【ヨミ】パラレルキャリア パラレルキャリア

「パラレルキャリア」(parallel career)とは、経営学者のピーター・ドラッカーが著書『明日を支配するもの』などで提唱した考え方です。寿命が延びた現代において、個人はひとつの組織に依存して同じ仕事を続けるだけでなく、それとは別の“第二のキャリア”にも時間や労力の一部を費やすことで新しい世界を切り開くべきだと、ドラッカーは述べています。仕事以外の仕事をもったり、社会活動などに参加したりして、本業と第二のキャリアを両立させる生き方を「パラレルキャリア」といいます。
(2012/3/26掲載)

パラレルキャリアのケーススタディ

若手が働く意義を見つめ直すきっかけに
別世界で得たスキルや人脈を本業に還元

終業後や休日のオフタイムを活用して、自分の本来の仕事とは別の活動に打ち込む――日本でも「パラレルキャリア」の動きが、若いビジネスパーソンを中心に広がりつつありますが、その意義やねらいは先進地の欧米と少々異なるようです。欧米では、日本と比べて、若いビジネスパーソンの転職率が高いこともあり、現在の仕事や働き方にとらわれずに自分のキャリアプランを考える傾向があります。そうした背景から「パラレルキャリア」に取り組む場合も、その活動を通じて他業種・業界の情報を入手したり、人脈を築いたりするなど、キャリアアップにつながる「転職への足がかり」と捉える人が少なくありません。

一方、日本の若者の「パラレルキャリア」志向の背景には、競争の激化などによる労働負担の増加や職場の疲弊が目立ちます。端的にいうと、本業の仕事では全力投球しても、やりがいを見出しにくい。そうしたなか「パラレルキャリア」が若者たちにとって、働く意義とは何かを見つめ直すきっかけになっているのかもしれません。

厚生労働省の『労働経済白書』によると、「新入社員が働く目的」を調査したところ、2010年度では「楽しい生活をしたい」が38%で最も多く、「社会のために役に立ちたい」も14%で10年前の00年度の2倍超に達しました。逆に、その00年度で最多だった「経済的に豊かな生活を送りたい」や2位の「自分の能力を試す生き方がしたい」といった、かつての“モーレツ社員”的なモチベーションは低下傾向にあり、「パラレルキャリア」への共感につながりやすい若者心理の変化を見てとることができます。また「パラレルキャリア」の支援サイト「もんじゅ」を運営している玄道優子さんによれば、「東日本大震災を機に、社会貢献関連のパラレルキャリアへの関心が高まっている」そうです。

NPO活動に参加したり、起業に挑戦したり、あるいは趣味でプロを目指したり、別世界での活動から得られるものは仕事以外のやりがいだけではありません。経験やスキル、人脈なども貴重な収穫。先述したように欧米ではそれを転職のための手段として利用する傾向がありますが、日本の場合、「パラレルキャリア」に打ち込む若手のビジネスパーソンは得られたスキルや人脈を本業にも還元し、役立てようとする意識が強いようです。その結果、本業での働きがいにあらためて気づいたり、仕事上の壁や行き詰まりを突破して急成長したりするなどの効果も現れています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード