められる文化をいいます。
(2017/10/24掲載)

コンテクストのケーススタディ

「空気を読む」「あうんの呼吸」「忖度(そんたく)」
日本独特のやり取りに修正を求められる時代

一般に日本や東南アジア、アフリカはハイコンテクスト文化であり、欧米や中国、ロシアなどはローコンテクスト文化であると言われています。近年は日本企業の海外進出が増え、現地でのコンテクスト文化の違いに戸惑う例が多く聞かれます。ハイコンテクストのコミュニケーションは、ローコンテクスト文化の中では十分に機能することができないのです。

ハイコンテクスト文化は、顔の表情や体の動き、声のトーンといった、言葉ではない部分からの情報を活用する点に特徴があります。また、事前に知っている共通の情報や文化的な背景を前提としたコミュニケーションを取ります。その結果、言葉の数が少なく、曖昧な表現が多くなるのです。日本での「空気を読む」「あうんの呼吸」「忖度(そんたく)」といったコミュニケーションは、ハイコンテクスト文化の典型例と言えるでしょう。

一方、ローコンテクスト文化では、すべての物事を言葉で表現し、明確に示そうとします。直接的でわかりやすい表現や明示的な表現を好み、言葉での説明を重視するため、寡黙であることを評価しません。そのため、ローテクスト文化圏の人が日本のビジネスコミュニケーションを見ると、「依頼内容が不明確で、理由の説明が足りない」「積極的な情報共有が少なく、意図的に隠していると思われる」「ネガティブな事柄を直接的に言わない」といった印象になりがちです。

また、企業がグローバル展開を行う上で重要な経営理念の言語化でも、コンテクストを意識した対応が求められます。自社のビジネスを的確に表現した直接的でわかりやすい言葉が必要であり、その中では文化や宗教上のタブーに触れない、といった配慮も求められます。

価値観が多様化してダイバーシティが進む中、これからは日本人同士でも、言葉による情報伝達がさらに重視されるでしょう。相手に物事を正確に伝えるには、話の論理性を高め、そこに十分な情報を盛り込むことが必要です。コミュニケーションのローコンテクスト化を推進するうえでは、相手のことを何も知らなくても、お互いに理解できるように配慮することが求められます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ノンバーバル・コミュニケーション
「ノンバーバル・コミュニケーション」(non-verbal communication)とは、言葉によらない、非言語コミュニケーションのことです。会話や文字など言語を介した通常のコミュニケーションの手法をバーバル・コミュニケーションと呼ぶのに対して、ジェスチャーや態度、表情など言語以外の要素によるメ...
ラポール
「ラポール」とは関係性の状態を表す心理学用語で、互いを信頼し合い、無意識に感情の交流が自由にできるほど心理的安全性がある状態のことを指します。フランス語の「rapport」が語源で「架け橋」などの意味を持ちます。もとはセラピストとクライアントの関係性を表す言葉でしたが、現在はさらに広く人間関係を表す...
ポリティカル・コレクトネス
「ポリティカル・コレクトネス(political correctness)」は直訳すると「政治的な正しさ」。そこから転じて、政治的・社会的に公正かつ中立的で、差別や偏見が含まれていない言葉を言います。1980年代に米国で始まった概念で、人種や民族・文化・宗教・容姿や身分といった、差別や分断につながる...

関連する記事

齋藤孝さん 部下を育てる言葉、ダメにしてしまう言葉
部下がやる気をなくすのも起こすのも上司の言葉しだい、と言えるかもしれませんが、では、上司は部下をステップアップさせるためにどんな言葉をかけたらいいのか。逆に、上司と部下の人間関係を険悪にしてしまうのは、お互いのどういう言葉なのでしょうか? 近著『嫌われる言葉―...
2004/12/13掲載キーパーソンが語る“人と組織”
1. コミュニケーション研修とは
組織を機能させ、活性化していくには、コミュニケーションの量と質を向上させていかなければならない。その際、それにふさわしい方法やスキルが必要となる。コミュニケーション研修とは、このような組織内でのビジネスや仕事上におけるコミュニケーション能力の向上を目的とした研...
2012/11/29掲載よくわかる講座
2. コミュニケーションをめぐる近年の傾向
企業におけるコミュニケーションの現状と課題について、アンケート結果をもとに考察する。およそ3社に2社が、組織内コミュニケーションに課題を抱えている。その背景にある対面コミュニケーションの機会の減少についても触れる。
2012/11/29掲載よくわかる講座

関連するQ&A

言葉の定義・使い分けについて
お忙しい中恐れ入ります。 海外に社員を派遣する場合の言葉の使い分けについて教えてください。 「派遣」 「出向」 「赴任」 「駐在」 こちらのことばの4つのどれが適切であるか悩んでおります。 基本的に社命であり重くうけとってもらうにどの言葉がふさわしいのかご教授ください。 そもそも言葉を使い分ける必...
シャドウペイロールとはどんな処理なんでしょうか
海外へ赴任(非居住者)する方の給与計算をする際、シャドウペイロールという言葉を聞きました。どのような処理をするのでしょうか。聴き慣れない言葉なのでもしご存知の方が見えましたらご教示ください。
役職定年制
いつも役に立つ情報をありがとうございます。 一般論で結構ですので教えてください。 企業にとって「役職定年制」を設けるメリットは何でしょうか。 漠然とした質問ですみませんが、情報をいただけると助かります。よろしくお願いします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....