無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】ショウヨ ボーナス 賞与(ボーナス)

「賞与(ボーナス)」は、一般的には企業が多くの利益を上げたときに、従業員にその利益を還元するために支払われる一時金のことを意味します。「いい」という意味をもつラテン語の「ボヌス」から派生した「ボーナス(bonus)」ですが、「パートタイム労働者には賞与を支給しない、もしくは非常に少額」という企業が多いのが現状でしょう。しかし、同一労働同一賃金制度がはじまる2020年4月からは、正社員と同一の労働をしている場合、このような待遇の相違は許されなくなりました。企業には、賞与という制度をいま一度見直すことが求められています。

1. 賞与(ボーナス)とは?

「賞与」とは、従業員に企業の利益を還元するために支払われる一時金のことです。法律的には、「賃金、給料、俸給、手当、賞与その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が、労働の対償として受けるすべてのもののうち、三月を超える期間ごとに受けるものをいう」(健康保険法第三条, 6)とされています。

欧米と日本では、賞与に対するイメージが異なります。欧米では、抜きんでた業績をあげた人に特別に支給される一時金というイメージが強いのに対し、日本では変動するものの、定期的に与えられる給与の一つというイメージが強いようです。

日本では「毎年夏と冬の2回、月給の何ヵ月分を支給する」としている企業が多く存在します。多くの人が「ボーナス払い」をあてにしてローンを組むことができるのも、ボーナスが安定かつ定期的にもらえることを前提としているからといえるでしょう。

では、給与と賞与の違いはどこにあるのでしょうか。

賞与(ボーナス)と給与の違い~賞与は必ず支払わなくてはならないものではない~

給与は必ず支払わなくてはなりませんが、賞与はそうではありません。また、給与と同様に源泉徴収が行われますが、以下で解説するように、その計算方法は少し異なります。

企業によっては、毎月の基本給を固定し、業績をあげた人にはボーナスという形で還元する、という欧米的な制度をとっている企業もあります。

「査定」があることが給与と賞与の違いだ、と考える方もいるかもしれませんが、月々の給与が査定で変更されているケースもあります。イメージとしては、「給与=固定して支払われる賃金」「賞与=臨時的に支払われる賃金」と覚えておけばいいでしょう。より正確に言えば、健康保険法上の定義で「三月を超える期間ごとに受けるもの」が賞与に当たるため、最高でも「年4回」支給されるものとなります。「年5回以上」支給される場合は賞与ではなく、給与となります。

参照:従業員に賞与を支給したときの手続き

賞与(ボーナス)に税金はかかる?

賞与には給与と同様に、税金がかかります。しかし、給与に対する税金とは異なる計算方法がとられます。専門的な言葉でいえば、「源泉徴収の対象になる」ということです。

最終的には税務署が判断しますが、ある報酬が賞与に当たるかどうかは、次の定義に当てはまるかどうかによって判断されます。いずれかに当てはまる場合、賞与とみなされ、税金が課されることになります。

  1. 純益を基準として支給されている
  2. あらかじめ支給額または支給基準の定めがある
  3. あらかじめ支給期は定められていない(雇用契約そのものが臨時である場合のものを除く)
  4. 法人税法第34条第1項第2号「事前確定届出給与」に規定する給与(他に定期の給与を受けていない者に対して継続して毎年所定の時期に定額を支給する旨の定めに基づき支給されるものを除く)
  5. 法人税法第34条第1項第3号に規定する業績連動給与

引用:No.2523 賞与に対する源泉徴収|国税庁

賞与(ボーナス)にかかる保険料・源泉所得税の計算

賞与からはまず、健康保険料、厚生年金保険料、介護保険料などの社会保険料が引かれます。加えて、源泉所得税が控除されます。賞与の保険料・源泉所得税の計算の順番は、以下の通りです。

  1. まず前月の給与から社会保険料などを引いた金額をもとめ、
  2. この金額と扶養家族の人数を「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」に当てはめて「算出率」を割り出す。
  3. そして割り出した「算出率」に、賞与の全額から上記の社会保険料を引いた金額にかけて計算する。

参照:No.2523 賞与に対する源泉徴収

前月の給与が支払われていなかった場合は?

上記の計算方法では、「前月の給与」が支給されていたことが前提になっています。前月の給与が支払われていなかった場合は、賞与の全額から社会保険料を引いた金額の6分の1を導き出してから、「給与所得の厳正徴収税額表」に当てはめて税額を決定し、それを6倍して源泉徴収税額を求めます。このほかにも、前月の給与の10倍を超過する賞与が出た場合などは、また別の計算方法が必要になります。

2. 賞与(ボーナス)の計算方法と求人の出し方

次に、賞与の計算方法や、求人広告への記載方法などを紹介します。一言で言えば、一般的な方法で、正確に書くことがポイントになります。

求人広告に賞与(ボーナス)はどう書くのが正解?

