企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 最終更新日:2020/03/17

【ヨミ】フリカエキュウジツ 振替休日

「振替休日」には、大きく分けて労働基準法上の振替休日と、カレンダー上の振替休日があります。このうち、労働基準法上の振替休日の意味を理解していないと、給与計算を間違えたり、トラブルになったりすることがあります。また、休日の割増賃金が発生する「代休」との違いについての理解も欠かせません。これらは賃金の増減に関わってくる事柄であるため、しっかりとした知識を身につけておく必要があります。

1. 労働基準法上の「振替休日」

「振替休日」と「代休」との違い

労働基準法上の「振替休日」の意味を簡単にいうと、休日と労働日の交換です。特に重要なのは、労働基準法上の振替休日とは、出勤する日と、振り替えて休む日が「事前に」決定されている点にあります。

それとは異なり、休日に急に出勤が発生したため、その分の休みを「事後に」取ることを「代休」といいます。「代休」には「休日出勤」が伴います。

※正確にいうと「代休」は明確な定義が与えられていませんが、ここでは一般的な意味に則って「代休」の意味を解説しています

「休日出勤」とは、土曜日と日曜日のどちらか、あるいは両方に出勤するという意味でよく用いられますが、正確には「休日と予定されていた日に働くことになった」場合のことをいいます。つまり、振替休日のように休日と労働日の交換が「事前に」予定されている場合は、たとえ土日に働いたとしても、単に予定されていた労働日に働いたというだけでで、使用者に休日の割増賃金を支払う義務は発生しません。

しかし、「代休」のように休日だとされていた日に急に働いた場合は、事情が異なります。この場合は、事前に休日と定められていた日に働くことになったため、休日の割増賃金を支払わなければなりません。

この違いを理解していないと、「土日に働いたのに休日手当が出なかった」「振替休日は休日手当が出ないのだから、代休でも出ないのだろう」などと労働者が誤解し、トラブルが起きかねません。労働者にはきちんと説明しておくことが重要です。

運用上の注意

「振替休日」と「代休」の運用上の注意点は、法定休日と法定外休日の違いを考慮するかどうかにあります。現在の労働基準法が使用者に義務づけているのは、週に一度の休日を労働者に与えることと、一日8時間以上・週40時間以上の労働には割増賃金が発生すること、法定休日に労働をすれば(いわゆる休日出勤)別の割増賃金が発生することです。

つまり、労働の義務がある日に週40時間以上働かせていないのであれば、週一の休みでも割り増し手当は支払わなくてもよい、ということになります。しかし、このような考えは労働者とのトラブルのもとになりかねません。一般的な慣習に則って、週二日をまるまる休日扱いとする方が親切でしょう。当然、休日の規定に関しては、就業規則や契約書に明記し、会社の方針を周知させておく必要もあります。

運用上の注意―年次有給休暇の問題

「振替休日」や「代休」について理解するためには、次のような例を押さえておく必要があります。

年次有給休暇を取得した日に急な出勤を命じた場合、休日出勤手当の35%の割増賃金は、支払わなくてもよいと法律で定められています。年次有給休暇を取得した日は単に労働が免除された日であって、労働基準法上の「休日」に当たらないためです。

そもそも、労働基準法上の「休日」とは「もともと労働の義務がない日」であり、労働の義務がないのにもかかわらず労働した場合に、35%の割増賃金が発生します。年次有給休暇を取得している場合は、もし出勤しても「もともと労働の義務があった日に普通に出勤して労働した」という解釈になります。

ただし、年次有給休暇を使ったことにはならないため、年次有給休暇の取得日数にはカウントされません。「休日」の扱いについては、このようにルールをきちんと押さえておく必要があります。

余計なトラブルを避け、働きやすい環境を整えるためにも、「振替休日」「代休」に関する知識をしっかりと押さえておきましょう。

2. カレンダー上の「振替休日」

カレンダー上の「振替休日」とは、日曜日に祝日が重なってしまった場合に、別の日を休みにすることをいいます。これも事前に平日と休日を交換するという方法で振替休日とされています。

