企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】イソップ イーソップ ESOP

「ESOP」とは、Employee Stock Ownership Plan(従業員による株式所有計画)の頭文字をとった略語で、日本語では「イソップ」あるいは「イーソップ」と発音します。企業が自社株を企業の拠出(全額負担)で買い付け、従業員に退職・年金給付として分配する制度のことです。ESOPは米国を起源とし、1950年代に経済学者で投資銀行家のルイス・ケルソ氏によって発案、提唱されました。
(2012/3/26掲載)

ESOPのケーススタディ

「富の再分配」を目的に自社株で退職金
買収防衛や安定株主確保の効果にも期待

ESOP」が最初に構想されたきっかけは、1929年に起きた世界恐慌だといわれています。米国資本主義経済が自壊する様を目の当たりにしたケルソ氏は、一部の富裕層が企業の株式を独占的に保有することによって、富の集中と偏在がさらに進むことを懸念し、“従業員による株式所有を実現する計画=ESOP”を通じた富の再分配の必要性を訴えました。富の創造源である資本そのものを公正に配分することこそが、経済格差を正し、資本主義の前提を成す自由と民主主義を守る最善の道だと考えたのです。

こうした思想的背景から「ESOP」はおもに米国や英連邦諸国で普及、定着していきました。日本でも数年前から活用をめぐる議論が高まり、“日本版ESOP”といわれる擬似的なスキームを導入する企業も増えています。富の再分配という本来の目的よりも、むしろ買収防衛や安定株主確保の方策として、あるいは株式持ち合い解消の受け皿として効果が期待されるからです。

ESOP」は、従業員持株制度の一種として論じられることもあれば、退職・年金給付のしくみのひとつとして紹介されることもあります。先述したとおり、制度の趣旨自体は従業員による勤務先企業の株式所有を通じた富の再分配にあるものの、一方で法規制上は米国の退職給付制度について定めた「従業員退職所得保障法」(ERISA法)に根拠を有しています。つまり法的には、退職給付制度の一種と位置付けられているのです。そのしくみは以下のとおりです。

・従業員は勤務先のESOPに登録する

ESOPは企業負担の拠出金を原資に、金融機関からの借入れも行うなどして自社株を買い付ける

・買い付けた自社株はESOPに登録したメンバーに対し、一定基準に基づいて割り当てられる

・メンバーの従業員はその自社株を退職時に退職給付の一部として受け取る。
 買い付け時より株価が上がっていれば、退職金は増える

・メンバーに分配された株式についての課税は、ERISA法の下で退職時まで繰り延べられる

原則として「ESOP」で従業員に分配された株は、退職時まで自由に処分することはできません。そこが従来の日本の従業員持株会のスキームと、ESOPのもっとも大きな違いです。つまり従業員が保有している自社株を在職中から自由に処分できるのが従業員持株会で、退職時のみ処分できるのがESOPなのです。また持株会制度の場合、従業員負担による購入を前提に、会社は奨励金などの名目で補助する形をとりますが、ESOPでは企業が全額負担、従業員の拠出はありません。

現在、わが国には米国のESOPとまったく同じ制度は存在しないものの、同様の効果をもつ日本版ESOPがいくつかの企業で導入されています。2005年に三洋電機において設立されたESOPが本邦初の導入事例とされ、りそな銀行の集計では、11年3月末時点で第一生命保険など14社(株式給付型ESOP)が導入もしくは導入を決定しています。

ESOP」は従業員に対し、自社の株価を意識して企業価値の向上を目指すように促すインセンティブとしても期待されます。ただし米国などと違い、日本では税制上の扱いを定める根拠法が未整備のまま。個別の判断については税理士など、専門家のアドバイスを受ける必要があります。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

持株会
自社の株を従業員が購入・保有できる制度が従業員持株制度です。この制度を運営する常設機関を「従業員持株会」または「社員持株会」といいます。持株会は従業員の福利厚生の一環として位置づけられ、近年では、経営側と従業員をつなぐ施策としての意味合いも持ち始めています。
退職金前払い制度
退職金を月例賃金や賞与に上乗せして前払いする制度。従業員から見れば退職金を在職中に受け取る制度です。企業にとっては人材引き止め効果は減少するものの、将来の退職給付債務を圧縮できるメリットがあります。
配偶者同行制度
配偶者が転勤になった場合、その随伴のための転勤を認める制度。夫の転勤に妻も「同行」することで、妻が退職せずに済む、というメリットがあります。妻の転勤に夫が同行するパターンは、今のところ、ほとんど見られません。

関連する記事

「退職届」「退職願」の法的整理と撤回等をめぐるトラブル予防策
昨今の世界同時不況下、希望退職制度などを実施する中で、退職届の取り消しや無効をめぐり、労働者とトラブルに発展するケースも少なくありません。今回の記事では、企業・人事担当者として知っておきたい、退職届の取扱いに関する社内ルールや、留意すべきポイントについて、紹介...
2009/07/13掲載人事・労務関連コラム
「確定拠出年金」と「確定給付企業年金」新企業年金制度の導入パターンを探る
企業の退職金・年金制度を取り巻く環境は、依然として大変厳しい状況にあります。超低金利政策や株式市場の低迷で、年金資産運用利回りは2000年度から3年連続のマイナス。2001年からは新たな退職給付会計が導入され、多くの企業で退職金の積立不足が表面化しています。一...
2005/04/25掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

退職日前の退職金一部(または全部)支払について
3月末付で退職予定の従業員に対し、通常は翌4月中に退職一時金の支払いをしておりますが、3月中の支払いができないかとの問い合わせがありました。退職所得として課税するにあたり、支払日は退職後であることは必須でしょうか?
退職日
当社は退職の申し出があった者に対し、退職届(退職願)を提出させています。 この際、退職日を確定するのですが、退職日は当社の営業日としています。 1.これは合法でしょうか。 たまに、退職日は●月末日と申告してくる社員がいます。 2.これは正式な届出としては認めなくてよいでしょうか。何日ときちんと日付...
64歳と65歳の失業給付金について
退職日を迷っておられる社員がいるのですが、64歳11か月で退職した場合と、65歳になってから退職した場合、雇用保険から受給できる失業給付金などの違いを教えて下さい。 また、月中退職と月末退職で生じる違いを教えて下さい。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事管理 ]
分類:[ 就業管理 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


短期留学で新たな価値観や習慣と触れる<br />
~“変革的”リーダー育成術

短期留学で新たな価値観や習慣と触れる
~“変革的”リーダー育成術

グローバル化に伴う競争激化、さらにはリーマンショック後の世界同時不況な...


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...