企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ゴールドカラー ゴールドカラー

「ゴールドカラー」とは、米国の経営学者、経営コンサルタントのロバート・E・ケリーが著書『The Gold-Collar Worker』で提案した造語で、ホワイトカラー、ブルーカラーなどと同じく、職種層や労働力の質をタイプ分けする言葉です。かりに企業と雇用関係を結んでいても、組織に依存・従属することなく、高い専門能力やマネジメント能力をもち、その能力を主体的に活かすことで自らキャリアを形成していく知的ワーカーの総称です。マネジメント層や起業家、研究・技術開発のスペシャリスト、各種コンサルタントなどが当てはまります。
(2014/2/17掲載)

ゴールドカラーのケーススタディ

自分の能力を自由に売って働く人たち
雇われても使われず、グローバルに活躍

ロバート・E・ケリー博士が先述の著書で「ゴールドカラー」層の出現を“予言”したのは1985年、いまから30年近く前のことでした。ケリー博士によると、第一次産業から第二・三次産業への移行によって、労働社会はブルーカラー層とホワイトカラー層に大別されるようになりました。そしてその次の段階として、「先進国ではホワイトカラーから、“自分の能力”を自由に売って働くゴールドカラーが分離する」と述べる一方、「ブルーカラー層は減少していくだろう」との見通しも示しています。

1980年代半ば、バブル前夜の日本のサラリーマン社会に、こうした未来予測がどこまで現実味をもって受け入れられたかは疑わしいところですが、いま振り返ると、博士の主張が要点をついていたことはよくわかります。とくにブルーカラー層の減少については、ここ20年ほどで進行した製造業空洞化の動きに、その典型を見てとることができるでしょう。バブル崩壊後の日本をはじめ、先進各国の国内から工場が次々と消え、そこで働く人々は職を失いました。国内に残った製造業も、外国人労働者を積極的に導入。はたして日本人のブルーカラー層は大きく減少したのです。

では、ホワイトカラー層から分離して、ゴールドカラー層が形成されるという予測についてはどうでしょうか。博士は、新しく登場するゴールドカラー層の特徴の一つとして「人生における移動距離が圧倒的に長いこと」を挙げています。つまり“世界を股にかけて”学び、働き、生活をするということであり、これを現代のキーワードに当てはめれば、まさしく「人材のグローバル化」にほかなりません。

また博士はもうひとつ、ゴールドカラー層は「誰にも使われない人である」という特徴も挙げています。形式上は雇われていても、会社に使われないし、また自分も会社に頼らない。あくまで自分のキャリア形成を第一に考え、日々の仕事も進路も主体的に判断して、必要であれば転職や起業もいとわない――そうした自立的かつ自律的な人材が業種・職種を問わずに、市場に増えていること、また市場からも求められていることは周知の事実でしょう。ケリー博士が予測した「ゴールドカラー層の形成」という未来に、労働社会の現実が確かに追いついてきたといえます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
博士採用
「博士採用」とは、大学院博士課程の修了者に限定した採用活動のことです。従来、日本企業は、博士号取得者に代表される“高学歴人材”の採用に積極的ではなく、その高度な専門知識やスキル、学術的なプロセスの中で鍛えられた思考力などが、ビジネスシーンで十分に活かされてはいませんでした。しかし近年はダイバーシティ...
メタ認知
「メタ認知」とは、認知心理学の用語で、自分の考えについて考えること、認知に対する認知のことです。メタ認知の“メタ”とは「高次の」という意味で、自分自身の認知活動(知覚、記憶、学習、言語、思考など)を、より高い視点から、あたかも第三者のように客観視して、これらを理解したり、振り返ったり、ときにはコント...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
田中和彦さん 「複職時代」に自分らしい働き方を選ぶ
『週刊ビーイング』編集長から現在はキネマ旬報社代表取締役専務に転じた田中和彦さんは、現代を「複職時代」と名付け、働く人はその時々に応じて、いくつもの選択肢の中から、自分らしい生き方を主体的に選び取ってほしいと言います。新しい時代の生き方、働き方について、田中さ...
2005/01/17掲載キーパーソンが語る“人と組織”
大久保幸夫さん 若手人材採用の「ミスマッチ」こうすれば防げる
若い世代の採用・就職をめぐって、「ミスマッチ」が起きるケースが増えています。限られた採用の工程の中で企業がいい人材を見きわめるには、どうしたらいいのか。職業人にとって、必要な能力とは何なのか。人と組織の研究機関である「リクルートワークス研究所」の所長、大久保幸...
2004/11/29掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するキーワード

分類:[ キャリア開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

リーマンショックで冷え込んだ中途採用市場は、ここ数年で順調に回復し、完...


事業所内保育施設を作る強い味方!<br />
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

事業所内保育施設を作る強い味方!
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

2016年4月に内閣府が「企業主導型保育事業」をスタートしました。これ...