企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】アグリゲーター アグリゲーター

「アグリゲーター」(Aggregator)とは、経営コンサルタントの柴沼俊一氏らが同名の共著で提唱した新しい職種・働き方に関する概念で、“アグリゲート(aggregate)する能力をもつ人材”という意味です。アグリゲートとは本来、集めることを指し、同書ではこれを「短期間に社内外の多様な能力を集め、掛け合わせて、徹底的に差別化した商品・サービスを市場に負けないスピードでつくりあげるやり方」と定義しています。「自分のやるべきことを見い出し、それをいかなる環境においても最後までやりきる力とモチベーションをもつ」のがアグリゲーターの特徴で、そうであるがゆえに会社や組織の枠にとらわれず自由に活躍できる、次世代の働き方として注目されています。
(2014/1/10掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アグリゲーターのケーススタディ

内外のリソースを駆使して価値創造
育成は実際のプロジェクトを通じて

グロービス経営大学院教授の柴沼俊一氏と、日経ビジネス副編集長の瀬川明秀氏の共著『知られざる職種 アグリゲーター 5年後に主役になる働き方』によると、ITが発達した21世紀型知識社会では企業と個人の関係が劇的に変質。新しい価値を創出する力と明確なビジョンを持った人材が企業の内外で自由に活躍できるようになり、近い将来には複数の会社で仕事をするサラリーマンも登場する、と論じられています。そして同書が、そうした新しい人材の概念として定義しているのが「アグリゲーター」と呼ばれる職種・働き方です。

アグリゲーターの役割は、企業が抱える課題に応じて自らのビジョンを示し、社内外の人材やモノ、技術などを適宜集めてきては、ミッションを遂行・達成することにあります。プロフェッショナルが特定分野の知識や技術に精通している人材であるのに対し、アグリゲーターにはいくつもの専門性に加え、ビジネスの目利き力やネットワーク、より上位の次元でものを考えてプロジェクト全体を俯瞰(ふかん)する管理能力などが求められます。

例えば、米国のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は、イノベーティブな商品開発を加速させるために、「コネクト・アンド・デベロップ」というコンセプトで他の企業や社外の研究者とのコラボレーションに取り組んでいますが、こうしたプロジェクトの中核にこそアグリゲーター的な人材が欠かせません。実際に、米ゼネラル・エレクトリック(GE)などの先進企業や一部のコンサルティング・ファームでも、新しい職種として認知・導入されています。

ビジネス環境の多様化や複雑化、グローバル化がさらに進めば、社内のリソースだけでプロジェクトを完結させることは至難でしょう。それだけに、内外の知恵や資源を自在に活用して付加価値を生むアグリゲーターの存在価値は高く、ビジネスパーソンにとってはキャリアアップの可能性という点でも有望な働き方の選択肢といえます。

では、企業がこうした人材を育成するにはどうすればいいのでしょうか。ポイントは、やはり新規事業の立ち上げなど実際のプロジェクトを任せることに尽きます。米GEの「ワークアウト」のように“プロジェクト主義”を徹底させ、目標と期限、完了時の期待成果、解決すべき課題が明確な環境を与えることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
タレント・マネジメント
人材こそ企業の競争力の源泉と見なし、採用から配置、育成、キャリア形成といった一連のプロセスを効果的に管理・支援するしくみを指します。
エグゼクティブ・サーチ
エグゼクティブ・サーチ(executive search)とは、経営幹部を採用する際に、現職で活躍している有能な人材を社外から探し出す採用手法のこと。企業から依頼を受け、採用活動を行う会社のことをエグゼクティブ・サーチ・ファームといいます。

関連する記事

研修・人材育成とは
人材育成のために、今、企業に求められていることは何か。企業における人材育成の現状について確認し、今後、どのような対策を行っていけばいいのか、進むべき方向性を整理した。
2012/10/12掲載よくわかる講座
人材紹介とは
中途採用に欠かせない「人材紹介」だが、現在のように広く利用されるサービスになったのは 比較的最近のこと。その成り立ちと業務内容をおさらいしてみよう。
2016/08/31掲載よくわかる講座
人事マネジメント「解体新書」第89回 長期的観点から再考する「コア人材」の採用と育成【前編】
企業間競争が激しさを増す中、企業には自社固有の経験と高い能力を持った人材、いわゆる「コア人材」の確保・育成が求められている。実際、さまざまな企業がそのために施策に取り組んでいるが、早期登用や外部採用などではなく、長期雇用を前提としたコア人材の確保・育成や、キャ...
2015/12/07掲載人事マネジメント解体新書

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

変化のスピードが速い現代において、過去の“経験則”だけでは通用しないの...