ニュース
人事サービス 雇用・採用
掲載日:2019/07/29

採用動画を見たことがある就活生は7割超。動画視聴により6割の就活生が志望度上昇~『就活生のスマートフォン利用動向と採用動画に関する調査』:プルークス×レバレジーズ

動画マーケティングのコンサルティングを行う株式会社プルークス(本社:東京都中央区、代表取締役:皆木 研二、以下プルークス)は、レバレジーズ株式会社が運営する新卒向け就職エージェント「Career Ticket (キャリアチケット)」と合同で、就職活動生を対象「就職活動におけるスマートフォンの活用と採用動画視聴に関するアンケート調査」を実施いたしました。


<調査のポイント>

  1. 就活時のスマートフォン利用時間は、2時間以下が最多
  2. 普段のスマートフォン活用目的は「SNS」、就活時は「情報検索」で利用
  3. ビジネスシーンで多く利用するFacebook、就活生は第4位
  4. 採用動画を見たことがある就活生は7割超。採用動画を見たことがある就活生の半数が、企業ホームページで視聴
  5. 最も印象に残る動画コンテンツは「社員インタビュー」
  6. 動画視聴により6割の就活生が志望度上昇、「動画があったほうが良い」と回答した就活生は7割を超える


<調査詳細(一部抜粋)>
・就活時のスマートフォン利用時間は、2時間以下が最多
普段のスマートフォン利用時間は3時間以上であると回答する就活生が多いのに対し、就職活動時のスマートフォン利用時間は2時間以下が最多となっています。


・普段のスマートフォン活用目的は「SNS」、就活時は「情報検索」で利用
それぞれの利用目的を比較したところ、普段は「SNS」が半数以上を占めるのに対し、就職活動時は「情報検索」が半数近い結果となりました。スマートフォンを活用してインターネット上で就職活動に関する情報検索をしていることが予想されます。


・採用動画を見たことがある就活生は7割超。採用動画を見たことがある就活生の半数が、企業ホームページで視聴
企業が就活生に向け制作した採用動画を見たことがあると答えた学生のうち、半数近くが企業ホームページで採用動画を視聴しています。スマートフォンで就職活動に関する情報検索をしている際に動画を視聴しているケースが多いことが考えられます。YouTubeでの視聴も昨年より増加しており、就活生にも採用動画が一般的になってきたことが見受けられます。


・動画視聴により6割の就活生が志望度上昇、「動画があったほうが良い」と回答した就活生は7割を超える
動画視聴により志望度が上がったと回答する就活生は6割でしたが、動画があったほうが良いという回答は8割近くにのぼりました。動画視聴により志望度が変わらなかった・下がったと感じる就活生も「動画はあったほうが良い」と思うケースが多いことが分かります。
動画はより一層企業の様子をリアルに伝えらえる効果があるため、企業選びの判断軸にしやすいことが理由の1つとして考えられます。


<まとめ>
今回の調査から、普段と就職活動時ではスマートフォンの利用時間や目的に大きな違いがあることがわかりました。企業側が当たり前のように連絡手段として活用しているメールやFacebookが、就活生にとってはあまり馴染みのあるものではないため、双方にスムーズな就職活動を進めるためには、今一度連絡手段を見直す必要性があると考えられます。

また、企業の採用動画を視聴したことがある就活生は昨年より増加する結果となりました。採用動画の必要性を感じている就活生が多いことから、今後も採用活動における動画活用は増加すると思われますが、就活生にとって身近なデバイスであるスマートフォンに適した動画コンテンツへと対応していくことが必要です。


<調査概要>
調査対象:就職活動中・就職活動の経験がある2020卒・2021卒の大学生
調査時期:2019年6月5日〜6月21日
調査方法:インターネット調査
回答者数:340人(男性136人、女性203人、その他1人)
調査機関:レバレジーズ株式会社 キャリアチケットリサーチ
     株式会社プルークス プルークスリサーチ

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社プルークス https://proox.co.jp/ /7月29日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。