賞与の書き方は、「夏・冬 2回 計3.0ヵ月分」「年1回 前年度実績4.0ヵ月分」などさまざまですが、「回数」と「何ヵ月分支給されるのか」を正確に書くことが重要です。

応募者はまず「月給」に注目しますが、それ以上に「年収」も気にするものです。賞与の多さは年収にかかわってくるものなので、ごまかしたりすると、後々のトラブルになりかねません。賞与を求人広告に書く場合は、年に何回、どの程度の金額を支払っているのかを明記しましょう。また、求人広告だけではなく、賞与に関する規定を就業規則や労使協定にも記載するようにしましょう。

賞与(ボーナス)の計算方法

評価の基準が不明確であったり、金額の決定方法が明瞭でなかったりすると、労働者のモチベーションが低下する可能性があります。それを避けるためにも、賞与の増減に関する規定は、明確にしておいたほうがよいでしょう。

一般的に賞与は、月給の2~3ヵ月など基礎となる基礎給に、人事考課の評価率や出勤率などをかけて金額を決定します。評価率は、普段の業績や仕事に対する態度などを換算した率とすることが多く、出勤率は文字通り、実際の出勤日数を所定労働日数で割った数値となります。賞与の計算方法だけではなく、評価基準も明確にしておくことが望ましいでしょう。評価基準を明確にするだけで、業績があがった企業もあります。

賞与計算の具体例

では、賞与を具体的に計算してみましょう。「夏・冬 2回 計3.0ヵ月分」とあった場合、ここでは「計」と書かれているので2回合計で3ヵ月分ということになります。つまり、月々の給与が30万円だとすると、1回あたりの賞与は45万円、2回で90万円となります。ここに人事考課の評価が加わり、さらに高くなることもあるでしょう。

1回の賞与が45万円の場合、社会保険料などを引いた概ねの手取り金額は38万円ほどになりますが、扶養家族がいない場合は38万円×6.126%(前月の給与-社会保険料からもとめられた算出率)がかけられます。そうすると、35万7,000円程度が概ねの手取りになります。

手取り金額は従業員が最も気にする事柄の一つなので、給与計算の仕事にかかわる際は保険料・源泉所得税の知識を正確に把握しておくことが肝心です。

3. 賞与(ボーナス)について従業員に聞かれたら?~「同一労働同一賃金」の導入で質問される機会が増加?~

賞与は、人事考課の評価が反映されることも多く、評価基準を明確にしておかないと、従業員から不満が起こりかねません。「なぜ私はこの評価なのでしょうか?」と聞かれたときに、恣意的な評価基準を設けていると、すぐに応答することができません。そのため、評価基準は明確にしておく必要があるでしょう。

また、冒頭でも触れた通り、2020年4月から同一労働同一賃金制度が導入されるため、パートにも賞与を支給しなければならなくなるケースが増えてきます。パート社員に正社員と同じ仕事や成果を求める場合は、貢献度などによって賞与を支給することになります。今後、これまで賞与をもらっていなかったパートの方などから、賞与に関して質問される機会が多くなるかもしれません。賞与の支給基準を明確にしておくことは、リスク管理の意味で重要になってきますので、今から賞与の支給基準について、社内で準備しておくべきです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「賞与(ボーナス)」に関する記事

「賞与(ボーナス)」に関する人事のQ&A

介護職 処遇改善加算について

相談させていただきます

社会福祉法人の介護サービス事業所で勤務しております
介護職員等、一定の職種のものに対して、県から事業所に「処遇改善加算」というお金が出ます
弊社では、月次給与(処遇改善手当)...

まめすけさん
埼玉県/ 医療・福祉関連(従業員数 101~300人)
2018/08/23 14:58 ID:QA-0078558 報酬・賃金 解決済み回答数 2 件

同一労働同一賃金について

正社員の超過勤務手当⇒1.3倍
パートの超過勤務手当⇒1.25倍

当社の割増手当はそれぞれ上記の割増率を元に計算しております。

共に法定以上の設定ではありますが、差異があるため同一労働同一賃金に抵...

総務の課長さん
東京都/ その他メーカー(従業員数 101~300人)
2021/01/06 13:31 ID:QA-0099621 報酬・賃金 回答終了回答数 4 件

賞与の回数のメリットデメリットにつきまして

現在、弊社では賞与が年2回の支給になっています。
業績変動のイメージを全社で持つことを目的に、Q毎の実績から年4回の賞与支給に転換する方向で検討を進めています。具体的なシミュレーションはまだ行っていな...

人事金太郎さん
東京都/ その他業種(従業員数 101~300人)
2020/12/28 18:05 ID:QA-0099519 報酬・賃金 回答終了回答数 3 件

「賞与(ボーナス)」に関する書式・テンプレート

賞与計算規定

一般的な賞与(ボーナス)計算式を記載した規定例です。計算要素として人事考課と出勤率を組み込んでいます。自社の賞与計算要素に合わせて編集し、ご利用ください。

ダウンロード
賞与査定表

賞与の査定表です。査定に必要と考えられる項目をリストアップしています。業種・職種に合わせて編集し、ご利用ください。

ダウンロード
人事担当者が使う主要賃金関連データ

人事担当者が使う主要賃金関連データのリストです。
賃金制度や賃金テーブルの策定や見直しの際は、社会全体の賃金相場を把握し、反映することが不可欠です。
ここでは知っておくべき各省庁や団体が発表してる賃金調査をまとめました。

ダウンロード