企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】スラッシャー スラッシャー

「スラッシャー」とは、複数の肩書を持つ人たちのこと。プロフィールなどで職業を記載する際に「モデル/プログラマー」「税理士/ライター」などと、複数の肩書を「/(スラッシュ)」で区切ることから、一つの分野にとどまらず幅広く活躍する人のことをスラッシャーと呼ぶようになりました。アメリカの作家Marci Alboher氏が著書『One Person / Multiple Careers』の中で「スラッシュキャリア」という言葉を使ったことが始まりとされています。多くの人の働き方が変わりつつある中で、新しいキャリアのかたちとして、注目される概念です。
(2018/11/9掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スラッシャーのケーススタディ

副業とスラッシャーの違いは
経済的動機か、ライフワークか

複数の肩書を持つことは、これまで「副業」と呼ばれてきました。しかし、副業という言葉に対して「収入の低さを補うために行うもの」といった、ネガティブな印象を感じる人は少なくありません。「スラッシャー」という言葉は、こうしたネガティブな印象を廃し、複数の肩書を持つことをポジティブに表現できるとして、広く使われるようになりました。副業ではなく「複業」という言葉ができたのも、同様の理由といえるでしょう。

スラッシャーが増えている要因としては、SNSの発展により個人の発信力が高まっていることが大きく影響していると考えられます。現在では、SNSの発信を通して個人をブランド化し、その後のキャリアにつなげていくことも可能になりました。中でも、「一つの肩書にこだわらない」価値観を持ったミレニアル世代やZ世代などの若い世代では、スラッシャーとして複数の分野で活躍する人も多いようです。

また、もう少し上のY世代と呼ばれる1975~1989年生まれの人たちの中にも、スラッシャーは少なくありません。彼らはいわば、不況のあおりを受けた世代。バブル経済を過ごすことなく、就職難やリストラを目の当たりにしてきたことから、リスクヘッジの意味を込めて、さまざまな選択肢を育てるようなキャリアを形成してきた世代でもあります。

スラッシャーの特徴は、複数の肩書が“ライスワーク”ではなく、“ライフワーク”であるということ。つまり、経済的な事情のために副業をしているわけではありません。一方の職業は生活を立ち行かせるための仕事だったとしても、もう一方は趣味の延長や個人的活動から仕事になるケースが多いようです。複数の経験を積み、スキルを身に付けることで、そのキャリアは唯一無二のものとなります。新たなキャリアスタイルとして、自分の肩書に「/」を増やす人は、今後も増加していくのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ライフキャリア・レインボー
「ライフキャリア・レインボー」とは、1950年代に米国の教育学者のドナルド・E・スーパーが発表したキャリア理論。ライフキャリア・レインボーの理論では、キャリア=職業とは考えず、キャリアを人生のある年齢や場面のさまざまな役割(ライフロール)の組み合わせと定義。人生全般にわたり、社会や家庭でさまざまな...
キャリアショック
「キャリアショック」とは、国内のキャリア研究の第一人者である、慶應義塾大学大学院特任教授の高橋俊介氏が同名の著書で提唱した概念で、自分が積み上げてきたキャリアや描いてきたキャリアの将来像が、想定外の環境変化や状況変化によって短期間のうちに崩壊してしまうことをいいます。変化の激しい時代を生きるビジネス...
キャリアクライシス
「キャリアクライシス」とは、ビジネスパーソンがそれまでに培ってきたキャリアを失いかねない危機、あるいはそうした危機に直面することを意味します。長いキャリアライフでは、年齢によって誰もがキャリアクライシスに陥りやすい時期があるといわれ、特に20歳代後半から30代前半にかけては、仕事や将来への不安、組織...

関連する記事

花田 光世さん: 「キャリアアドバイザー」を活用することで、組織の活性化と個人のキャリア自律の統合を図る
近年、組織における「キャリアアドバイザー」の存在が注目を集めています。慶應義塾大学総合政策学部の花田光世教授はこのキャリアアドバイザーの育成に長年取り組まれ、キャリアカウンセラーのように社員の個人の「こころ」の問題を中心としたキャリアの支援だけでなく、“組織の...
2013/10/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”
「働き方改革」推進に向けての実務(5)副業
副業経験が、人材の成長につながる?少しずつ解禁に向けて動き出した「副業」への対応の現状と課題。
2017/03/31掲載よくわかる講座
人事マネジメント「解体新書」第93回 社員に気づきと成長を促す「キャリア開発支援」【前編】
「キャリア開発」があらためて注目されている。まずはキャリア開発支援の枠組みをしっかりと把握し、具体的な制度設計に踏み込んでいくことが重要である。「キャリア開発支援」の必要性を明らかにするとともに、具体的な対応(施策)と、運用のポイントについて解説する。
2016/04/14掲載人事マネジメント解体新書

関連するキーワード

注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ 高尾の森わくわくビレッジ
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...