無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】クライシス コミュニケーション クライシス・コミュニケーション

「クライシス・コミュニケーション」(Crisis Communication)とは、非常事態の発生によって企業が危機的状況に直面した場合に、その被害を最小限に抑えるために行う、情報開示を基本としたコミュニケーション活動のことです。リスクマネジメントの一環として、事実関係や実施する危機管理対策の内容を各ステークホルダー(利害関係者)に迅速かつ適切に伝達するのが、クライシス・コミュニケーションの最も重要な役割です。
(2011/4/18掲載)

クライシス・コミュニケーションのケーススタディ

危機管理の要諦はコミュニケーション
社内で正しく伝われば社外にも伝わる

非常時に企業を脅かす被害を最小化する――これがクライシス・コミュニケーションの意義ですが、その対応を誤ると、被害を小さくするどころか、決定的に悪化させてしまうこともあります。危機発生後の、批判にさらされやすい状況下で、ステークホルダーが納得するような適切なコミュニケーション対応を行うのは想像以上に難しいことです。過去の危機管理の失敗例を見ても、事実の公表が遅れて隠ぺいを疑われたり、記者会見に誤りや失言があったりするなど、問題はたいてい、発生した危機そのものより、それに対する企業のメッセージが社内外に正しく伝わらないというコミュニケーションの不備にありました。だからこそ組織を挙げて、適切なクライシス・コミュニケーション対策に取り組む必要性が指摘されるのです。

クライシス・コミュニケーションの対象となるのは、一般消費者をはじめ、メディアや地域住民、取引先、株主、投資家など、企業を取り巻くすべてのステークホルダーです。とくに重視されるのが、取材や記者会見でのメディアへの対応。なぜなら社外のステークホルダーにとっては、メディアが実質的な情報源となるからです。

しかし社外に向けた活動を奏効させるためには、それ以前にもうひとつの情報の流れ、すなわち社内におけるコミュニケーションを適切に進めておく必要があります。企業は、自らの内にも、従業員というきわめて重要なステークホルダーが存在することを忘れてはなりません。社内で危機が発生した場合、まず現場からしかるべき上司や部署へ第一報が入りますが、それを軽視して、被害を拡大させてしまうことがあります。顧客のクレームが現場から上がっていたのに、「あの店舗だけの問題」と過小評価して大規模な食中毒事故への発展を防げなかった、というような不祥事も過去にたびたびありました。また危機の発生が経営陣の耳に入るまでに時間がかかったり、耳に入っても対策本部の設置や記者会見の実施などの決断が先送りされたりするなど、初期対応の遅れも社内におけるコミュニケーションの典型的な失敗パターンといえるでしょう。

そしてどんな事情があろうとも絶対に避けなければならないのは、事件・事故や不祥事などの事実を把握しながら外部に公表しない、あるいは公表を遅らせるといった組織的な隠ぺい工作です。隠ぺいは必ずといっていいほど「内部告発」の形で発覚します。従業員が、不利を覚悟であえて情報を流出させるのは、組織の一員であるとともに、企業の利害関係者=ステークホルダーでもあることの証拠にほかなりません。だからこそ見逃せないのです。外部への速やかな公表を決めた段階で、全社員に向けても一定の情報開示を行い、危機の概要と外部への対応方針に理解と協力を求めるべきでしょう。このタイミングが遅れると、顧客が自社の担当者より先にメディアから情報を得てしまい、危機管理に不信感を抱くなどトラブルを招きかねません。

危機情報をトップにまで迅速かつ正確に伝達すると同時に、組織全体で適切に共有するしくみを確立し、日頃から徹底しておくことが、社内におけるクライシス・コミュニケーション活動の重要なポイント。人事部門にも、研修やセミナーを企画・実施するなど、社員の意識と知識を高めるための施策が求められます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「クライシス・コミュニケーション」に関する記事

「クライシス・コミュニケーション」に関する人事のQ&A

稟議書への決裁権限者の記載方について

いつも大変お世話になっております。
稟議書への決裁権限者の記載方について、社内で意見が分かれておりますのでご相談させて頂きます。

弊社では、決裁の権限を科目と金額により段階的に設けております。例えば...

おつかれさん
福岡県/ 販売・小売(従業員数 301~500人)
2018/11/29 11:44 ID:QA-0080713 労務・法務・安全衛生 解決済み回答数 2 件

「クライシス・コミュニケーション」に関する書式・テンプレート