無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】ゴールドカラー ゴールドカラー

「ゴールドカラー」とは、米国の経営学者、経営コンサルタントのロバート・E・ケリーが著書『The Gold-Collar Worker』で提案した造語で、ホワイトカラー、ブルーカラーなどと同じく、職種層や労働力の質をタイプ分けする言葉です。かりに企業と雇用関係を結んでいても、組織に依存・従属することなく、高い専門能力やマネジメント能力をもち、その能力を主体的に活かすことで自らキャリアを形成していく知的ワーカーの総称です。マネジメント層や起業家、研究・技術開発のスペシャリスト、各種コンサルタントなどが当てはまります。
(2014/2/17掲載)

ゴールドカラーのケーススタディ

自分の能力を自由に売って働く人たち
雇われても使われず、グローバルに活躍

ロバート・E・ケリー博士が先述の著書で「ゴールドカラー」層の出現を“予言”したのは1985年、いまから30年近く前のことでした。ケリー博士によると、第一次産業から第二・三次産業への移行によって、労働社会はブルーカラー層とホワイトカラー層に大別されるようになりました。そしてその次の段階として、「先進国ではホワイトカラーから、“自分の能力”を自由に売って働くゴールドカラーが分離する」と述べる一方、「ブルーカラー層は減少していくだろう」との見通しも示しています。

1980年代半ば、バブル前夜の日本のサラリーマン社会に、こうした未来予測がどこまで現実味をもって受け入れられたかは疑わしいところですが、いま振り返ると、博士の主張が要点をついていたことはよくわかります。とくにブルーカラー層の減少については、ここ20年ほどで進行した製造業空洞化の動きに、その典型を見てとることができるでしょう。バブル崩壊後の日本をはじめ、先進各国の国内から工場が次々と消え、そこで働く人々は職を失いました。国内に残った製造業も、外国人労働者を積極的に導入。はたして日本人のブルーカラー層は大きく減少したのです。

では、ホワイトカラー層から分離して、ゴールドカラー層が形成されるという予測についてはどうでしょうか。博士は、新しく登場するゴールドカラー層の特徴の一つとして「人生における移動距離が圧倒的に長いこと」を挙げています。つまり“世界を股にかけて”学び、働き、生活をするということであり、これを現代のキーワードに当てはめれば、まさしく「人材のグローバル化」にほかなりません。

また博士はもうひとつ、ゴールドカラー層は「誰にも使われない人である」という特徴も挙げています。形式上は雇われていても、会社に使われないし、また自分も会社に頼らない。あくまで自分のキャリア形成を第一に考え、日々の仕事も進路も主体的に判断して、必要であれば転職や起業もいとわない――そうした自立的かつ自律的な人材が業種・職種を問わずに、市場に増えていること、また市場からも求められていることは周知の事実でしょう。ケリー博士が予測した「ゴールドカラー層の形成」という未来に、労働社会の現実が確かに追いついてきたといえます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するキーワード