ニュース
人事サービス 人材育成・研修
掲載日:2011/08/01

本格的な企業変革を支援するACWパートナーズが
『課題設定 実践トレーニング』をスタート

ACWパートナーズ(東京都千代田区、代表 大國 仁、電話03-5219-1443、http://acwp.jp )は、事業企画の策定や改革活動の推進に関わる経営者や責任者を対象に、課題設定の重要性やポイントを理解して適切な課題を設定するための実践的な研修サービスの提供を開始します。

「組織変更ばかり繰り返している」「課題は明確なのに一向に進まない」といった悩みが解消できます。また、「業績向上のために情報システム導入を検討している」など大きな意思決定を控えている場合には、その決断のための多くのヒントが得られます。

本サービスは、弊社が支援する活動で得られる財務的な効果を一部補償する「成果にコミットシリーズ」の第3弾であり、研修による効果に満足いただけなかった場合には研修費用の25%を返金いたします。


■ サービス提供の背景と目的
環境変化による業績の変動に振り回されると、近視眼的な対応に陥りがちです。しかし本来は、“中長期で取り組むべき経営基盤の強化”と“短期で改善すべき不具合”のバランスを取りつつ、組織内に起こる反応を予想して実現可能性を考慮するなど、全社的な視野を持ち先を見通した課題設定が必要不可欠です。

このような状況を踏まえ、『課題設定 実践トレーニング』では、事業企画の策定や改革活動の推進に関わる経営者や事業責任者に対して、課題設定の重要性やポイントを理解し、自社の課題について再確認できる機会を提供することで、適切な課題設定が行えるようになることを目的としています。


■ 本サービスの特長
1.課題の抜け漏れやバランスを確認できる枠組みや押さえるべきポイントを習得できる
抽象論ではなく、事業計画の策定や改革活動の推進の経験から得られたノウハウに基づく具体的な内容となっています。

2.グループ討議を通じて、参加者が現状の認識や取り組むべき課題について共有できる
トレーナーが一方的に進めるのではなく、グループ討議の時間が約7割を占めています。参加者間の情報共有によって、多くの気づきが得られます。

3.自社の課題とその進捗状況を振り返った上で、今後取り組むべき課題を検討できる
事業計画策定時であれば前期の課題を、期中であれば期初に設定した課題を取り扱います。これまでの課題の進捗を確認し、進捗が思わしくない課題についてはその原因を解明した上で、「この先どのような課題に取り組むべきなのか」を明らかにしていきます。


■ 対象者
・経営者、事業責任者
・事業企画の策定に関わる責任者・実務担当者
・改革活動の推進者
・管理職、将来の幹部社員


■ 受講人数、所要時間、研修費用
・受講人数:1クラス8~12名
・所要時間:半日(約4時間30分)
・研修費用:1回あたり50万円(消費税別、自社で研修会場を準備する場合)


■ 株式会社ACWパートナーズのご紹介 ※ホームページ http://acwp.jp
ACWとは、Advanced Company Way の略。企業の永続的な成長をパートナーとして支援する経営コンサルティング会社。社員が自律的に動き、組織として成功体験を積みながら、自社独自のウェイを強めていくための各種サービスを提供する。製造業からサービス業まで幅広い業界における企業の変革活動への支援ノウハウを持つ。また、店舗など拠点をチェーン展開する企業への各種サービスも充実している。

(株式会社ACWパートナーズ http://acwp.jp /8月1日発表・同社プレスリリースより転載)
 

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。