この振替休日は、主に月曜日になることが多いのですが、その理由は国が「「国民の祝日」が日曜日に当たるとき、その日の後の最も近い平日を休日とする」と定めているためです。なお、土曜日と祝日が重なってしまっても、振替休日にはならないので注意が必要です。

振替休日を会社の休日にする義務はない

労働基準法上は、カレンダー上の「振替休日」を企業の休日としなければならないという決まりはありません。そのため、月曜日の振替休日に授業をする大学もあれば、労働日とする企業もあります。それぞれの組織の方針によって異なるため、休日の方針については、就業規則や契約書で、あらかじめ周知しておく必要があります。

運用上の注意

休日に関する制度は、意外と複雑なものです。カレンダー上の「祝日」や「振替休日」は、労働日にしても法律上の問題がないため、一部には労働日と定めている企業もあります。しかし、特殊な業界でない限り、祝日や振替休日を会社の「休日」にした方が良いでしょう。休みを世間と合わせることで、不満の少ない環境づくりに貢献するはずです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

労働基準法
「労働基準法」とは、労働条件に関する「最低限の基準」を定めた法律です。雇用契約、労働時間・休日・休憩、年次有給休暇、賃金、解雇、就業規則・書類の保存などが規定されています。使用者と労働者との労働契約関係を定めた最も基本的な法律であり、採用や雇用に関わる立場の人がおさえておかなければならない法律の一つ...
就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。
個人請負労働者
企業と雇用関係を持たない個人請負の契約労働者を言います。最近、急増していると言われますが、労働基準法上の労働者に該当しないため、労働法などの保護の対象にはなりません。

関連する記事

「2010.4 改正労働基準法」施行を前に、 人事担当者が考えておくべき「人事管理システム」とは?
来る2010年(平成22年)4月1日、いよいよ「労働基準法の一部を改正する法律」(改正労働基準法)が施行される。長時間労働を抑制し、働く人の健康確保や仕事と生活の調和を図ることを目的としたこの法律。
2009/06/30掲載注目の記事
勧告・指導、改善状況の実態は?労働基準監督署による企業監督事例(上)
労働基準監督署が実際に行った勧告や指導内容、改善状況を事例で紹介しています。
2007/01/05掲載人事・労務関連コラム
「働き方改革」推進に向けての実務(1)同一労働・同一賃金など非正規雇用の処遇改善
ここでは「働き方改革」の代表的な施策についてその目的・課題と実務上のポイントを整理する。
2017/03/31掲載よくわかる講座

関連するQ&A

振替休日の際の深夜手当について
お世話になっております。 いつも拝見させていただいております。 振替休日を取得した際の給与計算方法についての質問です。 休日の深夜に業務を行う予定があるのですが、振替休日を取得してもらう予定です。 振替休日の場合、労働日の入れ替えにあたるため休日手当は発生しないと思うのですが、 深夜手当は支給する...
フレックスタイム制での振替休日取得について
フレックスタイム制での振替休日取得について、お聞きしたいお事があります。 弊社では、フレックスタイム制を導入しております。 清算期間は一か月となっております。 業務の都合上、休日出勤が多く、都度振替休日を問う月内に取得しておりますが、 月を跨いで振替休日を取得することは可能なのでしょうか。 上...
振替休日の取得期間について
振替休日の取得期間についてご教示ください。 現在の規程では、振替休日を当月内に取得するルールとなっており、月末が近くなった時期に急遽休日出勤が必要となった場合、振替休日を取得できないケースが起こっています。また、月初に休日出勤をする場合、6連勤となり疲労の蓄積を促進することになり兼ねない現状もあり...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 就業管理 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


究極の人事給与システムとは何か?

究極の人事給与システムとは何か?

優れた人材を採用し、働きやすい環境を整え、企業の成長に不可欠な人事戦略...


“守り”の姿勢では人が採用できない時代。<br />
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

“守り”の姿勢では人が採用できない時代。
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

企業の採用意欲が極めて高い水準にある近年、求人サイトや人材紹介会社から...