無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】カイゴキュウギョウ 介護休業

企業などに勤務する人は、病気やケガで要介護状態にある家族を介護するため、事業主に申し出ることで一定期間休業することができます。これを「介護休業」といいます。介護休業は育児・介護休業法に定められている制度で、事業主は労働者による介護休業の申し出を拒否することはできません。休業期間中の労働者の賃金については、事業主にこれを支払う義務はなく、介護休業を取る人にはその分の所得保障として、一定の要件の下で、雇用保険から介護休業給付金が支給されます。現在、厚生労働省では同制度の見直しが進められており、現行では家族が要介護状態になるごとにまとめて一回ずつしかとれない介護休業を複数回に分けて取れるようにする仕組みや、介護休業給付の給付率の引き上げなどが導入される見通しです。
(2015/12/25掲載)

介護休業のケーススタディ

取得率3%の休業制度を見直し、離職を防ぐ
3回まで分割取得可能、給付金も引き上げへ

介護を必要とする人は年々増え続け、2014年4月時点で586万人超に。介護保険制度がスタートした00年4月の3倍近くに達しました。高齢化と核家族化が進むなか、要介護状態の家族の介護や看護を理由にした現役世代の離職も深刻化。40~50歳代を中心に、年間約10万人の貴重な人材が仕事との両立を断念し、「介護離職」を余儀なくされています。介護に専念するためにいったん離職してしまうと収入が大幅に減り、あらためて仕事を探そうとしても、とくに中高年の再就職は困難です。

こうした事態を受けて、厚生労働省は、働く人々が要介護状態にある家族を介護・看護するために一定の期間休業することができる「介護休業」制度の見直しを進めています。現政権が掲げる“2020年に介護離職ゼロ”の一環として、17年をめどに実施。使い勝手のいい、柔軟な仕組みにすることで介護休業の利用を促し、仕事と介護の両立を推進するのがねらいです。

介護休業制度において介護の対象となる家族の範囲は、配偶者(事実婚を含む)、父母(養親を含む)、子(養子を含む)、配偶者の父母、労働者本人が同居かつ扶養している祖父母、兄弟姉妹、孫。対象の家族が要介護状態になった際、現在の仕組みでは一人につき最長93日までまとまった休みを取ることはできるものの、同一の介護状態の間に、休みを何回かに分けて取ることはできません。そのため、より大変な時期に備えて使わずにおこうと介護休業を取り控え、代わりに有給休暇を充てるケースが多いのです。12年の総務省の調査では、介護休業の取得割合は実際に介護をしている雇用者の3.2%(男性3.5%、女性2.9%)にとどまっていました。

今回の見直しでは、育児・介護休業法を改正し、93日の合算日数は変えないものの、休みを最大で3分割できるようにする方針です。これにより、たとえば認知症の親を介護する場合、(1)在宅介護の準備をする段階、(2)施設を探して入所する段階、(3)自宅で最期を看取る段階、というような介護のステージに応じて休みを分割取得し、休業と復職を適宜繰り返すことができます。労働政策研究・研修機構の調査によると、すでに法定を上回り、独自に介護休業の分割取得を認めている企業では、約9割の社員が3回までの取得で収まっており、分割取得ができない企業に比べ就労が持続する割合が高い、という結果が出ています。

また、育児中の労働者には、申し出れば残業を免除される仕組みがありますが、同省はこれを介護のケースにも適用できるよう企業側に義務付ける方針です。さらに育児・介護休業法の改正とは別に雇用保険法を改正し、介護休業給付金も引き上げます。現行制度で休業前の賃金の40%となっている給付率を、育児休業給付金と同じ67%へ。休業間の経済的支援を手厚くすることで不安を軽減し、介護休業の利用を促します。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連する書式・テンプレート
介護休業申請書

介護休業制度を社内に設ける際、従業員から申請を受けるためのテンプレートです。介護休業のルールに基づき、申請に必要な確認事項を記載しています。

ダウンロード

関連するキーワード