企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ブリージャー ブリージャー (ブレジャー)

「ブリージャー(ブレジャー)」とは、出張先で滞在日数を延長するなどして休暇を取ることをいいます。「ビジネス(Business)」と「レジャー(Leisure)」を組み合わせた造語で、日本語では「出張休暇」と訳されます。類似の用語に、休暇先で業務にあたることを意味する「ワーケーション(ワークとバケーションを合わせた造語)」があります。

ブリージャー (ブレジャー)のケーススタディ

ブリージャーやワーケーションを
導入することによる企業のメリットは?

多くの企業がテレワークを導入したことで、インターネットに接続できる環境があれば、出社しなくても十分に働けることが実証されました。今後は、仕事とプライベートの境界がさらに緩やかになっていくかもしれません。そんな中、新しい働き方として注目を差つめているのが「ワーケーション」。地方自治体がワーケーション先として誘致に力を入れたり、宿泊施設が長期滞在者向けのプランを用意したりするなど、支援する動きも活発になっています。

ワーケーションに続いて、ブリージャーにもスポットライトが当たり始めています。一見同じように思えるブリージャーとワーケーションですが、その特性はまったく異なります。ブリージャーは、出張先での勤務日前後に休暇を楽しむこと。一方、ワーケーションは、休暇先で一定の日数・時間を業務に割り振ることを指します。

観光業界にとっても、ブリージャーやワーケーションは、コロナ禍によるダメージから脱するための一筋の光となっています。観光庁が開催する「『新たな旅のスタイル』に関する検討委員会」では、ブリージャーやワーケーション、サテライトオフィスなどを新たな旅のスタイルと位置づけ、その普及を図っています。

その際に課題となるのが、従来の日本企業における休みの取り方。これまではゴールデンウィークや夏休み、年末年始といった特定の時期に一斉に休暇を取得することが一般的でした。しかし、ブリージャーやワーケーションを普及させるならば、休暇の分散化に取り組む必要があります。

ブリージャーなどの新しい働き方が普及すると、企業側には有給休暇取得率の向上、休みやすい組織文化の醸成といった働き方改革推進でのメリットがあります。自由な組織風土は、人材採用にもポジティブな影響を与えるでしょう。観光庁は今後、ブリージャーやワーケーションに関心の高い企業を対象にトライアル運用を行い、制度を導入した際の効果検証を行うとしています。

・参考
「新たな旅のスタイル」に関する検討委員会(観光庁)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ワーケーション
ワーケーションとは、旅先で休暇を楽しみながら、テレワークを行う働き方のことをいいます。仕事を意味する「ワーク」と休暇を意味する「バケーション」を組み合わせた造語です。
サバティカル休暇
長期間勤務者に与えられる長期休暇のこと。通常の有給休暇や年次休暇とは異なり、使途に制限がなく、期間は少なくとも1ヵ月以上、長い場合は1年間の休暇となる場合もあります。
特別な休暇制度
「特別な休暇制度」とは、特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度のことです。厚生労働省が策定した「労働時間等見直しガイドライン」における「特に配慮を必要とする労働者について事業主が講ずべき措置」の事例を踏まえ、病気休暇、ボランティア休暇、リフレッシュ休暇、裁判員休暇、犯罪被害者の被害回復のための休...

関連する記事

テレワーク導入率は44.8%。ワーケーションなど多様化の兆しはこれから
『日本の人事部 人事白書2020』から、テレワークの導入・活用状況の調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
9月のテレワーク関連ニュース記事まとめ
新型コロナウイルス感染症の影響で、多くの企業がテレワークを導入し、定着の動きを見せています。ここでは、『日本の人事部』で2020年9月に掲載した、テレワークに関するニュースをまとめてご紹介します。
2020/10/15掲載編集部注目レポート
「休み方」をどう考える?――年次有給休暇を中心に
働き方改革関連法によって年5日の有給休暇取得が義務付けられたことで、「休むこと」に大きな注目が集まっています。 休み方に関しては、「企業が用意する制度」と「従業員の生活」という二つの視点から考えなければなりません。本記事は「法定休暇」「法定外休暇」に関する制...
2019/11/06掲載編集部注目レポート

関連するQ&A

休日と休暇
休日と休暇の定義(違い)を詳しく教えていただきたいです。
特別休暇の申請について 追記
特別休暇についてですが、 就業規則には、「休暇を与える」ではなく、「休暇を与えることができる」でした。 失礼しました。
忌引休暇の扱い
当社では、従業員本人が喪主の場合、5日以内の忌引休暇を取ることが出来ます。今回、疑問に感じたのは、夏期休暇や正月休暇など会社の長期休暇と重なった場合に、その休暇が終わった後に、続けてもう5日休暇を取るのは、忌引休暇の主旨に反すると感じるのです。会社の休暇日日数を忌引休暇の日数に含めて数えるというのは...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 就業管理 ]
分類:[ 人事トレンド ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


仕事の悩みを抱える社員は90%以上<br />
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

仕事の悩みを抱える社員は90%以上
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

日本社会の少子高齢化、経済のグローバル化の背景の中、M&Aやリストラク...