企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事白書調査レポート

8割を超える企業が「戦略人事」の重要性を認識しているが、実践できている企業は3割に満たない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「戦略人事」として機能している人事部門は3割弱

「戦略人事」が重要であるかを聞いたところ、「当てはまる」(54.5%)、「どちらかというと当てはまる」(30.3%)を合わせて84.8%と、8割を超える企業が戦略人事の重要性を認識している。

■戦略人事は重要である(全体)

戦略人事は重要である(全体)

業績別に見ると、市況よりも良い企業で「当てはまる」とする割合が62.5%と高く、市況よりも悪い企業の48.6%を大きく上回っている点が目立つ。

■戦略人事は重要である(業績別)

戦略人事は重要である(業績別)

では、人事部門は実際に「戦略人事」として機能しているのか。回答を見ると、「当てはまる」は7.3%と少なく、「どちらかというと当てはまる」(21.1%)を合わせても、28.4%にとどまっている。一方、「当てはまらない」(35.9%)、「どちらかというと当てはまらない」(32.1%)は合わせて68.0%。戦略人事の重要性は強く認識していても、人事部の抱える課題が多岐にわたり、人材不足が常態化しているため、実際には戦略人事として機能していない実態が浮き彫りとなっている。

■戦略人事を実践できている(全体)

戦略人事を実践できている(全体)

業績別に見ると、市況よりも良い企業では「当てはまる」(9.9%)、「どちらかというと当てはまる」(29.2%)が合わせて39.1%に達しており、その割合は市況よりも悪い企業の割合(18.9%)の約2倍に及んでいる。

■戦略人事を実践できている(業績別)

戦略人事を実践できている(業績別)

戦略人事が機能していない理由は「人事部門のリソースの問題」が5割

戦略人事が機能していない理由を聞いたところ、最も多かった理由は「人事部門のリソースの問題」で、50.5%と過半数を占めている。次いで「人事部門の位置づけの問題」(42.7%)、「経営陣の問題」(41.2%)が4割台で続き、以下、「人事部門のメンバーの能力の問題」(38.5%)、「人事部門の経営視点欠如の問題」(34.0%)、「人事部門の意識の問題」(29.5%)、「コミュニケーションの問題」(27.0%)と続く。機能していない理由には、リソースや位置づけ、メンバーの能力など、人事部門自体が抱える問題が多いことが分かる。

■戦略人事が機能していない理由(全体)

戦略人事が機能していない理由(全体)
【調査概要】
実施時期2019年3月19日~4月9日
調査対象『日本の人事部』正会員
調査方法Webサイト『日本の人事部』にて回答受付
回答数5,022社、5,273人(のべ)
質問数146問
質問項目1.戦略人事/2.採用/3.育成/4.評価・賃金/5.ダイバーシティ/6.働き方/7.HRテクノロジー/8.組織活性化

出典:『日本の人事部 人事白書2019』

「日本の人事部 人事白書」

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事白書 調査レポートのバックナンバー

エンゲージメントサーベイを「行っている」企業は約4割、「行っていない」企業は約6割
自社従業員のエンゲージメントの状態を調べる「エンゲージメントサーベイ」を、実施しているかどうかを聞いたところ、「行っている」は35.9%。「行っていない」は57...
2019/12/03掲載
今後最も活用したいデータは「評価情報」、活用する上で留意する点は「目的の明確化」
人事担当者に人事のデータ活用について聞いたところ、今後最も活用したいデータは「評価情報」、活用する上で留意する点は「目的の明確化」であることがわかった。
2019/12/02掲載
イノベーション創出の施策は、「経営層によるコミットメント・メッセージの発信」「社外の勉強・交流会などへの参加促進」「部門を越えた交流の促進」がトップ3
人事担当者にイノベーション創出の施策について聞いたところ、「経営層によるコミットメント・メッセージの発信」「社外の勉強・交流会などへの参加促進」「部門を越えた交...
2019/12/01掲載

関連する記事

タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第3回】
あなたのキャリアを、なぜ戦略的に考えないの?
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2020/01/30掲載編集部注目レポート
配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高い
人事担当者に「新卒の選考に際して、入社後の配属を意識しているか」「入社後の活躍割合」を聞いた。それらの相関関係を探ると、配属先を意識して選考を行っている企業ほど...
2019/07/26掲載人事白書 調査レポート
5割以上の人事部門は経営戦略の意思決定に関与できていない
人事担当者に「人事部門が経営戦略の意思決定に関与しているか」を聞いたところ、「当てはまる」「どちらかというと当てはまる」との回答は45.9%。一方、「当てはまら...
2019/07/18掲載人事白書 調査レポート
HRテクノロジーを「採用」や「業務効率化」で活用している企業が昨年から倍増
採用におけるHRテクノロジー活用の割合は、「活用している・成果あり」(23.2%)、「活用している・成果なし」(9.1%)を合わせて32.3%という結果となった...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
すでに残業時間削減に取り組んでいる企業が8割強。大企業では約97%に
残業時間の削減に取り組んでいるかどうかを聞いたところ、「積極的に取り組んでいる」と答えた企業は34.8%。「取り組んでいる」(49.8%)を合わせると、8割強に...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
【用語解説 人事キーワード】
戦略人事

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

最短1営業日で従業員代表を選出しませんか QUICK REPLY

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!
new

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
new

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...