【ヨミ】レンゴウ 連合

日本最大の労働組合の全国組織(ナショナルセンター)、日本労働組合総連合会の略称です。 今年10月の定期大会で高木剛氏が5代目の会長に選出されました。
(2005/10/31掲載)

連合のケーススタディ

680万人を傘下に収める
日本最大の労働組合全国組織

連合は総評(日本労働組合総評議会)、同盟(全日本労働総同盟)、新産別(全国産業別労働組合連合)、中立労連(中立労働組合連絡会議)の労働4団体が、労働界の再編を目指して1989年11月に統一、結成されました。現在、自治労、UIゼンセン同盟、自動車総連、電機連合など59の産業別労働組合が加盟、組織人員は約680万人となっています(オブザーバー加盟・友好参加を含む、2005年3月1日現在)。

運動方針として、かつての「春闘」を「春季生活闘争」として継承するとともに、その柱に「政策・制度の改善」「労働条件の向上」「組織の拡大・未組織労働者の組織化」の3つを掲げています。また、昨今の雇用・失業情勢の悪化や改正労働基準法などの動向を踏まえ、(1)雇用と地域を最優先した予算配分(2)パート労働者の均等待遇の法制化(3)社会保障全体の抜本改革(4)不払い残業の撲滅の4つを最重点課題とすることを確認しています。

最近では自衛隊のイラク派遣や有事法制などに反対して大衆行動を展開する一方、1リーグ制移行に反対していた日本プロ野球選手会(古田敦也会長)への全面支援を表明、署名活動などに取り組み、スト戦術のアドバイスまで行いました。また政党との関係については、99年に政治方針に付随する確認事項の中で「民主党を基軸とした勤労者・市民を基盤とする幅広い政治勢力の結集を目指す」と決めました。昨年の参院選では組織内候補8人を民主党比例候補として擁立、全員が当選しました。今年の衆院選でも50人中28人(比例を含む)が当選しています。

しかし、ここにきて民主党の一部から「労組依存」を批判する発言が相次ぎ、前原誠司代表は10月の連合の定期大会で「労組と意見が違えば是々非々で対応する」と明言しました。連合の内部でも公務員制度改革、憲法改正、サラリーマン増税などをめぐり、意見の対立が表面化しています。こうした政治課題を乗り越えて団結できるのか、連合にはナショナルセンターとしての真価が問われていると言えそうです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード