企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

[人事サービス]

2018/02/07

転職成功者の平均年齢は32.1歳、過去10年で3.0歳上昇。ミドル層の転職成功者は増加。多様な働き方が促進され、労働市場の平均年齢が上昇~『「DODA」転職成功者の年齢調査(2017年下半期)』:パーソルキャリア

総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(旧社名:インテリジェンス、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営する転職サービス「DODA(デューダ)は、2007年7月〜2017年12月の期間に、DODAエージェントサービスを利用したビジネスパーソン約15万人の転職した年齢について調査を行いましたので、お知らせいたします。

 

■【全体】転職成功者の平均年齢は32.1歳、過去10年で3.0歳上昇
2017年下半期の転職成功者の平均年齢は32.1歳で、前回調査(2017年上半期)と同様の結果になりました。調査を開始した2007年下半期に29.1歳だった転職成功者の平均年齢は、過去10年間で3.0歳上昇しています。さらに男女別の比較では、男性は平均32.7歳で前回比マイナス0.1歳、過去10年の比較では3.1歳上昇となりました。女性の平均年齢は29.7歳で前回と同様の結果となり、過去10年では2.1歳上昇しています。

 

■【年齢別】前回調査と比べミドル層(「35歳~39歳」「40歳以上」)の割合が上昇
転職成功者の内訳を見ると、最も割合が高いのは「25~29歳」の38.1%で、次いで「30~34歳」の23.8%、「40歳以上」の15.5%が続きます。前回調査との比較では、「24歳以下」「25~29歳以下」「30~34歳以下」の割合が下がった一方で、「35~39歳」の割合は5.1pt、「40歳以上」は12.6pt上昇しています。転職成功者の人数そのものは、すべての年代で10年前の2007年下半期を上回っており、その中でも特に35歳以上のミドル層で転職成功者の割合が増加していることが分かります。

 

■【解説】採用ターゲット・人事制度・働き方の変化により、ミドル層が活躍できる場がますます広がる
2017年下半期(2017年7月~12月)の6ヵ月間は、特にミドル層の転職成功者が増加しました。この背景には三つの変化が大きく関係しています。一つ目は「採用ターゲットの変化」です。10年前には存在しなかった技術や企業構造の急速な変化により、ポテンシャル重視の若手採用だけでなく、経験に基づいた実績・スキル重視の即戦力採用や、業界経験や管理職経験の有無にとらわれないミドル層の採用など、従来の採用要件とは違った転職の事例が増加しています。二つ目は定年退職の年齢引き上げに代表される“人生100年時代”に向けた「人事制度の変化」です。人事制度の改革は国や企業を挙げて進んでおり、30代・40代からの転職希望者であっても、入社後長期的に活躍できる場が増えたため、企業は中長期的な人員計画が立てやすくなりました。三つ目は「働き方の変化」です。国や企業は“一億総活躍社会”の実現に向けて、働く時間や環境の見直しを促進しており、在宅勤務制度の導入や、長時間労働の是正、柔軟な働き方を可能にするテレワークなどの仕組みづくりにも積極的です。また、シニア世代の労働力人口も増加傾向にあり、労働市場自体の平均年齢が上昇していることが、転職成功者の年齢上昇にも影響していると考えられます。

企業が社員に求める役割の多様化が進んでいますが、それは裏を返すと、個人にとっても自分らしい働き方やありたいキャリアを実現できるチャンスが増えているということです。数ある選択肢の中から、希望に合った転職をかなえるためには、これまでの経歴の中から今の自分に何ができるのかを洗い出す、『スキルの棚卸し』が欠かせません。そこで洗い出した志向性やスキル、年齢や経験を含め今後どのような働き方をしたいのか、働くことで何を得たいのかを整理してみることも大切です。(DODA 編集長 大浦 征也)

 ※DODAサイトでご覧いただける「転職成功者の年齢調査」では、詳細なデータや解説を掲載しております。

 

■調査概要
2007年7月~2017年12月の間に、DODAエージェントサービスを利用して転職したビジネスパーソン
有効回答数:約15万人

 

<本件に関するお問い合わせ>
パーソルキャリア株式会社 広報部
03-6757-4266(受付時間 平日 9:00~18:00)

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(パーソルキャリア株式会社 https://www.persol-career.co.jp/ /2月6日発表・同社プレスリリースより転載)


ニュースジャンル一覧

雇用・採用(人事サービス)ジャンルのニュース

定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン リクナビHRTech

ニュースアクセスランキング

注目コンテンツ


定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。



新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....


「人事課題」への対応で求められるものとは?<br />
~バンダイナムコHDの人事戦略と、IT基盤の果たす役割~

「人事課題」への対応で求められるものとは?
~バンダイナムコHDの人事戦略と、IT基盤の果たす役割~

2005年にバンダイとナムコが経営統合を実現した後、バンダイナムコホー...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2018-春-」を5/9・15・16・17・18・21・22に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

第12回会合として、人事リーダーによる座談会を2/2(金)に開催。