無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】ブラサガリシニア ぶら下がりシニア

「ぶら下がりシニア」とは、閑職に就いて、定年または再雇用の上限まで会社で働き続けるシニア社員のこと。仕事に対するモチベーションが低く、指示されたこと以上の仕事をしようとしない中堅社員のことを「ぶら下がり社員」といいますが、ぶら下がりシニアはその類語。役職定年を迎え、年収が下がることでモチベーションが下がり、時間を持て余すように働くことが特徴です。定年年齢や年金受給開始年齢の引き上げにともない、企業はシニア社員の働き方や働きがい創出に目を向ける必要があるでしょう。

ぶら下がりシニアのケーススタディ

何歳になってもイキイキと働くために
シニア活躍に取り組む企業事例

日本企業の特徴の一つである、終身雇用制度。不況になってもリストラをせずに雇用を守り続けてきたこの制度は、かつて日本の経済成長を支えました。しかし、最近は終身雇用や年功序列が生む副産物が課題視されています。その一つが「ぶら下がりシニア」の存在です。

ぶら下がっているシニア社員本人にとっても、それを目にする周囲にとっても、また企業にとっても、能力や意欲を発揮していない社員がいるのは望ましい状態ではありません。シニア社員がいつまでもイキイキと働けられるために、人事部ができることは何でしょうか。

ソニー株式会社は、人生100年時代を生きる社員がライフプランを主体的に考え、実行に移せるよう「キャリア・カンバス・プログラム」というキャリア支援施策を実施しています。何歳になっても挑戦できる環境を整えるため、現在の部署に籍を置いたまま業務時間の2~3割を使って別の仕事を兼務できる制度や、学び直しをサポートするための補助制度などを整備し、社内広報を強化した結果、自らのキャリアを柔軟に前向きに考える社員が増えたそうです。

サトーホールディングス株式会社では、定年年齢を65歳へと引き上げ、役職定年も60歳へと変更しました。目的は、社員を「引退モード」にさせないこと。同社は最終的には「やる気があればいつまでも働ける」ことを目標にしていますが、賃金カーブを変更することで、モチベーションの急落がないよう調整しているといいます。

企業は各世代の社員の声に耳を傾けながら、制度のようなハード面と風土づくりのようなソフト面の両輪から、シニア社員の活用に取り組んでいく必要があるでしょう。

・関連記事
ぶら下がり社員
ベテラン・シニア人材を“戦略的”に活用する

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード