企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ヨゲンノジコジョウジュ 予言の自己成就

「予言の自己成就」とは、根拠のない噂や思い込みであっても、人々がその状況が起こりそうだと考えて行動することで、事実ではなかったはずの状況が本当に実現してしまうこと。アメリカの社会学者ロバート・K・マートンが提唱しました。同じくアメリカの社会学者W・I・トマスが説いた「もし人がその状況を真実と決めれば、その状況は結果において真実である」という定理を基に展開された理論です。

予言の自己成就のケーススタディ

ネガティブではなく、ポジティブな
予言の自己成就を生み出すには

2020年春、新型コロナウイルス感染症の感染が広がる中、全国各地でトイレットペーパーが品薄になる事象が発生しました。マスクの品切れが相次いだことで、次はトイレットペーパーなどの紙製品が無くなるという噂が立ったのです。根拠のないデマでしたが、実際にドラッグストアから紙製品がなくなり始めると、噂を信じていない人も焦りを覚えて購入するようになり、入手することが困難になってしまいました。これも一種の「予言の自己成就」です。

人々の見方によって行動が変わり、噂や思い込みが真実になってしまうことは、規模の大小にかかわらず身の回りにあふれています。勉強や仕事のパフォーマンスに関しても同様です。受験生が不安から、勉強するための時間を「きっと受験に失敗してしまうだろう」と悩むことに割いてしまい、実際に悪い結果になることがあります。

会社での評価も同様です。ABC評価のうちAと評価された人は、自分自身への期待が高まり、パフォーマンスが向上することがあります。一方、Cと評価された人は自分のことに落胆し、パフォーマンスが下がってしまうかもしれません。

組織が「予言の自己成就」のネガティブな流れに飲まれないようにするためには、どうすればよいのでしょうか。また、査定面談などで部下に低い評価を伝えなければならないときは、どのように伝えるべきでしょうか。

ポイントは、相手への期待を伝えること。自分が相手をいかに信用しているか、どんな可能性を信じているかを伝え、フィードバックを受けた人が前向きで主体的でいられるよう、コミュニケーションをとるのです。「予言の自己成就」は、前向きな予言にも適用されます。リーダーや人事が、部下や従業員の未来を信じることがポジティブな結果を生むでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

水平的評価
上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数...
360度評価
パフォーマンスの高い組織をつくるスキームには、さまざまなものがあります。中でも、社員のモチベーションを高め、個々の人材が持つ能力を最大限に引き出す評価制度の設計は、人事担当者の腕の見せ所といってよいでしょう。従来採用されてきた上司から部下への一方向の評価体制の欠点を補う手法として、いま浸透しつつある...
垂直的評価
「垂直的評価」とは、上司と部下というタテの関係の中で行われる人事評価のことです。定義としては「部下が上司を評価する」意味も含まれますが、一般的には「上司が部下を評価する」ことを指します。多くの企業では、日常的・直接的に部下の指導監督にあたる直属の上司を第一次考課者として、一次考課者の監督者を第二次...

関連する記事

「部下が上司を評価する仕組みがある」企業は14.4% 「評価が会社の業績向上につながっている」企業は35.5%
「最終的な評価結果が、被評価者にフィードバックされる」に「当てはまる」「どちらかといえば当てはまる」と答えた人は、71.3%。また、評価対象、評価項目、評価基準が社内で公開されている」は69.9%だった。一方、評価結果への納得や配置転換への活用、業績向上につな...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
評価制度の実際
人事制度の方針を決定する上で重要な役割を持つ「評価制度」。その意義・目的と運用のポイントについて紹介する。
2017/06/30掲載よくわかる講座

関連するQ&A

コンピテンシー評価について
コンピテンシー評価において、「自己評価」をするかしないか悩んでおります。 コンピテンシーは抽象的な評価項目が多い為、自己評価を入れると個人の性格によってブレてしまうのではと考えています。 この点について、アドバイス頂きたく、宜しくお願い致します。
絶対評価と相対評価の活用例
人事評価には絶対評価と相対評価の二種類があると言われますが、それぞれの活用先(賞与評価、昇給評価、昇格評価)とその理由につきまして、一般論で結構ですので、ご指導願います。
人事評価制度 二次評価者について
人事評価制度で二次評価者が存在します。そもそも「二次評価者の目的と役割」は何でしょうか。そして、二次評価者の取り組み方として何が重要なんでしょうか。皆様お忙しいと存じますが、理解を深めたいと思いますので、詳細に教えて頂けますでしょうか(長文でも大丈夫です)。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ キャリア開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

タレントパレット 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。